外資系企業へ転職活動する際に気を付けたいことまとめ

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%地域・職種問わず求人情報が豊富
スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウト機能がおすすめ

リクナビNEXT 無料登録

グッドポイント

 

転職サイトおすすめ

外資系企業へ転職活動する際に気を付けたいことまとめ

17view

2018.09.21

企業で働いている方で、今の働き方に満足していない方もいるでしょう。不満を解消する方法として、思いきって転職するのもひとつの手です。しかし、どの分野に転職しようか迷うこともあるかもしれません。その場合、外資系企業に転職するのも良い方法です。ここでは、外資系企業への転職に役立つ情報をお伝えするので、興味のある方はしっかりチェックしてください。

外資系企業に転職すると様々なメリットがある

外資系企業は、外国人や外国法人が一定以上の出資をする日本の企業のことです。外資系では実力主義になるので、年齢が上になるからといって地位が高くなるわけではありません。たとえ年齢が若くても、実力さえあれば上の地位に就くことも可能です。このように、外資系企業は実力が全てになるので、転職後常に努力していれば、早い段階で重要な地位を任されることもあるでしょう。仕事にやりがいを求めている方は、外資系企業への転職は適していると言えます。

そして、より多く稼げることも外資系企業に転職するメリットです。外資系企業は、数ある企業の中でも収入が高くなっています。働く上でスキルを会社側から認められると、大幅に年収アップすることを伝えられることがあるのです。高収入であることからも、外資系企業は多くの方から人気を集めています。また、外資系企業で働くと、仕事とプライベートをしっかり分けることができます。外資系企業の場合、たとえ忙しくても社員に休みをきちんと与えているところがほとんどです。さらに、社内の飲み会など比較的少ない傾向があります。外資系企業に転職すれば、プライベートな時間をより多く確保できるでしょう。

エントリーシートって何?

転職活動を行う上で必要になるのがエントリーシートです。エントリーシートは、興味のある企業に申し込む際に提出する書類です。さらにわかりやすく言うと、企業に向けて自分をアピールするためのツールになります。エントリーシートには、職歴や志望動機、自己PRなどいくつか書く項目があります。記入スペースが広くなっているので、志望動機や自己PRをより詳しく記入することが可能です。エントリーシートが欲しい場合、企業の説明会やホームページを通して手に入れることができます。しかし、企業のスケジュールをわかっていないと、エントリーシートを逃してしまうこともあるので注意が必要です。よって、希望する企業のスケジュールをきちんとチェックし、エントリーシートを確実に手に入れるようにしましょう。

志望理由の記入のコツを知る

外資系企業では、面接以外にもエントリーシートも重視されています。特に、志望理由は細かくチェックされるので、エントリーシートを作成する際には、記入のコツを押さえておくことが大事です。まずは、入社してから企業に対し、自分は何を与えられるのかをしっかり記入することです。志望理由を書く欄には、たんに企業に入りたい理由を書けばいいわけではありません。入社したい理由の他にも、自分の持っているスキルを書くこともできます。

よって、自分のスキルは会社にとってどんなメリットがあるのかを、わかりやすく記入しましょう。次に、企業を選んだ理由と、なぜその仕事をやってみたいのかを書くことがポイントです。志望理由を書く場合、企業の強みや特徴を踏まえ、入社したい理由を書く方もいるでしょう。しかし、それだけだと他の外資系企業でもよいと判断されてしまい、採用から遠ざかってしまいます。ですから、仕事内容のどの部分に興味があるのかを詳しく書いた方が、外資系企業を受ける際にはメリットになるでしょう。また、入社後のビジョンが伝わりやすいように書くことです。外資系企業に転職した場合、自分の実力次第で全てが決まってきます。勤務する中、配属先を自動的に指定されることはほとんどありません。よって、入社後どう動いていきたいのかを志望理由でしっかり伝えることで、企業は有力な人材だと判断してくれるでしょう。

志望理由を書く時の注意点とは?

志望理由を書く場合、注意点として押さえておくことがあります。それは、年収をものに志望理由を書かないことです。 転職する際に、稼げるかどうかで転職活動を行う方もいるでしょう。ですが、お金を理由にしてしまうと、企業は良いイメージを持ってくれないので、その理由を書くのはデメリットでしかありません。

企業は、あくまでも会社で使える人間を求めています。たとえ稼ぎたいという理由であったとしても、仕事内容にフォーカスして志望動機を書いてください。また、自己成長を理由にしないことも、志望理由を書く際は気をつけることです。環境が人を成長させてくれることも一理あります。しかし、企業からすると、他人の力に頼る人間と判断される場合もあるのです。よって、自己成長とは書かず、自分がどれだけ積極的に動ける人間なのかをアピールするようにしましょう。

エントリーシートの書き方を理解して採用を目指そう

外資系企業は、収入が高いことや実力次第で上のポジションにつけるなどの魅力があります。このような魅力があることからも外資系は人気があるので、転職活動を行う場合、採用されるポイントを押さえておくことが大事です。外資系企業では、エントリーシートの志望理由を特に厳しくチェックします。転職を外資系企業で考えている方は、エントリーシートの書き方をきちんと理解しておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る