まだまだ働ける50代!50代におすすめの転職サイトは?

まだまだ働ける50代!50代におすすめの転職サイトは?

33view

2018.06.19

50代での転職で成功するために知っておきたいこと

50代の転職で成功する人の特徴

50代の転職で成功する方の特徴は実績がある方や何らかの技能を持っている方になります。しかし、技能を持っていないからといって転職ができなくなるわけではありません。50代ともなればこれまでの仕事の経験も豊富でしょうし、取引先などに人脈もあるかもしれません。自分の強みを活かして転職活動を行うことが大事です。

転職のコツの1つ目は折れない心

転職のコツは2つあります。1つ目は折れない心です。転職も就活と同様に何社も受けて、そのうちの1社に決まるというプロセスが必要です。当然、お祈りメールなども来ます。50代ともなると仕事に対してそれなりにプライドがある方が多く、不採用となると挫けてしまう方も多いようです。続けていけば必要としてくれる企業と巡り合えるかもしれないので、挫けないようにしましょう。

転職のコツの2つ目は転職情報の確認

これはどの年代でも同じですが、条件のいい職は申込者が殺到します。しかし、毎日の仕事を抱えていると転職情報のチェックにかける時間もどうしても短くなってしまいがちです。1日に1回はチェックした方がいいので、電車の中など時間を決めてこまめにチェックするようにしましょう。

転職のコツの3つ目は人脈

50代で転職が決まった方の中には取引先との人脈が役立ったという方もいます。企業が50代の方に求めているのは経験や即戦力となる実力なので、転職先との信頼関係は必須になってきます。人脈は一朝一夕にできるものではないので、普段の営業などで地道に築いていってください。

また、仕事でネットワークを築く以外に、転職エージェントや同じ職種のミーティングなどに出席するという方法もあります。

50代の転職に使いたい転職サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェントのサービスは提供している職種が多く、キャリアを活かした職種が見つけやすいのがポイントです。利用するにはまずネットから登録を行い、次にリクルートエージェントの営業所で面接が必要になります。この面接は自分のキャリアなどを営業所に伝え、それに合った転職活動をするために重要なものになってきます。

ビズリーチ

ビズリーチは有料の転職サイトですが、ヘッドハンターは企業と直接つながることができます。無料でも求人情報を閲覧することはできますが、有料会員になると求人情報に応募ができるようになります。また、無料であっても企業からの「プラチナハンティング」という面接が確定されたオファーが来れば転職することも可能です。

MIIDAS

MIIDASは無料の登録を行うと企業から面接確定のスカウトメールが届くアプリです。99%の方が登録から1週間以内にメールを受け取っています。登録には出身大学名や以前の勤務先での年収が必要になりますが、3分程度で登録は完了します。面接のみで書類選考がないのがありがたいアプリになっています。

JACリクルートメント

JACリクルートメントではエグゼクティブ、マネジメントなどの高年収に特化した求人を取り扱っているサイトです。外資系への転職もありますので、バリバリやっていきたいという方にはいいかもしれません。ただ、転職先の市場年収が低いとあまり相手にされないなど。対応が比較的ドライなのがデメリットになります。

type転職エージェント

type転職エージェントは対応が丁寧で、書類審査でいつも落ちてしまうという方にはおすすめできる転職サイトです。大手と比べてしまうと求人件数などの面で劣りますが、大型の企業からの求人も来ています。

また、一人ひとりに対して履歴書の転職も行ってくれるのもポイントの1つでしょう。コンサルティングは赤坂見附駅から徒歩1分のところで行っているので、アクセスも良くて行きやすいかもしれません。

miidas

ミーダスはスマホアプリのサイトで、希望の転職先に合わせて自分のスキルなどを入力していくと「面接確定」のオファーが届くサービスになっています。書類選考を飛ばして面接ができるのはこのサービスの強みになっています。また、スキルや経験などを入力すると自分の市場価値が分かるサービスがあるのも嬉しいポイントです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る