40代の転職を成功させるコツとは?おすすめ転職サイトもご紹介

40代の転職を成功させるコツとは?おすすめ転職サイトもご紹介

28view

2018.06.19

求人数が限られる40代の転職を乗り切るコツ

40代の転職では20~30代とは違った戦略が必要

40代の転職サイトの求人数は20~30代と比べるとそれほど多くありません。しかし、40代はその豊富な経験とキャリアが転職市場で大きな武器となる可能性もあります。40代の求人数が少ないのには理由があり、きちんとその原因を見極めて対策を立てることが必要となります。

多くの企業で40代は管理職としての経験が求められる

大企業では40代でも管理職経験が無い場合もありますが、大抵の企業の場合、40代で管理職経験を求められることがほとんどです。むしろ多くは管理職としての募集になります。日本の企業はピラミッド型の年功序列型構造なので管理職のポジションはどうしても少なくなり、管理職の募集もそれほど多くは出されていません。

年齢・キャリアに見合った給与水準を期待される

40代で管理職経験者となると、おのずと給与が上がります。若手の社員を採用するよりも企業の経費が増えることになります。そのため、本当に企業によって有用な人物か見極めるため、採用の目もより厳しいものとなります。

とにかく多くの転職サイトに登録する

このような40代の転職では、転職サイトを1~2個に厳選せずに、とにかく多くのサイトに登録することが転職を成功させるコツです。目安として8~10個程度は登録するようにしましょう。ここまで書いたように、40代の求人数は20~30代と比べると減少しています。求人数を補うためにも、数多くの転職サイトに登録し、書類選考を突破したらいつでも面接に行けるように準備しておきましょう。

キャリアに合わせた転職サイトをメインに利用しよう

転職サイトには、大きく分けて求人型とエージェント型の2種類のサイトがあります。エージェント型は、面接対策やアドバイスも行ってくれるのでぜひ登録しておき、キャリアに応じてメインを使い分けましょう。管理職経験有り・年収600万以上などキャリアに自信がある場合は、エージェント型をメインに、キャリアに自信がない場合は求人型をメインに転職活動を行いましょう。

40代におすすめの転職サイト5選をご紹介

リクルートエージェント

リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントは、20~40代までの幅広い年齢層から支持されている最大手の転職エージェントです。約30万人を転職へ導いた実績が高く評価され、非公開求人は約9万件程度ともいわれています。エージェント型のサポートや転職支援ツールを利用しながら転職を進めていきたい人におすすめの転職サイトです。

DODA

DODA(デューダ)は、全国展開の人材紹介会社パーソルキャリアの運営する転職サイトです。国内でもトップクラスの求人数を誇るDODAの特徴は、求人型とエージェント型としての機能を併せ持っていることです。手厚いサポート体制が整っているDODAは登録しておいて損はありません。

Type転職エージェント

Type転職エージェントは、東京・神奈川・千葉・埼玉など関東圏を中心に展開しているエージェント型の転職サービスです。熟練のキャリアアドバイザーによる手厚い支援やアドバイスが受けられます。大手エージェントと比較してさほど利用のハードルが高くないため、キャリアに自信のない場合でも利用しやすいといえます。

MIIDAS(ミーダス)

MIIDAS(ミーダス)の特徴は、市場価値や適正年収からマッチングする企業を割り出してくれる点です。DODAで知られるインテリジェンスが行うサービスであるため、データの信頼性が高く、安心して利用することができます。経験豊富な40代にとって市場価値や適正年収を確認しながら転職を進められるというのは効率的で、マッチングした企業とのみ選考を進められるので、多忙な40代でも転職活動をムダなく行えます。

マイナビエージェント

20~30代に特化しているといったイメージかもしれませんが、優良な中小企業の案件が揃っており、40代にもおすすめできます。マイナビエージェントは最大手よりも登録者が少ないため、キャリアアドバイザー1人当たりの担当求人者数が少なく、手厚いサポート体制が整っています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る