飲食業界に転職する際のポイントや注意点とは?

飲食業界に転職する際のポイントや注意点とは?

56view

2018.09.12

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

飲食業界に転職をする際には、いくつかのポイントがあります。それらを事前に理解しておくことで、スムーズに業務に携われるようになるでしょう。そもそも飲食業界と一言に言っても様々な仕事があるので、どんな仕事に転職するかでも内容は変わっていきます。どのような仕事があるのか、また共通して気を付けなければならないことにはどんなことがあるのかを解説していきます。

 
 

飲食業界にもいろいろある

 
 

飲食業界と聞くと、レストランやカフェなどの飲食店を想像する人が多いのではないでしょうか?実際にそういった店舗を構えての仕事が多く、飲食店の中でも料理を作る調理担当と、接客をするサービス担当とに分かれます。つまり料理に興味があるという人だけではなく、料理はできないけれど接客が好きだという人でもできる仕事なのです。

 
 

ではそれ以外にどんな仕事があるのかということですが、まず挙げられるのは委託調理を行うフードサービス会社です。これは給食に多い業態で、自社工場などで調理をしたものを、依頼先に届けることで成り立っています。たくさんの保育園や学校を経営しているという会社の場合、全部の施設の給食を管理するのが難しいことがあります。そのため業務委託によって給食を作ってもらい、毎日届けてもらうようにしているのです。こういったフードサービスの仕事をする場合には、集団調理の知識が必要となります。
 
 

次に商品開発ですが、これはチェーン店などに多く見られる仕事です。季節限定などでお客様に飽きさせないような工夫をしていかなければならないので、どんな新商品を出すのかの開発専門の仕事となります。オーダーが入るたびに調理をする現場の仕事とは違い、お客様のニーズに応えられるように市場調査や研究を行いながら、試行錯誤して商品を開発していきます。
この他にも店舗開発のマーケティングや販売促進の広報など、調理をするのではなくそれをサポートする役割を担う仕事も、飲食業界には欠かせません。
 
 

転職する際におさえておくべきポイント

 
 

飲食業界への転職のポイントは、まずどんな仕事がしたいのかを決めるということです。前述したように、業界内では様々なポジションがあります。「調理師免許を持たないと飲食業界には入れない」と思っている人もいますが、実際はそのようなことはありません。作る技術がなくても、作るために必要な知識を持っていれば、マーケティングの分野で活躍もできるのです。自分のスキルに合わせて、また将来のビジョンも考えて、どんな仕事をしたいのか明確にしましょう。

 
 

次に飲食に関する知識を身につけることです。人の口に入るものを作るので、飲食業界は衛生面に特に気を付けなければなりません。流行に合わせた味付けや見た目で料理が作れれば良いというものでもないのです。現場に入る人間はもちろんのこと、そんな現場を支えたり管理したりする開発部門の人々も、料理の知識をしっかり学ぶことが大切です。
 
 

基本的に飲食の分野における学問というのは、歴史を学ぶ「食文化概論」、技術や理論を学ぶ「調理理論・製菓理論」、食に関する法律を学ぶ「衛生法規」、衛生面を学ぶ「公衆衛生学・食品衛生学」、食品について学ぶ「栄養学・食品学」という様々な学問があります。これらは調理師免許や製菓衛生師免許を取得する際の試験項目にもなるので、現場で働く上では学ぶべきポイントとなります。しかし現場に入らない人々も、これらの食の知識は基本としておさえておくことが大切です。入社してから学べることもありますが、自分で時間を作って学んでいこうという姿勢も必要だと覚えておきましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

事前に理解しておきたい注意点

 
 

飲食業界だからこそ理解しておくべき注意点がいくつかあります。まずは普段から清潔な身だしなみを心がけるということです。飲食に携わる人が、爪をのばしていたり、ネイルをしているというのはNGです。また髪型においても清潔感が出るように男性は短く切り、女性で髪が長い人はきちんと束ねます。

 
 

そして実際に調理を始めるときには、コック帽をかぶる、ネットをかぶるなどして異物混入を防ぎます。転職活動中はまだ飲食に携わっていないので、関係ないと思っている人もいるでしょう。しかし採用担当者はすでに飲食に携わっている人間なので、自然と頭髪や手元に目が行きます。そんなときに飲食に不適切な様子が見られると、良い印象を与えることはできません。今すぐ厨房に行っても良いくらいの身だしなみを心がけましょう。

 
 

次に休みはシフト制で決まることが多いということです。商品開発や広報などの店舗側の業務でない場合には、基本的に決まった日に休みがもらえる可能性が高いのですが、現場の人間の場合はシフト制になります。土日は集客が見込めるので基本的に出勤となりますし、要望通りの休みがとれないということもあるでしょう。そういった労働条件もきちんと確認しておくことが大切です。

 
 

飲食業界についてきちんと理解しておこう

 
 

職種にもよりますが、基本的に飲食業界は特別なスキルがなくても挑戦できる業界です。しかしプロとして働くためには、それなりの知識やスキルが必要になってくるので、入社後の努力が必要不可欠だと言えます。誰でも挑戦できるということは、それだけ仕事が簡単という意味ではなく、努力を積んでいかなければならないということなのです。

 
 
 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る