転職サイトよりアプリの方が便利?求人検索型アプリの選び方

転職サイトよりアプリの方が便利?求人検索型アプリの選び方

35view

2018.06.19

転職アプリは大きく分けて「求人検索型」「転職支援型」の2種類

転職サイトはスマホ向けに「転職アプリ」をリリースしています。リクルートエージェントやMIIDASなど、大手の転職サイトであればほぼアプリを提供しているといってもいいでしょう。

ブラウザ経由で使う転職サイトよりも、スマホで使うことに特化したアプリの方が使いやすいです。情報の閲覧性は高いですし、動作もキビキビしています。

うまく使うことであなたの転職を強力にバックアップしてくれるでしょう。そんな転職アプリには、大きく分けると「求人検索型アプリ」と「転職支援型アプリ」の2種類が存在します。

求人検索型アプリとは

求人検索型アプリは最も一般的な転職アプリです。自分の条件に合致する求人情報を効率的に検索することができます。また、転職エージェントからオファーがくる「スカウト機能」が搭載されているアプリも多いです。

求人検索型アプリは数が多く、質も玉石混交です。どれが最も自分に合うかわかりづらいという側面もあります。この記事では求人検索型アプリの選び方も紹介しているので参考にしてください。

転職支援型アプリとは

自分の履歴書や職務経歴書を作ったり、アピールポイントをまとめたりと、転職を間接的に支援するタイプのアプリです。履歴書作成は思った以上に時間がかかるものです。

アプリのサポートを使えば作成時間を短くできるだけでなく、自己アピールでよく使われる文章を流用できるため、簡単に見栄えのいい履歴書を作れます。

また、転職に欠かせない面接対策も転職支援型アプリならお手の物。転職の面接時によく聞かれる質問集がメインのコンテンツです。アプリの中には質問が音声で発せられるものもあり、事前に面接のシミュレーションまで可能。仕事自体には自信があるけれど、面接には自信がなくて転職を躊躇している人におすすめです。

転職が加速する求人検索型アプリの選び方3箇条

転職アプリで最も代表的なのは「求人検索型アプリ」です。アプリだけでも数十種類以上あり、どれを選んだらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。ここでは求人検索型アプリの選び方3箇条をご紹介します。

選び方1 転職したい分野の求人数や質で選ぶ

大手の転職アプリの求人数は非常に多いです。しかし、もし10,000件以上の求人が掲載されていても、自分が転職したい分野の企業が1つもなければ使い物になりません。小規模アプリの中には「マスコミ」「通信系」「金融系」など分野に特化したものもあります。

自分が転職したい分野の求人数・質の高さを重視するべきです。総求人数の多さだけで求人検索型アプリを選ばないようにしてください。

選び方2 スカウト機能があるアプリを選ぶ

自分の基礎情報を登録しただけで転職エージェントから声がかかる「スカウト機能」は、うまく使うと転職活動が大幅に有利になります。

特に高学歴・高難度の資格保有者や、大企業や官公庁に勤務している人は絶対にスカウト機能を利用するべきです。非公開型の求人を転職エージェントがオファーしてくれる可能性が高くなります。

選び方3 非公開型求人数で選ぶ

一般に公開されている求人(オープン型)に対して、非公開型(クローズド型)の求人も存在します。非公開型求人はオープン型求人に比べて、年収などの条件がいい傾向にあります。なぜ非公開型求人は条件がいいのでしょうか?

条件がいい求人に対してはどうしても応募が殺到してしまいます。人事採用担当者が、多くの応募から採用条件に合致する人材を見つけるのは、非常に時間がかかってしまいます。そのため、いい条件の求人は非公開にして、一部の転職エージェント経由で良質な人材をスカウトする仕組みが整っているのです。

非公開型求人が多い転職アプリであれば、スカウトオファーによっていい条件の転職ができる可能性が高まるでしょう。

今すぐ転職アプリを試してみよう

以上、求人検索型アプリの効果的な選び方の3箇条をご紹介しました。どのアプリを使うかは、転職の成功率に直結します。自分にあう転職サイトのアプリを使って、今よりももっと良い条件の求人を見つけましょう!

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る