人と話すのが苦手な人がすぐ実行できる克服方法

人と話すのが苦手な人がすぐ実行できる克服方法

86view

2018.10.19

 
 
 
 

 
 
 
 

人と話すのが苦手な人は思っているより多いものです。
総務省の調査によると約7割の人がコミュニケーションが苦手と感じているという調査結果があります。自分以外はコミュニケーションをスムーズにしているように感じがちですが、実は周りの人も苦手と感じているのです。
会話が苦手と感じている人がすぐできる克服法をご紹介します。

 
 

苦手意識をなくす

 
 

人と話すのが苦手だと思っている人は、周囲からそう思われていないことが案外多いのです。そう思っているのは本人だけなんてことはよくあります。自分の中の会話上手のイメージに達してないから会話が下手だと思い込んでいるケースが多いです。何をするにもその中で一番でないと得意だと言ってはいけないわけではありません。
 
 
それを言うとお笑いコンテストに優勝した人以外は、お笑い芸人になれないことになってしまいます。そんなことはないと誰もが思うはずです。克服方法の一つは自分の苦手意識を封じることです。苦手意識があると、人と話すのが苦手に思うような出来事が頭に残り、ますます苦手意識が強くなります。苦手意識がある限りは克服は難しいでしょう。

 
 

リラックスする

 
 

人と話すのが苦手な人でも、どんな相手にも話すのが苦手というわけではないでしょう。例えば、家族や親しい友人とはスムーズに会話できていると思います。スムーズに会話できるのは、自分がリラックスできる相手だからです。会話するのが苦手だと思う相手と話す時は、家族や友人と話すようなつもりで会話をするとよいでしょう。人と話すのが苦手という意識は緩和されていくはずです。

 
 

失敗を恐れない

 
 

人と話すのが苦手と思っている人の多くは上手に話さなくてはならないと思っている傾向にあります。そのため、言葉を選び過ぎてしまいなかなか話すことができなかったり、言葉に詰まる事を恐れ会話を続けられずにいます。会話の相手は案外気にしていないものです。それに、もし上手に話すことができず会話に失敗したと思ったとしても何か重大な過失を犯したわけではありませんし、お金がなくなったり命を落とすわけでもありません。失敗を恐れずに会話に挑戦していきましょう。挑戦しなくては進歩もしません。

 
 

相手の話を聞く

 
 

人は自分に興味を持ってほしい生き物です。そのことを活用してまず相手の話を聞くことに徹しましょう。相手の話をしっかり聞くということは相手に興味を持っているという意思表示にもなります。相手の話の中から次の話題のヒントを掴んで会話を続けていきましょう。人と話すのが苦手に思う人も簡単にできる克服方法です。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

相手の服や持物を褒める

 
 

褒められて嫌な人はいません。会話をしていく中で相手に褒めるポイントがあればどんどん褒めましょう。しかし、人と話すのが苦手な人は会話の中でそれを引き出せない可能性があります。そんな時は相手の身につけている物を褒めて会話を広げていきましょう。

 
 

相手の出身地を聞く

 
 

話題に困った時は相手の出身地を聞いてみましょう。自分と同じ出身地だった場合は話題に事欠きません。そうでなくても、行ったことがある土地であればその時行った場所について話すことができますし、行ったことがなくてもその土地の観光名所などを聞いて会話を続けることができます。人と話すのが苦手でもこれなら簡単に会話を続けることができます。

 
 

笑顔で会話する

 
 

人は笑顔で話しかけられると、自分も自然と笑顔になります。笑顔は人を楽しい気持ちにさせる効果があります。楽しくなると会話も弾みます。笑顔を見た人は自分に好意を持たれていると思い嬉しい気持ちにもなります。笑顔は人を幸せにする効果があります。最高の笑顔で話すことは最高のおもてなしになります。人と話すのが苦手な人はまず自分から笑顔になりましょう。笑顔は最高に楽しい会話を作り出してくれるでしょう。

 
 
 
 

 
 

 
 

相手の話に頷く

 
 

会話は言葉だけでするものではありません。ボディランゲージというように身振りも会話の内です。人と話す時はうなずきながら相手の話を聞きましょう。話している相手は自分が関心を持たれていると思い安心して会話を続けます。人と話すのが苦手でもすぐできる克服方法です。

 
 

復唱して質問する

 
 

人と話すのが苦手な人は相手の会話の内容を復唱するのもよいでしょう。復唱しながら時に興味を持った話題に対して質問をすると会話をつなげることができます。自分から言葉が出てこない時は復唱するというのも克服方法になります。

 
 

沈黙を恐れない

 
 

人と話すのが苦手な人は少しの沈黙でも気まずいと思うでしょう。複数の人がいる空間では気になりませんが、二人きりの会話の場合は気まずく感じます。会話に苦手意識がある人は何か会話をしなければいけないと焦ってしまいます。しかし、会話が上手な人と二人で会話しても沈黙になることはあります。ですから、沈黙を恐れることはありません。

 
 

焦らないことも克服方法

 
 

人と話すのが苦手ということを気にしすぎる必要もありませんが、簡単な方法と気持ちの持ちようで改善することはできます。
ご紹介した中で、できそうなものがあれば試してみてください。最初は難しいかもしれませんが、焦らずにいきましょう。焦らないことも克服方法の一つです。
会話がスムーズにできたという感触を少しずつ掴んでいけば、やがて人と話すのが苦手ではなくなっているでしょう。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る