埼玉の転職事情と40代で正社員を目指す方法

埼玉の転職事情と40代で正社員を目指す方法

102view

2019.01.03

 
 
 
 

 
 
 
 

東京にほど近い場所にある埼玉は、首都圏だけでなく地方へのアクセスが良好で土地も広いため、本社から支店まで、企業数は多くあります。このため40代でも正社員に転職できるチャンスはゼロではありません。ここでは、特に事務への正社員の転職について、埼玉の転職事情と併せてご紹介します。転職時の参考にしてみてください。

 
 

埼玉の転職事情

 
 

埼玉県は東京のベッドタウンとしての側面だけでなく、浦和レッズや西武ライオンズが所属しているスポーツの県でもあります。このため、スポーツ関連の企業も多く見られます。また、秩父鉄道や草加せんべいといった埼玉名物も多く見られ、産業から工業まで幅広く活発的な経済の場所です。埼玉で作ったものをそのまま首都圏や地方へ運ぶ機会も多く、運搬業が盛んという特徴もあります。埼玉に本社を置く運搬業者も多く、求人数もそれに伴い多くなっています。転職をするなら運搬業者を狙うと転職しやすいと言えます。
 
 

一方、埼玉県で人気の職種は、ダントツで事務です。次いで福祉関連、販売職、営業職となっています。埼玉県で事務職を狙うとなると倍率が高いので、転職をする際は企業へのアピールが重要です。自分がいかにその企業にとって有益となるか、上手くアピールすることが、転職成功のカギとなります。埼玉は長く住んでいる方も多く、介護サービスが盛んです。埼玉県内では人気の業種ですが常に人手不足なので、介護サービスの事務職の求人を狙うのも一つの手段です。ただし、埼玉は日本の経済の中心地、東京のすぐ隣にある県です。経済状況変化の影響を大きく受けやすい県なので、転職事情も時世により大きく違ってきます。市場の動きをしっかり把握した転職活動が求められるでしょう。

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

40代で事務正社員の転職を成功させるためには

 
 

先述の通り、埼玉県は事務職が圧倒的に人気の職種です。このため競争率も高く、更に正社員となるとハードルは高くなります。それでも経済が活発な土地として、20代、30代の転職の口は多いですが、40代となるとポイントを押さえた転職活動が必要となってきます。埼玉県全体で見ると、企業数は多いので、40代でも正社員になれるチャンスは地方より多くあります。転職がなかなか決まらないと諦めず、根気よく活動を続けていくことが重要です。
 
 

40代の転職で求められるのが即戦力です。20代の転職では、体力と気力といった仕事へのやる気や熱意が求められます。一方40代となると、やる気や熱意ではなく、企業への貢献度の高さが重要視されます。その指針の一つが、即戦力です。前職で事務経験があるという方は即戦力として評価されやすいですが、事務経験が全くない場合、パソコンスキルや各種資格で技術と知識のアピールをする必要があります。事務経験がない方は、転職する前に各種資格を取得しておきましょう。業界専用の資格があると更に強力なアピールができます。これは事務経験の有無を問わず資格を取得しておくと、転職活動を有利に進められます。
 
 

正社員の事務として転職活動を成功させるには、情報量を増やすことも大切です。企業情報だけでなく、業界全体の動きや現状はもちろん、長く勤めるのであれば将来性もある程度掴んでおく必要があります。ただし、個人で取得できる情報には限りがあります。また、多くの情報の中から自分に必要なものを取捨選択するのは難しいです。そんなときは、職業紹介事業や転職サイトに所属している相談員や転職エージェントに相談しましょう。自分の欲しい情報を取得、整理して、転職に役立つサポートをしてくれます。

 
 

転職市場を見極めることが大切

 
 

転職活動全体に言えることですが、活動を成功させるには転職市場を見極め、情勢に合わせた動きをすることが大切です。今はどの業界が人手を欲しがっているのか、将来性のある企業、経済状況などを正確に汲み取り、転職を進める必要があります。40代の転職は20代、30代と比べるとハードルが高くなりますが、転職市場を正確に見極めれば成功のチャンスはあります。情勢に合わせた転職活動をしていきましょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る