営業職 転職を考えている人が知っておきたいポイント

営業職 転職を考えている人が知っておきたいポイント

42view

2018.10.14

 
 
 
 

 
 
 
 

営業職に興味を持って転職したいと考えている人は、本当にそれで良いのかをもう一度だけ考えておきましょう。どのような職種にもメリットもデメリットもあるため、十分に考えて自分にとって適職かどうかを判断した方が安心です。未経験でも営業職は受け入れてもらいやすい傾向があるので、志望するときにはどんな準備が大切かも確認しておきましょう。

 
 

営業職は成果主義が基本

 
 

営業職の特徴として基本的にはどの現場でも成果主義だということは念頭に置いておきましょう。顧客に対して商品やサービスについて紹介し、売上につながるように契約を勝ち取るというのが仕事になります。顧客を探し出すところから始めて距離を近づけていき、大きな契約を結ぶという目標を立てて働くことになるでしょう。営業職は顧客と常に近い位置にいるので商品やサービスを利用している人の声を直接聞けるという面もあります。

 
 

顧客からの要望や不満などをヒアリングして社内に持ち帰り、研究や開発、企画の方により良い商品やサービスを作り上げるための情報提供をするのも重要な使命です。このような形で仕事をしているとほとんどの業務は数字で評価できてしまいます。自分がかかわった営業利益をさらに増やしていこうという考え方でモチベーションを上げられるのはメリットでしょう。

 
 

その数字が給料に反映されることも多く、昇進にかかわることも珍しくありません。インセンティブに困らないという点ではメリットが多い職種ですが、成果が上がらないと収入も低くなりがちというデメリットもあります。厳しい職場の場合にはノルマがしっかりと定められていて、達成できないまま過ごしていると退職せざるを得ない状況に陥ることもないわけではありません。成果主義が自分に合うかをよく考えた上で選んだ方が良いのが営業職です。

 
 

顧客重視で働くメリットとデメリット

 
 

営業職は顧客の立場に立って対応をしながらやり取りを続け、最終的には自社の利益を最大化できるように仕事をするのが大切です。顧客重視の立場で仕事をするという点からも職種としてのメリットとデメリットが生まれます。顧客の声をすぐに聞けるという点で、自分がオファーしたサービスを喜んでもらえると仕事をして良かったという実感が得られるのが魅力です。しかし、逆に不満を直接聞かなければならない立場になり、非難の声を受けたときには平謝りをしなければならない場合もあります。

 
 

ただし、そのときにさらに良いオファーをかけて契約をし、満足の声を上げてもらえれば達成感もあるでしょう。それが売上になると自社からも喜ばれ、自分の実績も上がるので給料も良くなります。苦労はあっても成功を遂げようと努力することで報われやすいのが営業職の特徴と言えるでしょう。一方、負担という面では体力と精神力が要求される職種なのも確かです。顧客の都合に合わせて取引をする必要が生じやすく、夜や土日にも仕事をしなければならないケースもあります。ただ、それによって時間外労働手当も出るので、必死に働いて稼げるという点にメリットを見出すことも可能です。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

未経験でも転職しやすい営業職

 
 

未経験の人もよく募集されているのが営業職の特徴で、転職のときにはよく着目されています。企業としては人材の数を増やしたいという気持ちが強い職種で、開発した商品やサービスの売上を左右する重要な人材だからです。未経験でも良いとしている求人が多いのは、基本的なビジネスマナーさえできていれば、残りはある程度のノウハウがあるだけで実務に従事できるからというのが主な理由です。簡単な社内研修を行った後、OJTで教育すれば比較的短期間で戦力に育て上げられます。

 
 

そのため、経験が豊富かどうかよりも学ぶ意欲があるかどうかが重視されやすいのが特徴です。転職活動をするときに必ず志望動機を伝える場面がありますが、その際にもこのような企業の立場を理解していることが重要になります。志望動機は基本的には正直に伝えて良いものなのは確かです。しかし、営業職としてポテンシャルがあるということを示せた方が転職には有利になります。効果的な伝え方の切り口には二通りあり、志望企業の扱っている商品やサービスへの興味か職種への関心から話を切り出すのが良い方法です。商品やサービスの詳細に触れてとても興味があって広める役割を果たしたいと伝えるだけで志望動機は実は十分です。

 
 

入社してから商品やサービスの特徴について学ぶ必要があまりなく、営業スキルだけ伸ばせば戦力になると考えてもらえます。職種への関心を切り口にするときには適性のアピールを合わせることが大切で、商品やサービスについて理解すれば即戦力になると判断してもらえれば問題ありません。

 
 

メリットとデメリットを考えて営業職を目指そう

 
 

未経験の人もよく募集されているので営業職には人気がありますが、自分に適性があるかどうかはよく考えた上で志望することが大切です。成果主義で顧客への対応を第一と考えつつ利益を上げていくという考え方を受け入れられるかが重要になります。すぐに戦力になれるポテンシャルがあると伝わるように志望動機を考えておけば採用されやすいので、営業職になると決めたら内容をよく練っておきましょう。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る