人によって態度を変える人の理由と対処法について

人によって態度を変える人の理由と対処法について

78view

2018.09.22

男性の前で態度が変わる女性というのをぶりっこと言いますが、これは女性だけに限った話ではなく、人によって態度を変える人というのは男女関係なく存在しています。なぜそのような行動をしてしまうのでしょうか。人から好かれたいからなのか、それとも自分の利益の為?気になる理由と対処法について詳しくお話していきます。

人に優劣を付け、自分が上になりたい

これは男性に多い理由なのですが、周囲の人間よりも優れていると思われることに優越感を覚えます。自己評価が高く、誰よりも自分が優れていると思い込んでいるので、周囲の人間よりも少しでも立場が高い場所に居続けるように行動するのです。逆に自己評価が低い為に、周囲を出し抜きたいと行動することもあるでしょう。男性社会の中で多く、目上の人に対しては頭を下げ、自分より下だと思っている人には態度が大きくなってしまうなんてことも少なくありません。人に優劣をつけ、その中でうまくやっていく為には、人によって態度を変える必要があると考えてしている行動です。

損得勘定で考える

人との付き合いを損得で考える為に、人によって態度を変えることがあります。この人と付き合うとメリットがあると判断すれば、愛想良く振舞うものの、メリットがないと判断した場合は冷たい態度になります。瞬時にメリットのある方に媚び、そうじゃない方にはずさんな対応をする為、周囲から見てもわかりやすいのが特徴です。世の中には損得勘定では決めることができないものは多数ありますが、それに気付けないまま大人になり、損だと思っていた部分が実は得だったということに気付くことができません。損得勘定は多少なり誰にでもあるものですが、わかりやすく態度に出てしまうと、誰からも大切にされなくなってしまうでしょう。

好き嫌いがはっきりしているだけ

これは女性に多いのですが、自分の好き嫌いがはっきりしている為に人によって態度を変えているように見られてしまう場合もあります。単純な感情がそのまま行動に出てしまうのは少々大人げないのですが、逆にわかりやすい人物とも思えます。自分が好きな人に対しては愛想良く対応することができるのに、嫌いな人には冷たい態度になってしまうのです。仕事場で同じようなことをしてしまうと、人間関係に影響してしまいますし、場合によっては業務に影響してしまうこともあるでしょう。例え苦手意識があったとしても、それを表に出さないようにするというのは人として大切なことです。

流されやすい性格の人

人によって態度を変える人の中には、気が弱く流されやすいことが理由のこともあります。本来そのようなわかりやすい態度をしたくないものの、周囲の影響によってそうしてしまうというタイプです。いじめで言えば、傍観者タイプがこのケースと言えます。人に対して自分の意思よりも周囲の意思を尊重してしまう傾向がある為、人を傷つけている自覚すらないこともあるのです。また、気が弱いので強く物言いをされるタイプの人には態度を変えてしまうこともあるでしょう。なるべく傷つきたくないという自制心が働く為、気づかないうちに態度を変えてしまいます。

人から嫌われないようにしている

人から嫌われることを極端に嫌い、場の空気を読んでしまうタイプの人は、人によって態度を変えてしまいます。学生の頃は、友達から嫌われないように機嫌をうかがったり、社会人になれば上司や先輩に愛想を振りまいてしまう傾向があります。ママになれば面倒なママ友の世界もあるでしょう。集団の中で面倒なトラブルを避ける為にも長い物には巻かれろ精神で対応してしまいます。そのような人は、人によって態度を変えることに罪悪感を覚えていることも多く、人によってはその状態が苦しく感じることもあるでしょう。

ルックスによって差別している

美人やイケメンの前では媚びているのに、ブサイクな人の前では素っ気ない態度をするという人もいるでしょう。これは自分のタイプの人には好かれたいという気持ちが先行し、それ以外の人が眼中にないという状態です。自分の好きな人だけに好かれることを目的としているので、それ以外の人には好かれる必要がありません。好意が前面に出ているので、わかりやすい人とも言えます。ただ、同性から見てもはっきりしていると感じてしまうことも多いのです。誰に対しても行うぶりっことは違い、ルックス重視というのが特徴です。

異性から好かれたい

異性と同性に対しての態度が違う人も少なくありません。女性であればぶりっこと言われ、同性からは嫌われる傾向があります。異性から好かれたいという気持ちは誰でも持っているものですが、度を過ぎると周囲から敬遠されてしまいますので注意しましょう。

距離を取ることが大切

人によって態度を変える人の理由と対処法ですが、有効なのが可哀想な人だと割り切ってしまうことです。勝手にライバル視してくる場合もありますので、構わないようにするのも一つの方法です。態度を変える理由は様々ですが、その人本人に問題があることが多い為、こちら側に面倒なことが降りかからないように距離を取ることが大切です。

誰にでも当てはまること

人から好かれたいという気持ちや誰かより上になりたいという気持ちは、誰にでもあるものです。しかし、例えそのような気持ちがあったとしても、それを周囲の人にわかるように出してしまってはいけません。心の中で思うことや感じることがあっても、相手を傷つけても良いわけではありません。そのような行動をしている人を見たら、反面教師としましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る