人間関係の適度な距離感・精神的距離の保ち方

人間関係の適度な距離感・精神的距離の保ち方

38view

2018.08.10

 
 

 
 

 
 

 
 

人間の苦悩の大半は、人間関係から生まれると言われます。職場などで避けられない人間関係を円滑にするためには、相手との精神的距離の保ち方を工夫することが不可欠です。ところが、逆説的ではありますが、相手との精神的な距離を取るためには、むしろ相手としっかりと向き合う、というマインドセットが必要になります。どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

 
 

相手の問題と自分の問題を切り分けよう

 
 

相手との会話の中で、自分の問題であることと、相手の問題であることをしっかり切り分けることは、人間関係のストレスを軽減するための基本的なメソッドです。相手の言っていることが間違っているな、と感じても、「それは自分の問題ではない」と割り切って、相手のことを否定せず、「そうなんですね」と相槌をうつなど、穏やかな対応を心がけましょう。

 
 

なぜこうした切り分けが重要なのでしょうか。それは相手の問題と自分の問題を切り分けることによって、相手と自分とが、win-winの関係を構築できるからなのです。人は皆、知らない間に、独自の固定観念や価値観にとらわれていきます。そうした価値観を持つこと自体は、必ずしも否定されるべきものでありません。しかし、そうした価値観に基づいて他者をジャッジするようになると、それはひとえに相手の価値観を否定することに繋がってしまいます。
 
 

何気ない人間関係の中で、自分の固定観念に基づいて相手の意見を否定したり、バカにするような発言を無意識にしてしまっていないか、もう一度よく確認して見てください。そうした自身への反省によって、相手の問題と自分の問題をはっきり区別し、相手の問題には踏み込まないことを心がけるようにしましょう。

 
 

相手を「尊敬」しよう

 
 

「尊敬」というと、相手のことをものすごく敬う、というような印象を与えてしまいますが、この日本語に対応する英語respectという単語には「相手のことを認める」という意味があります。相手の個性や考え方が、自分にとって受け入れられないものであることもあると思います。しかし、相手を「尊敬する」という原則を常に心がけることによって、「そういう人なんだな」とそのまま受け入れるようにしましょう。

 
 

人間関係が苦手な人は、どうしても「苦手だ」というような態度をとってしまいがちです。なぜそのような態度をとってしまうのでしょうか。それは相手への「尊敬」が不足していることも原因の一つかも知れません。つまり、相手と関わりたくない、という思いが強いあまりに、相手の嫌なところをピックアップしてしまい、そこから因果関係の逆転が起きている可能性があるのです。

 
 

どういうことかというと、本当は「関わりたくない」という思いが強いだけなのに、相手の欠点を粗探しして、その欠点を大げさに捉え、「相手にはこういう欠点がある」から「関わりたくない」というように、無理やり理由づけをしているのです。そのような精神状態は、あなたにとっても相手にとっても、メリットがありません。

 
 

もしあなたが、相手の個性や考え方を肯定も否定もせず、ただ自分とは違う別の人格が持つコンテンツとして客観的に冷静に認識することができればあなたの心は以前よりもずっと楽になります。またそうしたマインドセットはあなたの言動にも自然と現れるので、結果的に相手との人間関係を改善することに役立つでしょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

相手を含めた周りの人々を「仲間」であるという認識をもつ

 
 

人間関係にストレスを抱えていると、自分以外の誰もが自分にとって敵である、自分は孤独である、というような感覚に陥ることがあります。しかし「みんな自分の仲間なんだ」という仮想的なマインドを自分にセットすることによって、偏った孤独感を緩和することができます。またそうしたゆとりのある精神状態で相手と接することが、適切な精神的距離の保ち方に繋がってくるでしょう。
これに対して、「みんな仲間だと思うなんて無理だ」という反対意見も出てくるかと思います。しかし、これは決して無理な思い込みなどではありません。

 
 

かつて人類は、何万年もの間、狩猟生活をしていました。大きな獣を仕留めるためには、大勢の人間が協力することが不可欠です。「みんなが仲間である」という意識は、この協力のために不可欠なマインドであり、大昔から遺伝子レベルで脳に組み込まれたプログラムであると言えるのです。その証拠に、どんなに職場で孤独に仕事をしている人でも、SNSや趣味のサイトなどで多くの人と繋がっている場合も多くあります。付き合いが嫌だ、と言いながら、私たちがインターネットを通じて、多くの人と繋がっているという事実は、「みんなが仲間である」という意識を持つことが決して難しいスキルではなく、私たちに本来備わっている特性に気づき、それを生かしていく、という方法なのだということを教えてくれているのです。”

 
 

精神的距離の保ち方を考えよう

 
 

人間関係のストレスを改善するための精神的距離の保ち方とは、簡単にいうと、次のような三つのマインドセットを心がけることであると言えます。1つ目のマインドセットは「問題の切り分け」です。2つ目は「相手への尊敬」であり、3つ目は「仲間であるという意識」です。
この三つのマインドセットをしっかりと理解して、自身の生活に役立てていただきたいと思います。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る