人生に疲れた時の年代別対処法について

人生に疲れた時の年代別対処法について

105view

2018.09.15

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

仕事や日常生活などのトラブルで、人生に疲れを感じてしまうことは多々あります。そのままにしていても疲れは蓄積してしまうため、無力感や疲労感で何もやる気力が出てこないことも多いです。
このような問題を解決するために、年代別の対処法を知っておきましょう。今回はどのようにすれば、人生の疲れを解消していけるか紹介します。

 
 

20代は気持ちを整理してチャレンジしよう

 
 

20代の間は誰でもこなせるような仕事しか回ってこないことも多く、理想と現実にギャップから疲れを感じてしまうことがあります。しかし、誰でもできるような仕事こそ、一生懸命こなすことを心がけましょう。そのうち実績がしっかりと評価されて、新しい仕事につながるチャンスが訪れます。
また、20代のうちは余計なことを考えすぎて気持ちが落ち込んでしまうことも多いです。気持ちをリセットするためにも、机の上を定期的に整理してみましょう。いらないと思ったものは捨てて、快適な空間をつくることをおすすめします。

 
 

新しい刺激をみつけるのが大事な30代

 
 

疲れが抜けなくて楽しみもないという30代の方は、新しいことにチャレンジしてみましょう。仕事に慣れてくる30代になると、同じことを繰り返す変化のない日々に飽きてしまうことがあります。刺激がない毎日を過ごしていると、これまで興味があったことへの関心も薄くなりやすいです。
 
 

例えばこれまで休日は家で過ごしていたという方は、旅行に行ってみましょう。目的地などは特に決めずに気になった駅で降りるなど、偶然の出会いを楽しむと刺激になります。また、疲れが抜けないようならば思い切って休養するのも大事です。30代になると親戚の不幸などいろいろな不幸が重なることもあるので、疲れきってダウンする前に休みましょう。20代のころのように体力や気力だけでは乗り切れないことを覚えておくのも大切です。もし休んでも体の重さがなくならないという方は、カウンセリングに行ってみましょう。

 
 

休息をとるのが大事な40代

 
 

40代になると責任感がある仕事を任されるようになり、プレッシャーを感じることも増えます。仕事だけでなく健康や家族のことなど不安を感じる要素は多くなり、これまで感じたことがない疲れから動けなくなることもあります。また、幸せなはずなのにあせりを感じている人も多いです。
このような方は、たまには自分を甘やかす時間を作りましょう。さまざまなプレッシャーから義務感を感じていると心の疲れがどんどん蓄積していくので、ストレスをうまく解消していくのが大切です。まじめな人ほどエネルギー切れとなってしまうので、時間を作って好きなことを楽しむことを心がけましょう。会社と相談して長めの有給休暇を取得するのもおすすめの方法です。

 
 

50代になったら新しい楽しみを探してみよう

 
 

50代をどのように過ごすかによって、その後の人生は大きく変化していきます。定年退職も近くなるので、第二の人生のことを考え始める時です。また仕事以外でも子どもの進学や親の介護など、いろいろな問題も生まれてきます。この問題が山積みになったままだと疲れはたまるだけなので、気分転換になることを始めてみましょう。
 
 

これまで経験したことがない分野の習い事を始めてみるのもおすすめです。料理を学んだり、やったことがないスポーツをすると気持ちをリセットできます。好きな習い事がみつかれば、仕事を退職した後も学び続けてみましょう。いくつになってもいろいろな選択肢があった方が、気持ち的にも安定します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

年代を問わず実践できる対処法

 
 

何歳になっても有効な人生に疲れた時の対処法が存在するので、覚えておきましょう。まず誰かと話をするなどコミュニケーションをとるのは大事です。疲れの原因など悩んでいることを直接話さなくても、最近の趣味など些細なことで問題ないです。話の内容よりも人とつながっていることで安心感が得られ、冷静な気持ちを取り戻せます。次に余裕があるならば本を読むこともおすすめの方法です。心の持ち方や生きるヒントなどを取り扱った本は数多くあるので、新しい価値観を得ることができます。著者がセミナーなどを開催していることもあるので、参加して話を聞いたり質問してみるのもおすすめです。

 
 

この他、眠ることは疲れを癒すために重要なポイントです。体を休めるだけでなく体や心を充電するためにも眠ることは大事なので、疲れているなと思ったら意識的に休みましょう。悩みがある時はすぐに眠れないかもしれませんが、少しでも横になって目をつぶると休息になります。仕事中も昼寝ができれば気持ちのリセットにつながりますが、難しい時は外で深呼吸するだけでも気持ちが落ち着きます。年代別の対処法とこのような対策を知っておき、動けなくなってしまう前に疲れを癒しましょう。
 
 

疲れで動けなくなる前に対処しよう

 
 

今回紹介したように年代によって人生の疲れを感じる原因は違います。基本的には疲れを解消するためにゆっくりと休息をとりましょう。
そして、何が原因で疲れを感じているのか、考えることから始めてみましょう。原因にあわせた対策法で、ストレスを解消するのが大事です。気持ちを切り替えできれば、これからの生き方がみえやすくなります。

 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る