看護師にとって最適な働きやすい病院選びとは

看護師にとって最適な働きやすい病院選びとは

131view

2018.09.15

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

多くの看護師が働きやすい病院に転職したいと願うでしょう。職場の環境は仕事に対する意欲も左右しますし、仕事人生の充実にも大きく関わってきます。ですが、いざ探そうとすると案外大変だったりします。
そこで、看護師転職に大きく左右する働きやすい見分け方を、離職率など職場選びに整理しておくべきポイントを紹介します。

 
 

まずは自分の働きやすさを見つける

 
 

働きやすさの感じ方は、人によって様々です。
残業があったとしても、仕事にやりがいを感じられれば働きやすいという人もいれば、プライベートの時間をきちんと取ることが出来る職場を働きやすいと感じる人もいます。
まずは、自分にとっての働きやすい環境を見極めておきましょう。
 
 

第一に、自分が求めている働きやすい条件を明確にします。一つ二つは「ここだけは譲れない」という条件を出しておくと、より効率が良くなります。そして、自分の得意・不得意を把握し、将来的な方向性を描いておきましょう。
自分なりの働きやすさが明確になったら、一般的に働きやすいと言われている環境と照らし合わせていきましょう。

 
 

やっぱり第一は人間関係

 
 

一般的に、働きやすい病院といえば、第一に人間関係の良さがあがってきます。
毎日顔を合わせ、家族よりも一緒にいる時間が長いのですから、人間関係の良さを重視する人が多いでしょう。
求人広告などを見ると、「働きやすいアットホームな病院」と書かれてあることがあります。また、データとして離職率は大いに参考になりますが、その病院の人間関係の良さは、自分の目でしっかりと確認することが最も確実であり、重要な事です。現地に足を運び雰囲気を感じておきましょう。
 
 

その際、ポイントになるのがスタッフの笑顔の多さです。また、お互いをきちんとねぎらうような言葉が飛び交っているかも、チェックポイントといえます。言葉が多く行き交う職場は、お互いを認め合っている証拠になります。
逆にどう見ても不機嫌そうな表情をしているスタッフがいた場合、要注意です。スタッフ同士が言葉を交わす様子をチェックしましょう。ぎこちない会話や事務的な言葉だけが終始交わされているようなら、雰囲気はあまり良くないかもしれません。

 
 

福利厚生の利用率と質問をしやすい雰囲気

 
 

働きやすい病院の見分け方には、福利厚生が整っているかも大切です。ただ制度が整っているだけではなく、その権利をきちんと行使出来ているかが最も重要です。意外と、制度としてはきちんと整っていても、誰もその制度を利用していないという職場は少なくありません。
制度自体は、求人を見ればわかることですが、実際どう機能しているかは外から知ることは難しいものです。事前にリサーチしておきましょう。

 
 

また、教育体制が整っているかもチェックしましょう。研修が充実していることはもちろんですが、仕事を進めていく中で指導体制が整っていなければ、戸惑いが生じてしまい配慮がされていない病院といえるでしょう。看護師転職では、ほとんど中途採用です。分からない事をきちんと教えてくれる、または聞きやすい雰囲気であることは重要です。
例えば、仕事に慣れるまでちょっとした質問をしても、きちんと答えてくれないような環境だったとしたら、とても働きやすい病院とはいえません。
実際に働き始めたときの指導体制は面接や見学の際にきちんと聞いておくと良いでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

プライベートの充実

 
 

仕事をする上で、プライベートを充実させることも大切なことです。
より良い仕事をするには、お休みをきちんと確保することはとても大切なポイントです。看護師という仕事に誇りとやりがいを持ち、がむしゃらに働きたいと思う人もいるかもしれませんが、プライベートを充実させることは、ストレス解消にもなり、同じ職場で長く働くことが出来るポイントでもあります。
 
 

休日の日数を確認するだけではなく、有休消化率もきちんとチェックしておきましょう。休日に関しては、面接などで質問をしてしまうと相手にあまり良くない印象を与えてしまうこともありますので、他の方法で調べる事をお勧めします。

 
 

忘れてはいけないスタッフの安全体制

 
 

最後に、働いている看護師の安全性が守られているかも重要です。
命を扱う仕事なので、医療の安全対策が充分かどうかをチェックしましょう。適切な安全講習などが行われていれば、看護師による医療事故を防ぐことになりますので、安心してかつ安全に働くことが出来ます。
 
 

また、何かがあった時に、個人を特定し責任を追及するような風潮がある職場は避けるべきです。 他にも、感染症の対策がきちんとされているかも大切です。感染対策が取られていない病院は、スタッフの意識も低いので、安全とはいえません。これらは、実際に見学をする際に目にすることが出来るので、是非確認をしておきましょう。

 
 

看護師転職は離職率だけでは分からない働きやすい病院の見分け方

 
 

一般的な働きやすい病院の見分け方を紹介しましたが、自分のこれだけは譲れないという想いを一番に考え、自分なりの働きやすさを見つけてください。看護師転職では、離職率だけではなく現場に足を運んで雰囲気を確認することは必要不可欠です。本当に大変な仕事ですから、自分にとっての一番働きやすい職場が見つかりますように。

 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る