仕事するならブラック企業よりホワイト企業の実態が気になる

仕事するならブラック企業よりホワイト企業の実態が気になる

329view

2018.09.02

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

企業の実態について調べてみると、ブラック企業の情報はたくさん集まってくるのですが、ホワイト企業についての話題はあまり上がってきません。ホワイト企業とはどのような職場環境をいうのか、詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか?ここではその特徴と実態をまとめていますので、気になる方は参考にしてみてください。

 
 

個人にとってのホワイト企業

 
 

ホワイト企業で働く人はその会社の長所として、残業が少ないこと、休みがしっかりとれることをよく挙げています。
ホワイト企業では、一人に対する仕事のノルマが少ないため、残業をしてまでやり終えなければならないことがありません。それどころか通常の業務時間内でも仕事がないこともあるため、社員が手を余らせていることも少なくありません。
 
 
この時間を自分のために使うことを、多くの会社は認めています。完全なプライベート時間とすることは少ないですが、社員はこの時間をリラックスするために使ったり、スキルアップのための勉強をしたりして過ごします。そして定時になれば、そのまま帰ることができるのです。
残業をしなくてもいいほどなので、休日出勤も少なくなります。有給休暇も申請すればだいたい通るため、まとまった休暇を取ることも可能です。これにより、家族や子供と過ごす時間を増やすことも、趣味の時間を多くとることも可能となっています。

 
 

社員の自由性を認めるホワイト企業

 
 

仕事にとられる時間が少ないため、社員はすでに多くの自由時間が約束されています。しかしそれだけではなく、多くのホワイト企業では仕組みのうえでも、社員の自由性を引き上げる努力をしています。
たとえばある会社では、報告・連絡・相談のホウレンソウを極力減らし、担当の仕事を一人一人に任せていく体制を取っています。これにより、社員は自分の裁量でのびのびと仕事ができるようになり、上司も報告を受けずともいつの間にか成果が上がっている、という状況が生まれています。

 
 
また、福利厚生が非常に充実している会社もあります。特に育児休暇や介護休暇を求める人は多いのですが、多くのホワイト企業ではこれを支援する仕組みと雰囲気が出来上がっているのです。また場所によっては、社員に朝ごはんを提供したり、昼寝をするためのスペースを用意していたり、農家からの野菜を支給するなど、変わっているけれどありがたい仕組みを用意しているところもあります。
 
 

仕事のやりやすさを気にかけたり、休憩や休みをとりやすくすることも重要ですが、意識の高い社員のスキルアップを手助けすることも会社にとっては重要です。そのような人材のために、参加自由の研修会を多く開いている会社もあります。このように一人一人の要求に応じたプランを用意してくれることも、ホワイト企業が取り組んでいる特徴の一つといえます。

 
 

どうしてホワイト企業になれるのか

 
 

世間では労働環境の改善を求める声が日に日に高まっていますが、多くの企業はなかなかそれを実践できずにいます。経営者の中には、社員の待遇を良くしていきたいと心では思っていても、会社の利益や仕事量を考えると難しいと、断念してしまっている人も少なくはありません。そんな中で、すでにホワイト企業と呼ばれている会社は、どうやって今の環境を実現し、維持し続けているのでしょうか。

 
 

その理由としては、安定した収益源が確保されていることが挙げられます。会社は良い商品を持たなければ、新たに商品を作ったり仕入れたりしなくてはなりません。また、商品があったとしても、それを買ってくれる顧客や取引先がなければ利益を出すことができません。多くの企業はこの作業に追われるために労働力を必要としますが、ホワイト企業は安定して利益を上げる商品と流通手段を持っているため、ここに労働力を必要としないことが多いのです。

 
 

たとえば質の高いロングセラー商品があったとしたら、その商品だけでも会社は利益を上げ続けることができます。そのような商品は、すでに高い評判と販売実績を確立しているため、新しい顧客を得ることも難しくありません。もしその商品を改良したものを作ることができれば、それでまた大きな利益を期待することもできます。この時も、すでにある取引先に話を持っていけばいいので、売り込み先に迷うこともありません。
 
 

この取引先というのも重要で、長いこと付き合っている企業とは信頼関係ができているため、継続的な取引を期待することができます。このような販売経路、流通経路が確保されているならば、技術開発の方向性もつかめ、社員に求める仕事内容も一定のものとなります。取引先企業との間におけるwin-winの関係は、会社内で働いている社員一人一人にも利益をもたらしているのです。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

社員のことを思うからこそ、ホワイト企業は成り立っている

 
 

ホワイト企業は安定した利益が出せるからこそ、社員に多くの要求をしません。しかし会社の経営陣が社員の労働環境を考えていなければ、満足度の高い仕事内容を保証することはできないでしょう。
企業が社員を思うからこそ、社員も期待に応えています。会社内部でもwin-winの関係が成り立つからこそ、会社はホワイト企業という評判を得ることができているのです。

 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る