転職する会社を見つける時に注意したい・ブラック企業を見分ける求人ワード

転職する会社を見つける時に注意したい・ブラック企業を見分ける求人ワード

261view

2018.08.15

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

せっかく入社しても、ブラック企業では心身共に参ってしまいますよね。我慢して働き続けた結果、鬱病などになっては大変です。そうなる前に辞めたとしても、また次の会社を探さなければいけません。
安心して働ける会社に就職するには、仕事探しの際にブラック企業ではないか見極めることが大切です。ここではその方法のひとつとして、ブラック企業を見分ける求人ワードを紹介します。

 
 

「大量募集します!」というワードには気を付けよう

 
 

求人雑誌や就職サイトを見たときに、常に人材募集の記事が載っている会社を見たことはありませんか?そういう会社は、「〇〇につき、人材大量募集!」などと書かれてあることが多いです。
「大量募集」という言葉には注意が必要です。いつ求人情報を見ても人材を大量募集している企業は、明らかに不自然だと言えます。

 
 

飲食店でお店を新しくオープンしたときに、「〇月〇日に店舗オープンにつき、新スタッフを大量募集」と書かれてあるなら、まだ信じれるでしょう。けれどもオープンしてからしばらく経っても未だに尚、大量募集している所は、仕事内容がハードであったり残業が多かったりと何らかの理由で辞めていく人が多いことを物語っています。つまり離職率が高いから、常に人材を募集しないといけないわけです。
 
 

辞める人と入社する人の出入りが多く、職場の人間が安定していない企業は、ブラックである可能性が高いと言えるでしょう。皆が何かしらの不満を抱えているからこそ、離職してしまうのです。
ブラック企業を見分ける求人ワードとして、「大量募集」には気を付けたいものですね。
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

「頑張れば短期間で正社員!管理職候補にも!」のワードに騙されないように

 
 

契約社員から入社して、ゆくゆく正社員になれるシステムの求人もありますよね。正社員のほうが安定していると多くの人は思い、正社員登用制のある求人は魅力的に感じるでしょう。
しかし実際のところ、本当に正社員に100%なれるのでしょうか。中にはいつまでも期限を延ばされて、契約社員のままで働かされて、挙句の果てに期間上限が来て辞めさせられるという会社もあります。正社員登用制を鵜呑みにするのは危険と言えるかもしれませんね。

 
 
また「頑張れば短期間で管理職に!」というワードは、出世欲のある人にとっては魅かれるものです。けれども冷静に考えれば、入社して覚えることもたくさんあり実績もない人間が、そんなに早く管理職に就いても大丈夫なのでしょうか。管理職に早くになれると書かれてある求人は、入ってから想像を絶する激務を強いられるパターンも多いのです。頑張れば管理職になれると追い立てられて、心身共に壊れるくらいのハードな仕事量を与えられる可能性があります。
「正社員登用制」や「管理職も目の前!」などというワードに操られないようにしたいものですね。

 
 

やたら「アットホーム」を押している会社には要注意!

 
 

求人情報に、「アットホームな職場で働きやすい」と書かれている会社は多いものです。そして「アットホーム」と書かれていることで、何となくスタッフがみんな優しくて人間関係がうまくいっている会社であるように感じる人も多いのではないでしょうか。家族的な雰囲気で働ける職場なら、人間トラブルも少ないのではないかと考えてそこを選ぶ人もいるでしょう。またこじんまりとした中小企業でのんびり働ける会社だと解釈する人もいるかもしれませんね。
けれども実は、「アットホーム」というキーワードには注意が必要です。一見家庭的で穏やかな雰囲気の会社のように思えますが、実際はブラック企業であることも多いのです。

 
 

大企業はこのようなワードは使いませんよね。アットホームな会社だと自社のことを述べるのは、小さい会社がほとんどです。会社が小さくとも組織がしっかりしていれば働きやすく良い会社と言えますが、アットホームであることを前面に押している会社は「会社が小さいこと」の言い訳でしかありません。家族的だと述べて、実は労働環境があまり良くないケースが多いでしょう。

 
 

また「アットホームな親族会社」と書いている所も、要注意です。親族会社の場合、管理職メンバーはそのほとんどは親族です。血縁者以外が入社した場合、いくら頑張って働いてもなかなか管理職に就くのは難しくなります。勿論、外から入ってきた人を大切にして、血縁者と分け隔てなく評価する社長もいるでしょう。そういう会社なら親族会社でも問題はありませんが、あまりにも親族が団結している会社では働きにくいものです。確かに家族で経営しているのでアットホームな会社ですが、外から来た者にとってはアットホームだとは感じにくいです。
いずれにせよ、「アットホーム」であることを強調してそれのみをメリットのように書いている求人には慎重に対応するようにしましょう。

 
 

ワードを参考にしながら、自分自身で企業を調べてブラックかどうか見極める力を養おう

 
 

このように、ブラック企業を見分ける求人ワードが分かりましたね。
ただ勘違いしてはいけないのは、実際に本当に正社員にもきちんとなれて、職場の組織がしっかりしてアットホームな良い会社もあるということです。一概に、このワードが書かれてある会社がブラック企業とは言い切れません。
こうしたワードを参考に意識しながら、興味を持った会社は自分自身で納得いくまで調べることが大切なのですね。

 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る