相手の気持ちがわからない人の特徴と対処法

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%地域・職種問わず求人情報が豊富
スカウト登録することで、企業や転職エージェントから直接オファーが届くスカウト機能がおすすめ

リクナビNEXT 無料登録

グッドポイント

 

転職サイトおすすめ

相手の気持ちがわからない人の特徴と対処法

12view

2018.09.25

「なんでこの人は人の気持ちがわからないんだろう」という人に出会ったことはありますか?そのような人に出会ってしまうと、自分の気持ちをわかってもらえなかったり、辛い時に追い打ちをかけられてしまうなど傷つくことも多いでしょう。相手の気持ちがわからない人には5つの特徴があります。今回はその5つの特徴についてお話していきましょう。

自己中心的に考えてしまう

人の悩みはその人の悩みであり、自分のことではありません。しかしながら、中には自分に全て置きかえて考えてしまう人がいます。自分の身に起きたことではないのに、自分だったらどうするかそればかりが先行し、本来悩んでいる人を置いてきぼりにしてしまいます。実際に悩んでいる人の立場に立って考えることは悪いことではありませんが、その考えが自己中心的であれば相手を傷つけてしまいます。

例えば、彼氏が浮気をしていて、彼女はその事実を知りながら交際を続けていることに悩んでいたとします。他人から見れば、浮気するような彼氏なんて必要ないから別れるべきと思いがちですが、その彼女にとっては浮気をしている彼氏であっても恋愛感情があり、そう簡単に割り切ることはできないのです。その事をわかろうともせずに、自分の感情だけで話をしてしまうと、相談した相手はとても傷ついてしまいます。自分がその決断をすることができないことを悲観的に思ってしまいます。自己中心的に発言してしまう人は、自分の発言に対しても良くわかっていないところがあり、知らない間に敵を増やしてしまうという特徴があります。

思ったことをすぐに口に出してしまう

大人になれば、思ったことをすぐに口に出すことは良くないことだと理解します。太っている人に「太っているね」と伝えてしまうのは、相手への配慮が無さすぎてしまいますし、そのような人は場の空気を読むことができません。相手の気持ちがわからない人にはこのようなタイプが多く、思ったことをすぐに口に出してしまいます。毒舌キャラを気取ってズケズケ物を言うという女性もいますが、その言動は周囲の人を傷つけていることに気付くこともありません。

人には言われたくないことというのがあります。例え気付いたことがあったとしても、それは心の中だけに留めておき、言葉にしてはいけないのです。しかし、このようなタイプの人は自分の感情をすぐに言葉にしてしまいます。その言葉が相手を追い詰めてしまうとも考えません。相手の気持ちがわからないだけでも人からは敬遠されてしまうのに、言葉としてはっきり出してしまえば嫌われてしまうのも当然と言えば当然なのかもしれません。

自分が一番

楽しく会話をしていても、いつも誰かの話を遮り自分の話にしてしまうという人もいます。このようなタイプは相手のことをわかろうともしていません。自分が一番であり、周囲の人間のことに興味がないのです。その為、どれだけ仲良くしていても自分が一番で、友達は二番です。友達が困っていても自分には関係ないことなので、相談に乗ってあげようとも思いません。しかし、自分が悩んだ時にはすぐに相談に乗ってもらおうとします。自分勝手ではありますが、その事に関しても否定的には捉えないのです。自分が一番であるが故に、相手の気持ちをわからなくても問題ないと割り切ってしまっているとも言えます。このような特徴の人とは同じ気持ちで向き合うことができない為、疎遠になってしまうことも多いでしょう。相手の気持ちをわかる気がない人は、こちらがどんな対応をしてもわかってもらうことはできません。

人付き合いが苦手

人とのコミュニケーションの取り方がよくわからなかったり、人と関わることが苦手と感じている人も相手の気持ちがわからない傾向があります。今まで人とあまり関わってこなかった場合は、経験値が足りずに気持ちを汲んであげることができないということも考えられます。また、相手の気持ちを想像する力がない人にとっては、どのような気持ちなのかを考えることが難しいとも言えます。

人に起きた出来事を全て理解するというのは簡単ではありませんし、実際にはできません。その為、話を聞いてあげるだけでも問題ないのですが、相手の気持ちをわかろうとするあまりに余計な言葉を言ってしまったり、相手を怒らせてしまうような行動をしてしまいます。コミュニケーション能力が乏しく、想像できない為に招いてしまった結果と言えます。このタイプは経験を積むことで改善していくことができます。

発達障害の可能性も

相手の気持ちがわからないという人の中には、本当はわかっているけどわかろうとしていないタイプか、最初からわかっていないタイプのどちらかです。後者の場合は、発達障害の可能性があります。こちらの状況や感情を汲み取ることができず、見当違いの回答が出てしまったり、普段の会話も一方通行で会話として成立していないと感じる場合は、発達障害を抱えているのかもしれません。

昨今では、大人の発達障害に対しても理解が進み、認知されるようになりました。明らかに通常とは異なると感じた時には疑ってみるのも一つの対処法です。人の気持ちがわからないという症状の場合、高機能自閉症やアスペルガー症候群の可能性があります。もちろん、これは診断してみるまでわかりませんので、決めつけてしまうのはよくありませんが、あまりにも気持ちが伝わらないと感じた時には可能性を疑ってみましょう。

相手の気持ちがわからない人への対処法

自分以外の人に自分の気持ちを100%わかってもらうというのはできるものではありません。ただ多少でも歩み寄ってくれることで救われることはあります。もし、一歩も歩み寄ってくれない人が側にいるなら一度距離を置いてみることも大切です。ストレスに感じる関係性を維持していても良いことはありませんから、割り切って離れてみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る