IT 業界(エンジニア・プログラマー)に未経験で転職するときに知っておきたいポイント

IT 業界(エンジニア・プログラマー)に未経験で転職するときに知っておきたいポイント

22view

2018.11.22

 
 
 
 

 
 
 
 

トレンドになっていて、さらに将来性も高い業界だという点でIT業界はよく注目されるようになりました。未経験の人材でも転職できるという点も魅力として転職先の業界として候補に挙げられるケースがありますが、転職する前には知っておきたいポイントがあります。スムーズに転職して成功を遂げられるように基礎知識を付けておきましょう。

 
 

IT業界に未経験で転職するのに必要なこと

 
 

他の業界に転職したいというときにIT業界はよく選ばれるようになりました。未経験でも募集している求人が豊富にあり、実際に全くエンジニアやプログラマーとして働いたことがない人も転職に成功しています。しかし、未経験で特に予備知識も持っていない人が採用されているわけではありません。ITに関する十分な知識とスキルを持っているけれど、現場での業務は未経験という人が採用されているのです。そのため、IT業界への転職に興味を持った人は、求人に応募する前に十分に準備期間を設けなければなりません。

 
 

基礎情報技術者試験などの基本的な試験に合格して資格を手に入れたり、JavaやC言語などの現場で用いられているプログラミング言語について検定試験や認定試験などを受けて合格したりするなどの努力が必要なのです。未経験でも基礎的な力があって、速やかに現場でノウハウを身につけて一人前の人材として働けるようになると見込んでもらえれば採用してもらえます。IT業界で特に重宝されているのはエンジニアとプログラマーですが、それぞれで求められているスキルにも違いがあります。どちらの職種でIT業界に入りたいかを考え、適切なスキルを磨いてから転職に挑むことが肝心です。

 
 

IT業界に転職するメリットとデメリット

 
 

IT業界を転職先の候補として選ぶのにはメリットもデメリットもあります。様々な観点がありますが、転職のしやすさという観点では上位に位置するのは確かです。資格などを手に入れてしまえば未経験でも求人が豊富にあるので採用される可能性は飛躍的に高まります。成長業界で人材不足が問題になっているので、未経験でも比較的短期間で戦力になるならすぐにでも採用したいという企業が多いのです。転職後の給料という観点でも多くの場合にはメリットがあります。専門職という影響もあって給与水準は高めだからです。残業が多い現場が多いというデメリットはありますが、その分だけ稼げると考えると給与面ではメリットが大きいでしょう。

 
 

働いた分だけスキルアップもできるので、IT業界で働いていく上で重要な経験を積めるという面もあります。将来性という観点では業界全体で見るとIT業界が廃れる可能性は当面はありません。社会基盤をなす技術となっているので、その開発や保守などの担い手であるエンジニアやプログラマーとなれば仕事に困るリスクはあまりないのです。しかし、IT業界内の個々の技術について見ると栄枯盛衰なので気をつけなければなりません。一度スキルを習得してIT業界に転職するのに成功したからといって、いつまでもそのまま漫然と働いていて大丈夫とは言えないのです。新しい技術が次々に生まれてきているため、その習得に励まないと技術職としての価値が低下していってしまいます。

 
 

将来性の高いエンジニアやプログラマーであり続けるためには常に勉強に励むことが求められるのです。それを達成できればいつまでも成果を上げ続けていくことができ、その成功の程度次第では異業界から転職した人でも管理職になれる可能性があります。努力次第で将来展望が開けていくというのはIT業界で働くメリットでしょう。努力を怠らないためにはITに関する興味が十分にあることが大切です。トレンドだからという理由で選ばずに、興味があって仕事にしていきたいことを根拠に転職するのが望ましいでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

将来性を考えるのが鍵

 
 

IT業界に未経験で転職するときには予め将来性を考えておくことが大切です。転職に成功してもすぐに廃れてしまう技術しか持っていないのであれば、わずか数年のうちに仕事を失ってしまうリスクがあります。向こう五年から十年程度を見据えて、このスキルを持っていれば大丈夫と考えられるものを選んで学び、資格などを取得して転職するのが賢明です。その見極めを誤ってしまうと転職してから新しいスキルの習得に苦労してしまいがちになります。

 
 

安定して働けるようになるまでには3年前後はかかるのが一般的なので、それから次のスキルアップを考えても十分に働いていけるようにスキルを選ぶことが重要なのです。トレンドになっているスキルなら転職はしやすいですが、将来性が十分であるとは限りません。数年後の状況を考えて、問題なく必要とされるスキルだと確信を持ってから勉強を始めましょう。

 
 

未経験でIT業界に転職するなら将来性を重視しよう

 
 

未経験の人を受け入れているのはIT業界の魅力ですが、資格などを持っていて基本的な知識やスキルを持っていることは前提条件になります。将来性の高いエンジニアやプログラマーとなるためには、転職後も勉強を続ける必要もあるのは事実です。ITに十分な興味があって、努力を続けていける人にとっては大きなメリットのある転職になるでしょう。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る