30代で未経験の業種に挑戦・転職する時の注意点とは

30代で未経験の業種に挑戦・転職する時の注意点とは

93view

2018.10.01

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

転職を考える人の多くは、現状に満足していない人です。なんとかしてその現状を打破しようと、今より良い条件の会社を探します。前職と同じ業種であれば不安も少ないかもしれませんが、未経験の業種に転職する場合もあります。未経験の業種に転職する場合、その会社を選んだ志望理由を明確にすることが大切です。転職の際の注意点とメリット、デメリットを見てみましょう。

 
 

30代の転職に必要な事は

 
 

20代は右も左もわからない状態でとにかく仕事を覚えようと切磋琢磨してきたと思います。30代に入ると、仕事に対する余裕が少し出て来る頃です。部下も出来て社会的責任も大きくなり、やりがいを感じる人もいればこのままでいいのかと悩む人もいるでしょう。もし、今の仕事に不満があり満足出来ず本気で転職を考えているなら、30代がリミットです。ズルズルと不満を抱えたまま仕事を続けて、気がついたら40代になり、いざ転職しようと仕事を探すと幅がグンと減ると言う可能性があります。それが、未経験の業種であれば更に難しくなります。

 
 

もし、今の仕事に不満があり本気で転職しようと考えているなら30代でチャレンジしましょう。未経験の業種への転職のメリットとデメリットを考しっかり把握し、注意点を守れば成功する可能性はかなり上がります。その為には、意欲的であること、志望理由を明確にしておくことが大切です。

 
 

未経験の業界に転職する時の注意点

 
 

転職には2つのケースがあり、今の業種にやりがいを感じているが人間関係や給与などに不満がある為、今と同じ業種で給与が高い会社に転職をするケースと、今の業種にやりがいを感じることが出来ない為、全く未経験の業種に転職するケースの2つです。30代ではどちらが成功の可能性が高いかというと、やはり同じ業種に転職するほうが成功する可能性が高いと言えます。

 
 

なぜなら30代の転職は、即戦力を求められる為、前職で得た知識や経験、技術が大きな採用のポイントになるのです。だからといって、未経験の業種への転職が出来ないわけではありません。未経験とは言え、社会人として10年近く働いて得た知識や経験は大切です。30代と言えばおそらく部下もいるでしょうから、人をまとめる力、部下を引っ張る力をアピール出来るとかなりポイントが高くなります。経験や技術はあってもそういったマネジメント力がない場合はかえってマイナスポイントになる可能性もあるのです。

 
 

それでは、未経験の業界への転職について注意点を見ていきましょう。まず、転職するという事は前職を退職していると言う事です。面接ではもちろんそこを聞かれます。その時に、あまりネガティブな事ばかりを並べて伝えるのは良いとは言えません。面接はアピールする場所です。前の会社に不満があって退職した場合でも、内容を簡潔に伝え、今後の働く意欲をたっぷりと伝えましょう。もし、自分に足りないところがあったならそこも素直に伝え、そして改善する努力をしている事、転職への意欲をアピールする事が大切です。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

未経験の業界への転職のメリット

 
 

未経験の業界へ転職した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず、新しい知識が増える事です。もし、経理の仕事に転職した場合はワードやエクセルと言ったOAのスキルが身につきます。また経理は会社にとって必要不可欠な部署であり、そこで得た経験と知識は他の会社でも通用するので転職する時に有利になります。しかも、経理は経営部門の骨格とも言えるため、会社の経営の実態を把握することが出来ます。現在の経営状況はもちろん、経営陣がどのような戦略を立てているのか、その考えを間近で聞く事は経営戦略を学ぶ良い機会になります。経営の知識を学ぶ事は、独立への第一歩にもなります。勉強次第で独立も夢ではないでしょう。
 
 

未経験の業界への転職のデメリット

 
 

では未経験の業界へ転職した場合はどのようなデメリットがあるのでしょうか。それは、新しい業種が合うかどうか、この先ずっと働けると言う保証がないことです。先ほど説明した経理の仕事では、近年ITの発展により多くの経理ソフトが開発されるようになりました。そして、そのソフトを導入する会社が増えている事で、経理経験者の需要が少なくなる傾向にあるのです。
 
 

更に、クラウドタイプの会計ソフトの開発で経理の業務を外部に委託しやすくなった事も、今後経理の仕事が減る一つの要因になる可能性があります。このことから、将来的に確実に仕事があるとは限らない事がデメリットと考えられます。他にも、経理はお金を扱うのでとても神経を使います。1円も間違うことが出来ないのです。ミスは許されないと言うプレッシャーからストレスがたまりやすく、上手くストレスを消化出来ない人は体調を崩すと言うデメリットも考えられます。

 
 

未経験の業界へ転職のメリットとデメリット

 
 

未経験の業界へ転職した場合は、仕事が合えば知識や経験が増えて更にスキルアップすることが出来ますが、その業界の知識が薄いことから将来的な想像がしにくいことが考えられます。やりがいを求めることも大切ですが、将来性を見極める事も大切です。また、未経験の業界で出会う人は、前職で共に働いてきた人とは、また違う思考や知識を持つ人が多いので、新しい出会いは更に自分を成長させてくれるでしょう。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る