忙しいサラリーマンでもできる!おすすめの副業

忙しいサラリーマンでもできる!おすすめの副業

47view

2018.07.29

 
 

 
 

 
 

 
 
 
 

会社の給料だけではお金が足りない、このような悩みを持つサラリーマンは少なくありません。しかし、副業をするにしても、サラリーマンという働き方をしている以上、思うように時間が取れず、好きなタイミングで働くことが難しい傾向にあります。そこで、この記事では、忙しいサラリーマンでも比較的簡単に取り組める副業を5つ紹介します。

 
 

アフィリエイト

 
 

アフィリエイトとは、自分で用意したサイト上で、企業の商品・サービスを紹介する仕事のことです。自分のサイトから商品・サービスの成約が発生すると、その紹介料として、企業から報酬が振り込まれます。サイトはネット上に残り続けるため、一度サイトを構築してしまえば、勝手に収益が発生することも珍しくありません。中には、サイトを放置しているだけで、月に数十万円を稼ぐ人もいます。基本的に、アフィリエイトは自分の好きなタイミングで働けるため、忙しいサラリーマンには向いてるでしょう。

 
 

アフィリエイトを始めるのは非常に簡単です。自分のサイトを持つため、難しそうと感じる人は少なくありません。しかし、サイトを構築するためのツールはネット上に無料で公開されており、初心者でも10分程度でサイトを持つことができます。また、サイト上で紹介する企業の商品・サービスは、ASPと呼ばれる業者を使うことで簡単に見つけることが可能です。ASPはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略で、サイト運営者と企業を結び付ける仲介業者のことを指します。ASPへの登録は誰でも数分で行うことができ、登録後はすぐに企業の商品・サービスを探せるので、すぐにでもアフィリエイトを始めることができます。

 
 

WEBライティング

 
 

WEBライティングとは、ウェブサイトに掲載する記事を執筆する仕事のことです。ネットにつながったパソコンさえあれば、誰でも働くことができます。記事の納品日さえ守ればいいので、自分の好きな時間に働くことが可能です。仕事終わりや休日、隙間時間などを利用して働くと良いでしょう。

 
 

中には、記事の執筆に苦手意識があり、挑戦したがらない人がいます。しかし、WEBライティングで求められることは、わかりやすい文章を書くことです。そのため、小説のような文才はまったく必要ありません。会社の仕事で、企画書や契約書などを書けるのであれば、それほど苦労することはないでしょう。また、記事を執筆する際に高度な専門知識はそれほど求められません。基本的には、ネット検索で得られる情報をもとに執筆するため、ネットを問題なく利用できるのであれば、記事は執筆できます。

 
 

WEBライティングの仕事は、クラウドソーシングを利用して見つけるのが一般的です。クラウドソーシングはさまざまな種類があるため、とりあえず登録して利用し、自分が使いやすいと感じたものを主に使うと良いでしょう。WEBライティングに特化したクラウドソーシングであれば、案件を見つけやすいため便利です。”

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

データ入力

 
 

データ入力は、その名の通り、パソコンを使ってデータを入力していく仕事です。入力するデータとしては、企業に関する情報やアンケートなどで得られた情報などがあります。それほど頭を使う仕事ではないため、パソコンを使える人であれば、初めてでもすぐに取り組めます。特に、会社に勤めている人であれば、企業に関する情報には慣れているため、仕事もしやすいでしょう。時間に関しても、納期さえ守っていればいつ働いてもかまいません。サラリーマンでも気軽に働けるでしょう。

 
 

仕事はクラウドソーシングやバイト求人サイトなどから見つけることができます。今すぐにでも働きたいという場合はクラウドソーシングが便利です。案件は常に掲載されているため、仕事探しに困ることはあまりありません。単価を少しでも上げたい場合はバイト求人サイトの利用が適しています。セキュリティなどの都合で、クラウドソーシングでは扱いにくいような案件を受けることが可能です。機密事項などがあり、やや求められることが多いため、単価は高い傾向にあります。中には面接がある場合もありますが、仕事自体は在宅でできることが多く、納期を守っていれば自由に働けます。

 
 

コールセンター

 
 

電話を使った仕事です。コールセンターというと、会社に勤務して働くものをイメージする人が少なくありません。しかし、在宅で働けるものも多く、比較的自由に働くことが可能です。コールセンターは大きく2つに分けることができます。1つ目はインバウンド系です。かかってきた電話に対して受動的に応えるものをいいます。主な業務内容は、商品・サービスを契約するための窓口や相談窓口などです。報酬は時給制であることが多く、働いた分だけ収入が得られます。

 
 

2つ目はアウトバウンド系です。自分から対象者に対して能動的に電話をかけるものをいいます。主な業務内容はセールスアポイントです。報酬は成果報酬型であることが多く、働いた時間に関係なく、成果を出せば出すほど大きな収入が得られます。コールセンターは掛け持ちできることもあるため、インバウンド系とアウトバウンド系をうまく組み合せば、安定的に稼いでいくことができるでしょう。

 
 

大抵の場合、コールセンターの仕事をする前には研修が行われます。基本的な電話対応の仕方やマナーなどを学べるため、初心者でも働くことは可能です。また、電話対応は、基本的にはマニュアルに従って進めます。そのため、会話に苦手意識のある人でもコールセンターの仕事をする人は少なくありません。電話をするための静かな環境と、情報を確認するためのパソコンさえあれば、誰でも取り組めます。

 
 

投資

 
 

忙しいサラリーマンでも比較的簡単に取り組めるものとしては、株式投資、投資信託、FXがあります。この3つの投資に関しては、いずれにおいてもネットさえあれば投資に参加することが可能です。口座はネットから簡単に作れることができ、口座開設費や維持費は無料であることが多いため、興味がある場合は作っておくと良いでしょう。

 
 

この3つの投資は、それぞれ特徴があります。自分に合ったものを選んで投資をすることが大切です。株式投資は、売却益が得られる可能性があるのはもちろんのこと、配当金や株主優待が得られることもあります。配当金や株主優待は株式を保有しているだけで得ることが可能です。知識のある人は売却益を、初心者は配当金や株主優待を狙うというように、幅広い人に向いているのが株式投資です。

 
 

ちなみに、配当金や株主優待の内容は企業によって異なるため、事前に確認するようにしましょう。投資信託は、自分で運用するのではなく、プロに運用してもらう投資のことです。商品さえ選んでおけば、あとはプロが勝手に運用してくれるため、それほど知識がなくても始めることができます。投資信託は投資初心者に適しています。FXは、自分の資産の25倍まで投資できることが最大の特徴です。例えば、手元に4万円あれば、100万円分の外貨を購入することができます。少ない資金でも大きな金額の投資ができるため、大きな成功を手にしたい人に向いています。

 
 

自分に合った副業を見つけよう!

 
 

紹介した5つの副業は、どれも時間に関係なく、比較的自由に取り組めるものです。そのため、なかなか時間の取れないサラリーマンであっても働くことができるでしょう。しかし、それぞれ特徴は大きく異なっています。人によって向き不向きはあるので、とりあえず実際に働いてみて、自分に合った副業を見つけることが大切です。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る