会社に行きたくない時の休む理由として使える方法10選

会社に行きたくない時の休む理由として使える方法10選

12view

2019.01.07

 
 
 
 

 
 
 
 

「会社に行きたくない」、誰もがそう感じることがあると思います。職場での人間関係、多忙、ストレスをため込みすぎると、うつ病や睡眠障害を発症する恐れもあります。無理がたたって、急に倒れてしまうこともあるでしょう。そうすると、自分の健康を害するだけでなく、かえって会社に迷惑をかけることにもなりかねません。どうしても会社に行きたくない時は、「休む理由」を活用して、心身共にリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

 
 

体調不良

 
 

一番真っ先に思いつくのが、「体調不良」を理由にして休む方法です。体調不良は、誰にでも突然起こる可能性があり、一時的な病気になったのならば、会社も指摘しづらいです。風邪や発熱が理由ならば、会社側としても、他の社員に病気をうつされる可能性があるので、無理して出勤してほしくないぐらいです。風邪以外にも、腹痛や、頭痛、嘔吐なども休む理由として使えます。体調不良で休みすぎると、体が弱い、自己管理ができない人だと思われてしまうので、頻繁に使用しない方がいいでしょう。

 
 

子どもの体調不良

 
 

当日会社を休む理由は、何も自分の体調だけではありません。自分以外の人の体調不良を休む理由にすることで、会社は体調不良を調べるすべがなく、比較的安全に休むことができるでしょう。子どもは突然病気になりやすいので、あまり怪しまれずに済むます。リアリティーを出すために、「子どもを病院に連れて行く」ということや、具体的な病状を考えておきましょう。子どもの怪我が原因で休むという手もありますが、口裏合わせをしないとバレる可能性があります。

 
 

ぎっくり腰

 
 

体のどこかが痛いというのも、会社を休むのには十分な理由です。しかし、会社を休みたい時にちょうどよく体が痛くなるということはありませんし、場合によっては会社にバレてしまうでしょう。しかし、腰痛は、重い物を持ったり、朝起き上がろうとした時に突然起こる可能性があるので、会社を休む理由として使いやすいです。ぎっくり腰ならば、まともに動けないので、上司も「無理してでも会社に来い」とは言いづらいです。腰痛はじっくり休めば一日で容態がよくなることもあるので、次の日「腰痛が治りました」と言っても、怪しまれる可能性が低いでしょう。

 
 

知り合いの結婚式

 
 

働いていると、参加が厳しい日程もありますし、会社によっては冠婚葬祭の特別休暇が認めれらている所もあるので、結婚式は休む理由に使えます。しかし、結婚式が行われるのは土日が多いので、注意が必要です。平日に行われるケースもありますが、疑われる可能性が高くなります。土日の前後に休む場合は、遠方の結婚式に参加するので、移動するのに時間がかかるなど、理由を考えましょう。会社がとても忙しくて、休まれて困る時は欠勤が許されない場合もあるので、どうしても休みたい場合は別の方法を使ってみましょう。

 
 

 
 

 
 

家族の介護

 
 

子どもがいなくても、家族と一緒に同居しているなら、家族の体調不良や介護を理由にして休むという方法もあります。一緒に住んでいなくても、「田舎の親が急に倒れてしまったので、看護の為に明日は休ませてください」といった方法も使えます。田舎や出張しているなど、現在住んでいる所から距離が離れているということを主張すれば、前日に休みを取りやすくなるでしょう。風邪だと、別に介護の必要がないと思われますし、重症すぎると、長期の介護が必要ではないのかと疑われてしまいます。「急に具合が悪くなったので、病院に付き添いたい」といった、怪しまれないような理由を考えましょう。

 
 

大雨、台風、大雪などの災害

 
 

大雨、台風、大雪などの災害に見舞われ、「通勤手段がないので休みます」といった方法も休む理由として使えます。しかし、実際にそういう状況にならないと、この方法は使えません。ニュースを見れば、天気やダイヤが乱れるなどのアクシデントが放送されているので、バレてしまう可能性があります。実際に災害や天気が大荒れの時のみ使いましょう。場合によっては、時間が経過することにより通勤が可能になることもあるので、休むときは天気予報や、バスや電車の運行情報や遅延情報を確認する必要があります。

 
 

インフルエンザ

 
 

インフルエンザは感染防止のために、会社を休める可能性が高いですし、上手く行けば1日だけでなく、一週間ぐらい休むこともできるでしょう。しかし、この理由が使えるのは、インフルエンザが流行する季節に限られるので注意しましょう。仮病を使う場合、「ちょっと」「少し」などの単語を使うと、それぐらいなら出勤できるんじゃないかと思われてしまいます。しかし、インフルエンザなら、発病から5日間経過し、解熱後2日間経過しない内は、感染力が高く危険なので、会社からバッチリお休みを貰えるでしょう。しかし、嘘がバレてしまうと大変なので、この休む理由を使う場合は、十分な覚悟が必要です。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

トラブルに見舞われる

 
 

急なトラブルに見舞われた場合、会社を休まなければいけないこともあります。事故や事件に巻き込まれたからという理由で会社を休む場合は、事故や事件の内容をきちんと考えて言い訳をしましょう。事故や事件の規模が大きいと、後で上司や同僚に話を聞かれることもあるので、辻褄を合わせることが大事です。他には、「車が故障して通勤できない」、「重要な物がたくさん入っている財布を無くした」等のトラブルも休む理由に使えます。上司に話の矛盾点を突っ込まれることもあるので、反論できるように話を練っておきましょう。

 
 

両親が実家から来る

 
 

両親が実家から来るというのも、一つの理由になります。この理由は、会社から家族に話がいかない、家族が口裏を合わせてくれるなどの協力があれば、休む理由として使いやすいでしょう。葬式や法事で休む場合は、会社が事実確認することもありますし、バレた時が非常にリスキーなので、使いにくいです。しかし、両親が実家から来る、両親に付き合えと言われたという理由なら、会社も無理に調べたりしないでしょう。いつも仕事で構ってあげられないとか、それっぽい一言をそえると、休みを取れる可能性がアップします。

 
 

病院を受診

 
 

病院を受診したいというのも休む理由として使えます。明日休みたいという場合は、会社で具合が悪い演技をすると、真実味を帯びます。怪我だとバレてしまう可能性が高いので、病気を疑わせる内臓系の体調不良がおススメです。人間ドックや精密検査を受ける医療機関は、土日が休診日の場合が多いので、平日に休む理由としてはふさわしいものになります。会社の健康診断ではどうしてもチェックしきれない病気もあるので、自治体で行っている検査を利用したいというのは、今回紹介した会社 行きたくない時に休む理由10選の中でも使いやすいでしょう。

 
 

休みを貰えた後も慎重に行動しよう

 
 

会社を休むときに一番大事なのは、嘘がバレないことです。誰かにバレた時点で信用を失ってしまう可能性があるでしょう。しかし、会社のことを考えただけで、深く落ち込んだり、体調不良を起こすのは危険です。ストレスにより体が悲鳴をあげている可能性があり、このまま無理して働いていると取り返しのつかないことになりかねません。本当に辛いときには、病院を受診したり、仮病をしてみましょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る