サザエさん(ブルーマンデー)症候群になってしまう人必見、その原因と対処方法とは

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%地域・職種問わず求人情報が豊富
スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウト機能がおすすめ

リクナビNEXT 無料登録

グッドポイント

 

転職サイトおすすめ

サザエさん(ブルーマンデー)症候群になってしまう人必見、その原因と対処方法とは

11view

2018.09.24

会社員の方や学生にとって一週間を頑張って乗り切りゆっくりと休息を取れる週末は嬉しいものですよね。
しかし日曜日の夕方になると翌日の仕事や学校のことがちらついてブルーな気分になったりずっと日曜日が終わらなければいいのにと現実逃避することもあるかも知れません。
実はその症状、サザエさん症候群と呼ばれる症状なんです。
しっかりと問題を解決して月曜日をスッキリと迎えられるように、原因と対処方法を紹介します。

サザエさん症候群ってどんな症状?

サザエさん症候群は日本の国民的アニメの名前に関しているだけあって日本特有の症状のように感じる方もいるかも知れません、
ですが実はこの症状は世界的にも発生している症状なんです。
海外では「ブルーマンデー症候群」と呼ばれていて、日本と同じく週明けの月曜日を前にブルーになってしまう症状なんですね。
その特徴としては日曜日の夕方〜夜にかけて起こる症状で、日中までは晴れ晴れとした気分で生活をしていたのに夕方をすぎると週明けから始まる仕事、学校のことを考えてしまって途端に憂鬱になってしまったり、ひどい症状の場合には体調まで悪くなってしまう方もいます。
これらは鬱病の初期症状と同じ症状ですので、原因を探って対処をしなければもしかしたら重度の鬱病に進行してしまうかもしれません。
そうなると生活どころでは無くなってしまうので、まだサザエさん症候群で留まっているうちにしっかりと解決をしておきましょう。

サザエさん症候群の原因は仕事や学校生活のストレス

できることなら日曜日の夕方にも憂鬱にならず、スッキリとしたまま月曜日を迎えて仕事や勉学に精を出したいのではないでしょうか。
サザエさん症候群が発生する1番の原因はズバリ、仕事や学校でのストレスであることが多いんです。
ストレスの原因である仕事や学校がまた月曜日から始まってしまうと無意識下で考え込んでしまって、精神状態や体調が悪くなってしまうということですね。
しかし一概にストレスと言っても、そのストレスの大本の原因は職場や学校の環境などに依存してしまうので自分自身でしっかりと把握をしましょう。
ストレスの原因を探る方法で効果的なのは、月曜日にどんな辛いことが待っているかを自問することです。
例えば対人関係でのストレスや、仕事や勉強が上手く行っていなかったりといったことが原因として挙げられます。
サザエさん症候群に頻繁になってしまう方は普段の日常生活からストレスを受けすぎていないか、見直してみてください。

自分なりのサザエさん症候群の対処法を考えよう

サザエさん症候群になる原因は月曜日から始まる生活で受けるストレスということがわかりました。
そしてそのストレスの原因が何なのかを分析したらしっかりと対策を練りましょう。
特定の人物からストレスを受けてしまうようなら極力その人と関わらないようにしたり、仕事や勉強がうまくいかないストレスなら仕事方法を見直して効率化を図ったりと、原因がしっかりと把握できていれば対処方法も具体的に考えることができます。
また仕事に行かなければならない事自体がストレスだと感じるなら、なぜ仕事に行くことがストレスなのか、職場内の雰囲気が悪いからなのか通勤時間が辛いのか、なぜそれが辛いのか…と一つずつ掘り下げていき、根本的な問題を見つめ直すことができると解決までの近道になるかもしれません。
更におすすめな方法として誰か客観的に自分の状況を見てくれる方に相談をするのもいいでしょう。
悩みを話すだけでもスッキリすることがありますし、何より第三者からの意見は新しい視点を知れたりと解決の緒が見つかることもあります。

原因を解消できないならストレスを発散しよう

原因を掘り下げていった結果、直属の上司と馬が合わなかったり同僚と過ごす時間がストレスの原因だったりと一朝一夕で解決できない場合もあります。
そんな時には原因解決だけでなく、溜まったストレスを発散する方法を見つける努力もしてみるといいでしょう。
例えば運動する習慣を付けたり月曜日に楽しくなれる予定を入れてみたり、あとは生活リズムが崩れていると自律神経が乱れストレスが溜まりやすくなってしまうので、規則正しい生活を送ってみるのも人によっては効果的です。
運動習慣は激しい運動ではなく散歩など軽く筋肉を使う程度の物にすると習慣付けがしやすいので、最初はあまり無理せずにゆっくりと行うようにしましょう。習慣付けすることに躍起になると更にストレスが溜まるので本末転倒になってしまいます。

サザエさん症候群に対する最終手段は逃げ出すこと

ストレスを発散する術を見つけても、それらは結局は一時しのぎの対処法です。
根本的なストレスの原因を除去しなければ、いつかまたストレスが溜まってサザエさん症候群を発症してしまうでしょう。
しかし会社の社風に馴染めなかったり学校の指導方針が自分に合っていなかったりと自分ではどうしようもない原因の際には、その環境から逃げ出すのも最終手段として考えておきましょう。
サザエさん症候群で済んでいればまだいいですが、それが積もり積もって重度の鬱病などになってしまうと社会復帰するまでの道のりが非常に辛く険しいものになってしまいます。
ですので自分自身が壊れてしまう前に、逃げ出すことも選択肢の一つだと認識してあげてくださいね。

サザエさん症候群は甘く見ず、原因をしっかりと把握して自分に合った対処方法を考えよう

海外ではブルーマンデー症候群とも呼ばれるサザエさん症候群は名前だけではそこまで大事に感じないかも知れませんが、実は重度の鬱病の引き金になる恐れもあります。
その原因は仕事や学校で受けるストレスが大きく、原因をしっかりと認識しましょう。
すぐに解決できない場合には身体を動かすなど適度にストレスを発散する方法も探してみてください。
またどうしようもない問題の場合にはその環境から逃げることも選択肢の一つです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る