どん底でも大丈夫!人生のどん底から這い上がる方法10選

どん底でも大丈夫!人生のどん底から這い上がる方法10選

34view

2018.10.16

 
 
 
 

 
 
 
 
長い人生、時には人生のどん底を感じてしまうときもあるでしょう。そしてどん底から這い上がることができず、例えば自殺などの悲しい結果を呼んでしまうケースも見られます。
一生に一回きりの人生、どん底のまま終わっては勿体ないものです。
人生のどん底から這い上がるにはどのような方法があるのでしょうか。対策や心の持ち方などを紹介します。

 
 

今が底であれば、必ず状況は今よりも良くなると考える

 
 

人生のどん底は、永遠に続くものではないはずです。そして、今が底であれば、状況は上がっていくしかないはずだと考えてみましょう。底であれば、もうこれ以上悪いことは起こらないのです。きっと良い方向に少しずつでも向かうはずだと考えることで、気持ちが楽になるのではないでしょうか。
実際に、人生は悪いこと続きではありません。この先、きっと明るい道も見えてくるのだと信じることが大切です。

 
 

どん底から這い上がって幸せをつかんだ人の実例を知って励みにする

 
 

例えば芸能人やアスリートなどで、凄まじい貧乏生活や借金、病気などから這い上がって、現在幸せな生活をしている人がいます。そういう人を見ていると、辛いときに励みになり、自分も同じように頑張れる気がするものです。
人生のどん底から這い上がる方法として、同じように大変な境遇から立ち上がった人の実例を心のよりどころにしてみてはどうでしょうか。

 
 

自分だけ不幸だと思わない。人と比較しない

 
 

人生のどん底にいるとして、自分だけがこんなに不幸だと思ってしまうとますますどん底に感じてしまいます。そうではなく、「同じように苦労している人はたくさんいる」「もっと辛い目に遭っていて、それでも頑張っている人だっているのだ」と捉えれば、孤独を感じずに済むでしょう。
人と比較すると、嫉妬心が生まれがちです。羨ましいという気持ちはさらに自分を苦しめてしまいます。人と比べず、「みんなそれぞれいろいろ抱えていて大変なのだ」と考えるようにしましょう。

 
 

一人ではないはず。家族や友人など心許せる人を思い浮かべて

 
 

人は一人では生きていけません。たとえ両親がいない人でも、心を許せる親友や恋人など、誰か自分を理解してくれる人が一人くらいはいるのではないでしょうか。
人生のどん底に立ったときには、信頼のおける大切な人を思い浮かべましょう。そしてその人に頼っても良いのです。誰も頼らずに死んでしまうと、友人や家族もやり切れません。
辛い時は、心許せる相手を頼りましょう。

 
 

 
 

 
 

今は修行の時期。成長するための試練だと捉えよう

 
 

人生のどん底を、修行だと考える捉え方もあります。精神的に参っているときには、なかなかそんなふうに考える余裕はないかもしれませんが、どん底生活を乗り越えたら大きく成長できることは間違いありません。乗り越えた先には、強くて人に優しくなれる自分がいるはずです。
ピンチはチャンスだという発想を持って、試練に挑んでみましょう。

 
 

自分はこの試練を乗り越えられるだけの力があると信じよう

 
 

人生のどん底から這い上がる方法として、自分の力を信じることが何より大切と言えます。
人によって苦労の種類もさまざまですが、その苦労を乗り越えるだけの強さやパワーが自分にはあるはずだと信じてみるのです。そうすると、不思議なことに沸々と力が沸いてくるような気がしませんか?
火事場の馬鹿力ということわざがありますが、まさにその通りで人間には生命力が備わっています。自分を信じて頑張ってみましょう。

どんなときにも自分を責めないこと

 
 

人生のどん底を感じて命を絶ってしまう人は、自分を責めているケースが多いです。
何かが起こったときに、後悔して自分を責めても仕方がありません。なるようにしてなったことなので、自分を責めても状況は変わらないですし、余計にみじめになるだけです。
人生のどん底から這い上がる方法として、自分を責めないこと。これを忘れないようにしたいものです。

 
 

自分が大好きな物を食べよう

 
 

例えばとても辛いことがあって食欲が落ちていたとしても、自分の大好物の物なら食べられるような気がしませんか?そして人間は、好物を食べているとき、幸せホルモンが分泌されるのです。
人生のどん底を感じたときは、何もする気がなくても食事だけは大好きな物を食べるようにしてみましょう。肉やケーキ、メロンパンなど、大好きな物を食べれば、心が少し穏やかになるはずです。

 
 

人生改革をするべく環境を思い切って変えてみる

 
 

人生のどん底にいる人は、その環境に問題があるケースも見られます。可能であるならば、思い切って環境をガラリと変えてみましょう。環境が変われば、今の辛い状況から解放されるかもしれません。
人生改革をする勇気を持つことも、人生のどん底から這い上がる方法のひとつです。

 
 

今まで精いっぱい生きてきた自分を褒めよう

 
 

今の生活をどん底だと感じるのが何歳の時かは人にとって異なりますが、誰しもそれまで人生を精いっぱい生きてきたわけです。その中には、今ほどではなくともいろいろな壁や挫折を乗り越えてきたことがあったのではないでしょうか。
人生のどん底を感じた時こそ、自分を褒めてあげましょう。成長しながら生きてきたこと、頑張ったことを思い返して、「よくやったね」と褒めてやるのです。そうすると、まだ頑張って生きていけるように感じます。
自分を褒めること、自分を認めることは、人生のどん底から這い上がるために重要です。

 
 

 
 

 
 

人生のどん底はマイナスばかりではない!どん底から這い上がって、優しく強い人になりましょう

 
 

人生のどん底は、ある日突然訪れるかもしれません。そのときに、どうするかは自分次第です。
このように、人生のどん底から這い上がる方法や考え方はいろいろとあります。試行錯誤して、自分なりの方法で試練を乗り越えたいものです。
どん底を知った人は、他人に対しても優しくなれることでしょう。人生のどん底は、何もマイナスばかりではないのです。

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る