長崎は転職して正社員として働きたい女性事務職にとって魅力的

長崎は転職して正社員として働きたい女性事務職にとって魅力的

57view

2019.01.17

 
 
 
 

 
 
 
 

長崎は九州地方の北西部に位置し大阪や東京などの、大都市圏からは離れています。それでも様々な企業が立地しており、環境の良さもあってUターン・Iターン希望者が増えています。但し地域の特性を知っておかないと、希望通りの転職が出来ないこともあります。この記事では長崎の地域性を紹介しつつ、転職で失敗しないコツなどを紹介します。

 
 

長崎の雇用状況

 
 

県庁所在地の長崎市には約45万人が暮らしており、主要駅の長崎駅エリアを中心に経済圏が広がります。食品関係から医療機器関係まで、幅広い業種の企業が立地しています。そして沿岸エリアでは、水産物を利用した第一次産業が盛んです。長崎県の2016年度の年収は400万円弱で、全国平均よりも20万円ほど低くなっています。それでも物価水準を考慮すれば、けして低い生活水準ではありません。
 
 

長崎はリーマンショックの影響が小さく、年収に関しては殆ど変動がありません。即ち手堅い仕事の会社が多く、仕事量も安定していると言えます。それは有効求人倍率にも現れており、2016年度では1.15と全国ランキング42位の低さです。これは雇用状況が安定している証拠であり、離職率の低さを意味しています。こうした事実が、UターンやIターン転職を難しくしている要因です。

 
 

Uターン・Iターンの実情

 
 

長崎は九州の主要都市圏である福岡に近いものの、東京や大阪等の大都市圏からは離れています。それでも様々な企業が立地しており、転職先としても有望なエリアの一つです。実際、UターンやIターン移住者が増加しており、ハローワークなどにも毎日多くの問い合わせがあります。但し地方転職ならではの難しさもあり、長続きしないケースも少なくありません。大切なことは自分が長崎への転職に適しているかどうか、事前によく考えておくことです。
 
 

長崎出身のUターン組には、大都市の職場環境が合わないという理由で戻るパターンが殆どです。中には就職先を決めないまま、戻ってくるケースも少なくありません。有名企業で勤めた経験があれば、どこでも就職できると安易に考えるからです。長崎にも大都市並みの年収が得られる、有名企業は多数あります。だからといって、Uターン組が簡単に転職先を見つけられるほど、現実は甘くはありません。かつての就労待遇にこだわっている限り、時間や労力、そして貯金を消費し続ける結果となります。

 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

転職エージェントのメリット

 
 

妥協して異業種に転職したとしても、やり甲斐を感じられないなどの問題が起こるものです。このようなミスマッチングを避けるには、転職エージェントや就労コンサルタントなどに相談することが良いと言えます。年収は必ずしも大都市並にはなりませんが、希望する職種や業界を紹介してもらえます。勿論、長崎では希望通りの年収で、やり甲斐を感じながら働いているケースは沢山あります。
 
 

長崎では沢山の女性が正社員として働いており、企業事務においても欠かせない戦力になっています。その他、医療や福祉関係などUターン・Iターンの女性が活躍できる職場は沢山あります。就労環境としても大都会のような、慌ただしい雰囲気とは無縁な職場が多いのも事実です。至るところに自然が残っており、緑豊かな暮らしが送れるものも魅力です。転職エージェントや就労コンサルタントに相談することで、こうした就労環境についてもアドバイスを受けることができます。

 
 

長崎は転職先として魅力的

 
 

長崎はUターン・Iターン転職が難しい面がありますが、転職に成功できればメリットが大きいエリアです。大都市に比べて生活費がはるかに安いので、少ない年収でも生活水準を落とさなくて済みます。アパートや賃貸マンションの家賃が安く、希望の広さの部屋に住めるのも魅力です。そして、女性が働きやすい環境が整っているのが、大きなメリットです。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る