活躍を見せる40代正社員!仙台における転職マーケットの実態

活躍を見せる40代正社員!仙台における転職マーケットの実態

108view

2018.12.08

 
 
 
 

 
 
 
 

仙台エリアの40代事務職をめぐっても、正社員としての転職が盛んに行われています。「えっ、40代?」という疑問を持つ人も多いかもしれません。現在の労働環境を見ると、少子高齢化による生産労働人口の減少などがあり、若い世代を確保するのが難しいと現状も垣間見えます。そこで、社会人としての経験が豊富な40代以降に期待する声が高まったのです。詳細を見てみましょう。

 
 

中高年世代にも広がりを見せる転職

 
 

日本全国各地で転職に対する抵抗感や悪いイメージがなくなってきていることは事実です。プロフェッショナルであれば、いつでも自分の意思だけで、転職しても良いという風潮が生まれているといえるのではないでしょうか。そんな傾向は地方都市の一角として知られる仙台市でも同様に起こっています。実際に多くの転職組が新天地で活躍するケースも積極的に紹介されるなどしており、地方創生や地方活性化の起爆剤としても注目されることにつながっているといえるでしょう。
 
 

「転職して事務職に就く」というとなんとなく、若い世代のイメージを持つ人が多いかもしれませんが、決してそのようなことではありません。転職マーケットの盛況という後押しを受ける形で40代以上の中高年世代でも頻繫に転職は行われています。従前の40代以上の転職といえば、一定の専門職に限られていたというのが現実です。転職するとどうしても給与水準が下がるなどという面がネックとなり、なかなか転職に踏み切れないというのが実態でした。

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

歓迎ムードも広がりを見せる

 
 

仙台に限った話ではありませんが、全国的に40代以上の正社員の転職が盛んになっている背景には、年功序列や終身雇用といった慣習がなくなったということがあるのは間違いないといえるでしょう。学校を卒業して就職したら、その企業で生涯を終えるということが必要以上に美化されてしまったことが、過去に見られた日本社会の姿です。そのような考え方から脱却したこともあり、転職者への寛容さも生まれてきたことは間違いありません。
 
 

40代以上の転職希望者を積極的に受け入れようとする企業も増加傾向にあります。少子高齢化による生産労働人口の減少という根本的な問題もありますが、あえて、社会人としての経験が豊富なベテラン社員を確保したいという企業の思惑もあるといえます。現在の一般的な企業の定年退職は65歳というところが大勢を占めますが、ここから更に70歳までと伸ばそうとする動きも見られるなど、40代以降の社員が活躍する場所も増えることが予想できます。労働力不足という状況を回避するためにも、必要不可欠な戦力といえるのではないでしょうか。

 
 

熱い視線が注がれる40代!その背景とは

 
 

事務職のエキスパートは、どこの企業にとっても有用な存在となり得ます。仙台にも都市部を中心に多くの企業があり、活動を続けています。大企業はもとより、中小零細企業やスタートアップ企業、ベンチャー企業などが多くの雇用を生み出していることも事実。当然ながら、正社員の確保にも乗り出します。企業が収益向上や事業拡大を図っていくためには、一にも二にも人材確保が必要です。
 
 

先述した通り、地方都市の代表格ともいわれる仙台では、地方創生や地方活性化を国家戦略に掲げる政府の後押しもあり、全体的に好景気の波が押し寄せています。喉から手が出るほどに人材が欲しいという動きが見られます。外国人やシニアの確保なども囁かれますが、できることなら、経験豊富な40代以上の転職組が欲しいというのが企業の本音です。そういう意味でも、40代以上に熱い視線が注がれます。

 
 

期待が寄せられる40代転職者

 
 

40代以降に対する期待感が増しているのは、日本の労働環境や人口構成を見れば、自然の流れともいえるのではないでしょうか。このような現状を受け、転職エージェントや転職サイトなどでも、40代以降をターゲットにするなどの動きが見られます。東京や大阪などの首都圏はもとより、仙台などの地方都市でも経験豊富な40代以降の転職者を積極的に受け入れています。

 
 
 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る