優良企業に就職・転職しても失敗するケース

優良企業に就職・転職しても失敗するケース

71view

2018.08.11

 
 

 
 

 
 

 
 

就職したい会社の情報を集めていると、その会社が一般的にどのような評価を受けているかがわかってきます。中でも優良企業とされる会社は評価が高く、就職できれば安心だとされることが多いです。
しかしそのような会社に就職しても、職場の環境に不満を持つ人もいます。ここでは優良企業とされる会社に就職したことを後悔している人の声をまとめ、同じ失敗をしないための注意点と、失敗してしまった時の対処法を紹介しています。

 
 

その企業は、あなたにとっての優良企業か

 
 

人が就職を失敗したと思う理由として、職場環境が自分の思っていたものではなかった、という意見があります。このような意見は、優良企業への就職でも上がってくることのある意見のようです。
たとえば就職した会社が、ほかより給料が高いために優良企業だとされているところだとします。しかし給与面だけでそのようにいわれていたとしても、ほかの条件も良いかどうかはわかりません。もしかしたら、その会社は残業や休日出勤が多いために、結果として給料が高くなっているのかもしれません。これは極端な例になりますが、このように会社の一つの側面だけを見て優良だと判断し、ほかの労働条件を見落としていた、という事例は実際にあります。

 
 

大手企業に就職したその方は、安定した給料よりも、「精神をすり減らしてまで働きたくない」と言っています。就活時には、誰でも名を知っている企業に内定をもらえそうだということで、本人よりも周囲がその会社を勧めていたそうです。その言葉に励ましを得て、その方は就職先を決めましたが、仕事内容が自分に合っているかどうかは考えていませんでした。大手企業に就職したことは「見栄もあった」と言っており、就職先のことをもっとよく調べ、自分で納得してから決めるべきだったと後悔しています。
就職に失敗したという声を優良企業に絞った場合、給与面で不満を持つことは少ないようです。上記のような大手企業ならば売り上げが安定しているため、将来を考えるならばほかより有利だという意見が多くなっています。ただし労働条件に不満をおぼえた場合、給与面だけでデメリットを埋められるかどうかは、その人次第ということになりそうです。

 
 

失敗しないための情報収集

 
 

実際に就職してから後悔しないようにするためには、就活時に候補となる会社をよりよく知る努力をしていく必要があります。会社の知名度や表彰歴ばかりを参考にするのではなく、企業説明会などにも足を運んで、自分から会社を体験するようにすることが重要です。
もちろん、事前に会社の情報を集められるならば、より多く集めておくべきでしょう。その会社におけるメリットとデメリットを見比べれば、そこがどのような傾向を持つ会社なのかが自ずと見えてくるようになります。優良企業と呼ばれる会社なら、その会社のどこが「優良」であるかを知っておきましょう。大手企業ならば実績だけで優良扱いされていることもあります。逆に、残業も休日出勤もほとんどないホワイト企業である場合もあります。しかし残業がないということは、基本給以上の給与額を望めない可能性もあるので注意が必要です。
 
 

ここでどんなに情報を集められたとしても、企業説明会には参加しましょう。説明会にはその企業で働いている社員がいますので、どのような人が働いているかを実際に見ることができます。社員の話しぶりや、質問の答え方から、企業の考え方や誠実さを窺うこともできるでしょう。もしもその会社に就職した場合は、説明会の担当者が上司になる可能性もあります。そのように思って参加すれば、その場にいる社員の素振りから考えさせられることも増えるでしょう。
上記のようにして会社をよりよく知っていくのですが、この時、自分が企業にどのような待遇を期待しているのかを把握しておくと、就職先選びが楽になります。たとえば、気楽に仕事をしていきたい場合は待遇面を重視します。給料を多く欲しい場合は、残業ができた方がいいかもしれません。「優良」の条件も人それぞれなので、他人の意見に流されず、自分だけのイメージを持つように心がけましょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

失敗してしまった時に考えること

 
 

すでに就職先で後悔している人も、自分が企業に何を求めていたかを考えれば、今後とっていくべき行動が見えてきます。
もしも自分の求めることが今の企業で実現不可能ならば、転職をするのもよいでしょう。この際は、上記の情報収集をしっかり行い、今度は満足できるような就職先選びをしていきましょう。

 
 

職場の待遇面などで改善が見込める場合は、企業に留まって自己実現の努力をしていくべきかもしれません。少なくとも、その企業は世間的には優良企業とされる場所なので、良い部分も必ず存在するでしょう。その部分を軸に、新たなメリットを作っていくことは、企業全体の可能性を広げることになるかもしれません。また、長く職場にいることで感じられるようになってくる部分もあるでしょう。
 
 

もしも上司や同僚に相談ができる人がいれば、会話の機会を持つことも重要です。一人ではできないことでも、協力をしてもらえば実現できる可能性もあります。なにより、人に話すことで自分の考えを整理することができます。助けを期待しないとしても、誰かに話していくことは無駄にはならないのです。

 
 

目的意識をしっかり持って、自分にとっての優良企業選びを

 
 

いくら優良企業と呼ばれていても、それは他人の評価に過ぎません。どんな優れたところでも、中には合わないと感じる人がいても、おかしいことはないのです。
そのような人でも、目的意識を持って探せば、自分に合った居場所は見つかるでしょう。もしくは自分で作っていくという手もあります。失敗にめげず、満足していくための行動をとっていくことが、自分のための優れた居場所を見つけていくためのポイントになります。
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る