転職サイトで評判の悪いブラック企業を見分けるコツとは?

転職サイトで評判の悪いブラック企業を見分けるコツとは?

47view

2018.06.19

転職サイトには会社の評判を集めた口コミ機能がある

転職サイトには、会社ごとの本当の評判を集めた口コミ機能がついているものがあります。 中で働いている人たちの本音が書かれていますので、最大限活用して「ブラック企業」を避けるようにしましょう。

実際に入社して働いてみないと、その会社の本当の姿はわかりにくいです。 採用担当者の話を聞いて働きやすい職場という印象を持っても、いざ入社して働き始めると典型的なブラック企業ということはよくあります。

せっかく良い条件の職場を求めて転職したのに、余計に勤務条件が悪化してしまっては意味がありません。 またすぐに転職をせざるをえなくなってしまいます。

そこで転職サイトの口コミが役に立つのです。 本当の評判を知るには口コミが一番役に立ちます。

企業の採用担当者や転職エージェントは都合の悪いことを語らない

もし職場の環境が悪くても、決して採用担当者がそれを口にすることはありません。採用前は自社のいい面だけを前面に出そうとするはずです。転職エージェントにも同じことがいえます。

心の中では「この会社の評判は悪いんだけどなあ」と思っていても、それを利用者には伝えません。転職エージェントは転職成約数を追い求めるからです。

会社の本当の評判を語ってくれるのは、実際にその会社で働いている人や、過去に在籍した人だけです。口コミを分析することで、企業の真の労働環境を見抜きましょう。

評判の悪いブラック企業を転職サイトで見分ける3つのコツ

ブラック企業にはある種の特徴があります。転職前にブラック企業を見分けるコツはあるのでしょうか?転職サイトや口コミサイトを使えば、ある程度はブラック企業が醸し出す雰囲気を感じ取れます。

会社がアピールする職場環境と、実際の評判にズレがある場合は、ブラック企業である可能性が高いといえるでしょう。以下で紹介する3つのコツを駆使して、ブラック企業への転職を未然に防ぎましょう。

「やりがいのある仕事」をアピール

妙に「やりがいのある仕事」をアピールする会社は要注意です。以下のように単に社員の負担が大きいことを隠しているだけだからです。

  • 労働時間が長い
  • 肉体的にハードな仕事
  • 歩合制でノルマがきつい
  • 仕事のきつさのわりに年収が低い

このような傾向の会社ほど「やりがいのある仕事」という美辞麗句を使いたがります。転職サイトの口コミ機能であれば、この手の会社の嘘は簡単に見破れるでしょう。

「アットホームな雰囲気」をアピール

パワハラが酷い傾向にあるブラック企業ほど「アットホームな雰囲気」とアピールする傾向にあります。しかしその実態はブラックそのものであることが大半です。パワハラが横行している職場環境なのに、上司や人事採用担当者の目からは「社員同士の仲が良い」という風に映ってしまっているのです。

また、ブラック企業はアピールポイントがありません。年収が高いわけでもないし、福利厚生が充実しているわけでもありません。

そんなブラック企業だからこそ、アットホームな社風などというアピールをしたがるのです。転職サイトの口コミ評判を見れば、企業側がアピールするアットホームさが、実際には単なるパワハラであることを見抜けます。

「お金より大事なことを学べる」とアピール

「お金よりも大事な経験を学べる」などとアピールしている企業も要注意です。低い年収で過酷な労働環境に社員を強いているだけのケースが多いのです。転職サイトの口コミには年収まで書かれているものがあります。

業界ごとにだいたいの適切な年収の基準がありますが、それを大幅に下回っているような場合はブラック企業を疑ってください。もちろん、仕事の目的はお金だけではありません。働くことを通して人生に必要なスキルや忍耐力を学べるのは事実です。

だからといって仕事のきつさに対して賃金が低すぎるのは考えものです。事前に転職サイトで会社の年収をチェックしておくことで、年収が低すぎるブラック企業を見分けるようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す