高卒で転職したいときに押さえておくべきポイント

高卒で転職したいときに押さえておくべきポイント

15view

2018.11.04

 
 
 
 

 
 
 
 

学歴的に不利な高卒は就職のときにも候補が少なくて苦労しがちですが、転職活動がうまくいかないという悩みを抱くことも珍しくありません。どのような対策を立てると高卒でも理想的な転職先を見つけられる可能性が高まるのでしょうか。なぜ転職活動がうまくいかないのかを理解し、必要なポイントを押さえて転職活動をしていきましょう。

 
 

高卒の転職活動が難航する理由

 
 

高卒の人の場合に転職活動がうまくいかない理由として日本は未だに学歴主義の世界だからというのは最もわかりやすいでしょう。求人を見てみると大卒以上というのを条件にしているものが多くなっています。これは高校を卒業してから数年間だけ有効というわけではなく、30代や40代になったとしても適用されてしまう条件です。このような線引きが行われているのには二つの理由があります。

 
 

一つ目は企業として学歴がある程度あれば能力的に低いリスクが低減されるからというものです。高卒で就職した理由はケースバイケースですが、勉強しようという意欲がない、大学進学できるほどの学力がないといった理由だったケースもあります。家庭の事情で就職せざるを得なかった、能力的に十分だからこそ高卒で就職して働いている、工業高校などで専門的な能力を手に入れたから就職したといったケースもあるのは確かでしょう。

 
 

しかし、企業としては簡単にその判断をすることはできません。優秀でない人材を雇用してしまうのは企業にとっては大きな損失となるため、リスクを取らないという考え方で大卒以上を選んでいます。二つ目の理由は社内での立場を考慮してのことです。大卒以上の人から見ると高卒の人は劣っているという学歴主義の考え方は未だに日本社会の中に根付いています。大卒以上の社員が多い現場に高卒の社員が入ってきたときに、理不尽な差別が行われてしまうリスクがないわけではありません。企業としてはそのようなトラブルが起こらないように配慮して高卒を採用しないという方針を取っている場合があります。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

転職先をよく検討するのが大切

 
 

高卒が転職活動に失敗しないためには、高卒も積極的に受け入れようという意識が強い業界や企業をよく検討して選び出すことが大切です。全体的な傾向として大手企業では大卒以上という線引きをする傾向があります。これは人気があるので学歴で線引きをしてしまっても候補者を十分に確保できるという面もあるのは確かです。

 
 

しかし、大勢の社員を抱えているので学歴主義の人も多かれ少なかれいる可能性が高く、現場でのトラブルを起こさないという意図も強くなっています。一方、中小企業やベンチャー企業の場合には状況が異なります。中小企業では人材が不足しているケースが多く、戦力になるなら高卒でも採用したいという傾向が強いでしょう。ベンチャー企業の場合には戦力になるかどうかが最優先で、学歴は気にしないということが多々あります。

 
 

このように企業規模や企業としての性質の違いによって高卒が転職しやすい企業かどうかが違うのは覚えておきましょう。一方、業界による違いも大きく、成長業界や新参の業界では学歴を気にせずに採用する傾向があります。IT業界は代表例で、高卒でエンジニアとして活躍している人も少なくありません。また、資格の影響を受ける業界も同様で、医療や介護の場合には特に経験者なら高卒でも積極的な採用が行われています。人材不足になっている業界も同様で、タクシー業界や運輸業界などが代表例でしょう。このような観点から転職先を絞り込むと採用されやすい求人を見つけ出すことができます。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

若いうちなら体力やポテンシャルもアピール可能

 
 
高卒でまだ20代程度というのであれば転職活動の際にアピールするポイントを見直すのも大切です。今までのキャリアを生かして転職したいという場合であっても、若さをアピールポイントにするだけで状況は一転する可能性があります。若手を確保するのは企業にとって重要な点だからです。体力が十分にあって伸びしろも大きく、成長させれば長く働いてくれるというのが若手のメリットです。

 
 

その点をアピールしていくことで高卒がむしろ歓迎される可能性があります。十分にポテンシャルがあって、転職したら定年まで働き続けようという意志が強いことが重要です。これから一から学ぶ意欲があるという点をアピールしても良いでしょう。業界や職種に高い興味を持っていて、自分から学ぶ姿勢があるというのは高卒を採用する上で重要な判断基準になっています。体力が必要とされる仕事の方が有利になりやすいものの、他の仕事であっても堅実に努力を続けるには体力が必要なので、職種を厳しく限定する必要はありません。

 
 

転職活動がうまくいかない高卒は対策が必要

 
 

高卒は転職で不利に扱われてしまうのは確かですが、業界や企業の規模を考えて志望先を絞り込めば転職に成功できる可能性は十分にあります。成長業界や資格を必要とする業界の中小企業やベンチャー企業を狙うのが効果的です。まだ若いなら若さを武器にして転職するのも効果的です。学ぶ意欲があって体力も十分だということをアピールしましょう。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る