未経験でサービス業に挑戦・転職するメリット・デメリット

未経験でサービス業に挑戦・転職するメリット・デメリット

22view

2018.11.12

 
 
 
 

 
 
 
 

未経験の業界に転職を希望する際、多くの人が困るのが志望動機です。スキルや経験がない分、やる気をアピールしていく必要があるのですが、その上で理解しておかなければならないのが、企業側における未経験者を雇うメリットとデメリットです。これを知っているかどうかで志望動機の書き方も変わってくるので、採用に近づくためにも理解しておきましょう。

 
 

メリット1.教育を素直に受け入れられる

 
 

教育の仕方は企業によって様々ですが、未経験者にとっては何もかもが初めてで新鮮な気持ちで挑めます。そのため教わったことはどんどん吸収していき、しっかり育てていけば、経験者たちよりも強い即戦力として活躍してくれる可能性もあります。経験やスキルを強みにして入社してくる人の中には、今までのやり方を重視してしまい、新たな職場でのやり方を素直に受け入れられない人もいます。

 
 

これでは元からいた社員と対立してしまったり、仕事のやり方が統一できず、管理しづらいというようなトラブルを招く可能性があります。
未経験者は経験がない分、企業の色に染まろうと一生懸命努力する姿勢が見られます。これが大きなアピールポイントです。現段階での能力ではなく、将来的にどう成長していくことが期待できるかを考えた上で、未経験者を積極的に採用している企業もたくさんあります。

 
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

メリット2.モチベーションが高い

 
 

未経験の業界に挑戦する人の多くは、その業界に対して強い憧れがあったり、人一倍やる気があるという傾向があります。資格を持っているから、経験があるからという理由で同じ業界内を転々としている人よりも、1から覚えて行こうというモチベーションの高さがうかがえるのです。未経験で異業種に挑戦したいのであれば、どれだけやる気があるのか、また入社してどんなことをやってみたいのかという将来のビジョンもアピールしましょう。

 
 

そうすることで目標へ向かっていくモチベーションの高さが認められ、採用がもらえる可能性があります。どんなに経験があって即戦力になっても、やる気がない人を企業は雇いたくないのです。それならば今後育ってくれる可能性がある上に、モチベーションが高い未経験者を雇った方が企業のためになると判断する採用担当者も多く見られます。

 
 

デメリット1.即戦力になるまで時間がかかる

 
 

未経験者の1番のデメリットだとも言えるのが、育てたからと言って即戦力になるとは限らないということです。例えば資格を持っている人間であれば、最低限できることが分かっているので、即戦力として使えそうかどうかの判断ができます。しかし未経験者の場合は志望動機などのやる気からしか判断ができないので、教育したところで即戦力になるまで育つかどうかが分からないのです。
 
 

特にサービス業の場合、飲食店やショップのように最低限の人数でお店をまわしているという場合が多々あります。1人の穴が大きいというような職場に未経験者が入ってしまうと、十分な教育がしづらくなる可能性も出てきます。
OJTのようにやりながら覚えていくという教育方法もありますが、接客するお客様にとっては、店員は新人もベテランも関係ありません。そんな環境下で働くのは本人にとってもストレスになりますし、雇う企業にとっても不安要素となってしまうでしょう。
 
 

教育係が在籍している職場であったり、スタッフの人数にゆとりがあるというような場合であれば、教育に専念して即戦力に仕上げていくのもスムーズです。ただそれができない場合には、即戦力にならないのに即戦力のように働くしかなくなるので、企業によっては未経験者を採用するのに不安を感じるという場合もあります。

 
 

デメリット2.基礎中の基礎から教える必要がある

 
 

今まで専門学校で学んできたという人や、前職で経験してきたという人であれば、ベースができています。研修するとすれば、あとは企業でのやり方を覚えてもらうだけになりますが、未経験者の場合にはこの基礎の部分から教えていかなければなりません。これでは教育に時間もかかり、やっていくうちに「思っていたのと違った」と理想と現実のギャップを感じてしまう要因にもなりかねません。中途半端な知識を持って入ってくる経験者とは違い、1から基礎を学ぶ未経験者の方が確実に育つと考える企業も多いので、一概にデメリットだとも言えないのですが、即戦力が欲しい企業の場合には大きなデメリット要素となるでしょう。

 
 

 
 

 
 

メリットを感じてもらえれば採用してもらえる

 
 

企業は目の前にいる求職者を採用することで、どんなメリットがあるのかを考えて合否を出します。そのため求職者は自分の魅力を伝えるだけではなく、企業に対してどんなことができるのかをアピールしなければならないのです。サービス業であれば、人とコミュニケーションをとるのが得意だということや、笑顔には自信があるなどの人間性が、大きなメリットとして伝わるでしょう。

 
 

未経験での採用を目指すなら工夫が必要

 
 

未経験というのは、メリットとデメリットのどちらの要素も持っています。だからこそメリットをしっかりとアピールした上で、デメリットをどうカバーしていくのかを自分なりに考えなければなりません。企業が求めているのはどんな人なのか、自分がその人材になるにはどうすれば良いのかを明確にし、志望動機に組み込ませながらアピールをしていきましょう。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る