転職サイト「リクルートエージェント」の賢い活用法とは?

転職サイト「リクルートエージェント」の賢い活用法とは?

50view

2018.06.19

リクルートエージェントのメリット・デメリットから比較してみる

リクルートエージェントのメリット

スムーズに転職をしたいと思う方の多くが利用する転職エージェント。数多くあるため、自分に適しているエージェントを探すのは一苦労です。なかでも業界で最大手といわれている「リクルートエージェント」を使用してみたいと思っている方は多いのでは?

リクルートエージェントは使えるエージェントなのでしょうか?まずは、メリットの面からみてみましょう。

他者を圧倒する求人数

運営元のリクルートは、就職や転職する際に誰もが一度は耳にする求人誌等を発行する会社。企業と人に関わる事業を長年展開してきた会社なので、抱えている求人数も他社を圧倒するほどの数があります。さらに、偏った求人ということもなく幅広い分野の求人があるため、他では断られたような人でも紹介をしてもらえることがあります。

転職をすると考えたとき、やはり求人数が多いということは、最大のメリットになりますね。地方の求人もカバーされています。

質の良い求人も多数

優良企業側からみても、良い人材を探すためには、リクルートエージェントのような大手転職エージェントに求人依頼をすることはプラスになります。そういったこともあり、やはり登録者数の多いリクルートエージェントには、優良企業の求人も多いです。長年、企業との関わりが強いので、独自の太いパイプを持っていることもあります。

サポート体制が整っている

転職エージェントの特徴といえるのが、アドバイザーといった担当者がつくこと。リクルートエージェントでは、転職が決まるまで手厚いサポートが受けられるということもウリのひとつになっています。

実際の利用者からも、職務経歴書の書き方について細かく指導してもらえた、面接時にどのように対応したら良いのかをしっかりと教えてもらえた、といった満足の声が多数あります。
実績がある会社なので、転職に関するノウハウもしっかりとしたものを持っています。そういった点も安心材料になりますね。

リクルートエージェントのデメリット

最大手だからといって、全てが良いことばかりではありません。リクルートエージェントを選択しようと思っている方でも、デメリットについて知っておくと、さらに利用しやすくなりますよ。

質の悪い求人がある場合が

業界最大手といわれる求人数の多さを誇るリクルートエージェントですが、求人数が多いということは、なかにはブラックといわれるような、質の悪い求人も混ざっている可能性がある点は、ちょっとした心配材料でもあります。

もちろん、選ぶ際に自分の目でしっかりと選択すれば問題はありませんが、リクルートエージェント側からすれば、悪徳な企業であっても顧客のひとつに変わりありませんので、すすめてくることもあるかもしれません。

はずれの担当者にあたってしまうことも

やはり大手ということで、リクルートエージェントは登録者数も最大規模。それだけに、担当者は1人だけを担当するわけではなく、数人を1人で抱えることになります。そのため、担当者によっては放置されてしまう心配があったり、条件に合わない会社を勧められてしまったりといった可能性もあります。

もちろん、そういった担当者はまれですが、登録者数が多いということは、そういった危険性もあることは念頭に置いておいた方が良いでしょう。

リクルートエージェントの上手な活用方法

自分の希望を素直に伝える

リクルートエージェントを利用する際には、自分の条件や希望は、遠慮せずにはっきりと伝えることがまずは大切です。担当アドバイザーは熱心な人が多いので、ついつい受け身になってしまう方もいるかもしれませんが、リクルートエージェントを最大限活用するためには、受け身ではなく、自ら積極的に動くことが必要になってきます。譲れない条件や希望は、はっきりと主張しましょう。

サポートはフル活用する

リクルートエージェントでは、長年の実績を生かしたサポートを受けることができますので、それを最大限フル活用しましょう。例えば、それぞれの企業に合った面接の傾向のアドバイス、アピールポイントなどは、心強いサポートになります。

担当者からみても、やはり熱心に求職活動をしている人は応援したくなるもの。そういった点でも、積極的に行動し、担当者を味方につけることも大切なのです。

担当者は変更可能

エージェントといってもやはり人と人の関わりなので、どうしても相性の合わない担当者になってしまうことも考えられます。その場合は、担当者の変更を行うことも可能です。変更は「担当変更依頼フォーム」が用意されていますので、そちらから申し出ることになります。

もちろん、担当者が変わったことで良い求人を紹介してもらえなくなる、といった心配はありません。
いざというときは変更も視野に入れて、リクルートエージェントで転職を成功させましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る