新潟の転職事情と40代で正社員を目指すためのポイントまとめ

新潟の転職事情と40代で正社員を目指すためのポイントまとめ

59view

2018.12.12

 
 
 
 

 
 
 
 

事務職は全国的に人気の職種です。新潟でも同様で、事務職を目指す方は多く居ます。県内で転職を希望する方も多く、事務職は業種に関わらず常に人気を集めています。40代で正社員の転職を目指す方というのは現代において珍しくありませんが、20代や30代と比べるとハードルは高くなりがちです。そこでここでは、40代の事務正社員の転職を成功させるためのポイントと併せて、新潟の転職事情をご紹介します。

 
 

新潟の転職事情

 
 

新潟で転職する前に知っておきたいのが平均年収です。男性は約400万円、女性は約300万円とされています。他の地域と比べるとやや低い水準となっています。転職する際はこの点に留意し、応募先求人の給与を確認しましょう。ただし、全ての企業がこの給与というわけではありません。中には、上場企業や優良企業もあるので、給与が高く待遇も良い働き先もあります。転職で給与や待遇アップを目指している方は、これらの企業を中心に応募状況を確認しましょう。
 
 

新潟県は広大な土地を有している土地です。このため、経済圏も分かれています。主な経済圏は8つで、いずれも平均的な求人倍率となっています。転職市場はこれらの経済圏を中心に動いており、中心地に近付くほど活発化しています。地方のイメージがある新潟ですが、東証一部上場企業、東証二部上場企業、JASDAQ上場企業など活発的な働きのある企業は多くあります。企業が活発的であればあるほど、比例して転職市場も活発的になります。景気が回復傾向にある近年は求人数も多くなっており、転職がしやすい環境と言えます。

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

40代で正社員事務を成功させるためのポイントまとめ

 
 

新潟で転職をするのであれば、8つの経済圏を中心に活動を行いましょう。土地が広いので企業が点在していますが、まずは自分の住む地域から一番近い場所から探しましょう。移動は公共交通機関がありますが、場所によっては最寄り駅がないところもあるので、車やオートバイなど移動手段を用意しておくと、転職活動の場所の幅も広がります。新潟県の産業は幅広く、農業、製造業、土木建築業、小売業と様々な企業があります。転職活動の際には、希望先企業の属する業界情報をチェックするのも重要です。業界情報をしっかり収集しておくことで、自然と企業が求める人材が見えてきます。40代の転職において、情報の質と量は転職成功のための重要な鍵となります。
 
 

事務職はどの業界、企業でも人気の職種で、20代や30代の転職者で希望する方は多く居ます。企業側としてもなるべく長く勤めてくれる可能性のある若い方を積極的に採用したい、という気持ちがあります。これを覆すのはなかなか難しいですが、40代には20代30代にはない長所があります。それが、経験と知識です。前職で事務職としての経験がある場合、積極的にアピールしていきましょう。勤続年数が長ければ長いほど有利に働きます。これに加え、具体的な功績があれば積極的にアピールしていきましょう。
 
 

業界で使える知識やスキルは、資格という形で取得しておくと転職活動を有利に進めることができます。業界の幅が大きい新潟県ですが、転職希望先の業界をあらかじめ決めておき、それに類する資格や応用できる資格を取得しておくと、転職活動が効率的になります。事務職に関連したパソコン系の資格の取得もおすすめです。資格欄の記入は、短い言葉で自分の持っている知識やスキルのアピールになります。ハードルが高めな40代の事務正社員の転職では、資格の数と種類も重要な要素となってきます。

 
 

業界を絞り込んで転職活動を進めると有利

 
 
事務正社員は新潟県内でも人気の職種です。事務職とこだわって転職活動を進めると、若い方よりハードルが高い40代では逆に転職活動が思うように進まない、という場合もあります。そこで業界をあらかじめ絞っておき、他の転職者にはない資格や知識を取得しておくことで差をつけて、採用担当者の目に留まりやすくなります。計画的な転職活動をしていきましょう。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る