【参考】どんな時に?何をすると?会社を解雇される理由とは

【参考】どんな時に?何をすると?会社を解雇される理由とは

306view

2018.09.02

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

会社を解雇される理由は様々ですが、出来れば解雇されずに社会人生活を送りたいですよね。ただ、現実は厳しいもので解雇される人を何人も見送るのは珍しいことではありません。そんな悲しい現実を目にした時、どうすれば自分は会社に残れるか考えないといけません。そうすれば普段の振る舞いや勤務態度を改善できて社会人として成長できます。

 
 

仕事ができない

 
 

会社を解雇される理由として第一に挙げられるのは、仕事ができない場合です。勤務態度が良くて、残念ながらケアレスミスが続くという場合は大目に見られたりチャンスの数も多いですが、勤務態度が悪いにも関わらずミスを連発する場合は早期に解雇されてしまう可能性が高いです。会社はボランティア集団ではなく利益を求め続ける集団なので、ミスばかりで仕事ができない人間は存在価値がないのです。ミスをすると取引先のお客様に迷惑をかけますし、同僚も余計な仕事が増えてしまいます。
 
 

すると会社の評判が下がったり人件費がかかって、最終的には会社存続の問題となってきます。もちろん、一回や二回のミスで即解雇というのは通常あり得ないですが、誰にでも我慢の限界があると肝に銘じて仕事をしなければいけません。

 
 
毎日ミスばかりではいけませんが、成長している姿を上司に見せると評価は変わってきます。基本的なことができなかったけど今はできるようになった、いつも時間がかかっている作業が早くなったなどの成長があれば良いです。評価は常に変動し、先月までは解雇の第一候補だったのに今は出世候補という事態もあり得ます。仕事ができなくてミスばかりでも落ち込んで塞ぎ込むのではなく、ポジティブな気持ちで毎日を過ごしたいですね。

 
 

社会人としてだらしない

 
 

社会人としてだらしがない場合も会社を解雇される理由となり得ます。もちろん、単にだらしがないという理由だけでは不当解雇になる可能性がありますが、だらしなさは決して高評価にはなりません。

 
 
特に、恋愛やお金使いに関してだらしないのはいけません。結婚している相手と恋愛する不倫や、ギャンブルに熱中して何十万円と浪費すると生活が破たんします。社外での不倫であれば一見会社と関係ないように思えますが、裁判沙汰で精神面が乱れれば仕事のパフォーマンスにも影響しかねません。社内恋愛は直接的なトラブルになる場合が多く、規則で禁止している会社も多いです。

 
 

もちろん規則を破れば何らかの罰が下されますし、社内の空気が悪くなって最悪の場合恋愛をしているカップルが同時に退職するかもしれません。何にせよ、社内恋愛の噂が立つと職場全体が浮足立ってパフォーマンスに悪影響を及ぼしたり、交際相手を優遇するような不自然な起用が発生する場合があるので問題なのです。
 
 

ギャンブルなどで浪費癖があると、生活費が厳しくなって食事の奢りを求めたり直接的にお金を同僚から借りようとするなど不誠実な行動が目立ってきます。一回や二回であれば許されるかもしれませんが、何回も続くと人としての信用を失ってしまいます。人としての信用を失った人間が会社に残れる可能性は低いのです。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

会社側の問題

 
 

これまで会社を解雇される理由として雇用される側の問題を挙げてきましたが、会社側の問題で解雇される可能性があります。
会社側の問題としては、まず業績の悪化です。倒産であれば元も子もないですが、業績が悪化すると人件費を削減するしかありません。中には人材を切らずに立て直そうとする場合もありますが、会社側からすると人材を切るのが一番簡単なコストカットなのです。業績が悪化して解雇される訳なので、抗議してもあまり意味がなく受け入れるしかありません。会社に残るような人材になるには、やはり普段から常に努力して成果を残し続けるしかないのです。
 
 

そして、会社が吸収や合併した場合も危険です。不景気であればあるほど会社同士が手を取り合うケースが増えるので常に安心はできません。吸収や合併をすれば、会社のルールが大きく変わって人材の動きも活発化します。基本的には、在籍する社員が守られるような体制になるのですが、完全に不必要になったことをそのまま続ける義務はありません。部門を廃止して人材を他の部門に回すにしても、飽和状態になれば逆に仕事がスムーズにできなくなるので解雇するしかありません。
 
 
残念ではありますが、不祥事を起こして解雇という可能性も否定できないです。会社が不祥事を起こせば取引先は見限って契約の解除に踏み切ります。そうなると経営が苦しくなって解雇するのです。業績が悪化してなくても、不祥事という会社の裏切りがあれば窮地に立たされます。

 
 

日々成長あるのみ

 
 

会社を解雇される理由は、自分が悪い場合と自分がコントロールできない部分があると分かりました。解雇が嫌でも、極論を言えばいつ会社を去ることになってもおかしくないのが社会の厳しさです。
なので、慢心せずに資格取得など日々成長する姿勢が重要になってきます。そうすれば社内での評価も上がりますし、解雇になってもすぐ次の会社で活躍できるからです。

 
 

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る