仕事から帰りたいと考える人の特徴と改善策

仕事から帰りたいと考える人の特徴と改善策

235view

2018.08.13

 
 

 
 

 
 

 
 

職場で働いているとつい帰りたいと思ってしまい、口癖のようにして人前でも話してしまう人もいます。このような人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。自分がいつも帰りたいと連呼しているという印象があったら、その影響を理解した上で克服方法を考えてみるのが大切です。どのような改善策を立てられるのでしょうか。

 
 

帰りたいと考える人の特徴

 
 

とにかく仕事から早く帰りたいと言う人の思考パターンには様々なものがあります。まず、生計を立てるための手段として仕事はせざるを得ないけれど、もともと仕事をするのは好きではないというのが典型例です。お金のためだから仕方ないという気持ちで働いていると、必然的に早く帰りたいという気持ちが生まれてきます。このような人は仕事の内容が好きかどうか、適性があるかどうかといったことはよく考えずに就職していることがほとんどです。基本的にはプライベートの生活をしていれば満足という気持ちが強く、仕事は時間とエネルギーを奪うものだという認識をしていることが多くなっています。

 
 

別のパターンとして面倒なことはやりたくないというのが基本姿勢になっているケースがあります。社会で働いているとストレスを感じることは多いですが、ストレス耐性が低くて面倒だから放置してしまいたいと考えるようになるのはよくあることです。自分が仕事をするとますます面倒事に巻き込まれることになってしまうリスクがあると思うと、行動を起こさずにひたすら時間が過ぎて欲しいと考えるようになります。

 
 

終業時刻になってしまえば面倒事を引き起こすような仕事をしなくて良くなるため、開放感が得られるでしょう。それを楽しみに思うようになってしまうと帰りたいと常に考えるようになってしまうのです。これに類似しているのが飽きっぽいというパターンでしょう。同じような仕事をしているとストレスを感じてしまうことはよくありますが、ストレス耐性が低いと飽きてしまってもうやりたくないから帰りたいと考えるようになります。

 
 

これらと少し異なるパターンとして、せっかちで協調性がないという人もいます。自分は早く仕事を終えたいと思ってスピーディーに仕事をしているのに、他の人の仕事が遅くて追いつかないので待たされてしまうというケースもあるでしょう。このようなときに自分は早く帰りたいのだからすぐに仕事を済ませて欲しいと要求するパターンがあります。せっかちで人のことを待てず、相手の言い分にも聞く耳を持たないという傾向があるのです。仕事が遅い理由が慎重に仕事を進めるために努力をしている場合もあります。それを理解して円満な関係を保てるように配慮しようという気持ちを持たず、自分の都合を優先しようという自己中心的な考え方で発言してしまっているのです。

 
 

帰りたいという発言がもたらす影響

 
 

帰りたいと強く願っていても、それを口にも出さず、行動にも見せない力があれば自分がストレスを抱えるだけで済みます。それでもストレスが原因で心身に不調を抱えてしまうようになるリスクがあるので対策を立てるのは重要でしょう。しかし、社会に出てから早く帰りたいという言葉をつい口に出してしまう習慣があると、それ以上に悪い影響を周囲に及ぼしてしまいます。せっかく周囲は仕事をしようというモチベーションも上げて頑張っているのに、自分の欲望だけを考えて帰りたいと言っていると周囲の士気を下げてしまうことになります。

 
 

それがその職場で事業の成果が上がらないことにつながり、会社の経営を傾ける原因になってしまうこともあるでしょう。最終的には自分の給料を下げることになったり、自分や同僚に課せられる仕事の量を増やしてしまうことになったりします。一方、その状況に気づいている同僚からすれば諸悪の原因という認識をされることになりかねません。特に仕事が好きで働いている人からは嫌われやすくなり、職場の人間関係が悪くなりがちです。最終的には周囲から白い目で見られるようになって居場所を失ってしまうこともあり得ます。それが原因でさらに帰りたいという気持ちが強くなり、ついには転職を決意するということになる場合も少なくありません。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

克服するための基本的な考え方

 
 

このような事態に陥る前に帰りたいという気持ちを何とかコントロールできるようにすることが大切です。克服するためのアプローチとして実現できれば理想的なのが、帰りたいという気持ちを仕事を終わらせるモチベーションにつなげる方法です。残業が多いというケースでは特に有効な方法であり、就業時間中は必死に働くように心がけ、仕事を早く終わらせて定時に帰れるようにするという習慣を作りましょう。頑張れば早く帰れるというのがモチベーションになって仕事を手際よく行えるようになっていきます。

 
 

すると、自然に仕事ができる人という認識を周囲からも持ってもらえるようになり、職場での立ち位置も良くなっていくでしょう。適切な仕事をこなしている立場で、早く帰りたいから頑張っているという発言をしても悪い印象を持たれることはあまりありません。ポジティブな気持ちで早く帰りたいと言っているとわかると、自分たちも頑張ろうと周囲にも思ってもらえると期待できます。帰りたいという気持ちをうまく活用して周囲の士気を高めることもできるのです。

 
 

それほど頑張るのは難しいという人もいるでしょう。ストレス耐性がないのが原因になっていて早く帰りたいと思っている人にとっては、頑張って仕事を終わらせること自体がかなり辛いことになりがちです。そのモチベーションを高めるために、必要な仕事を終えて定時通りに帰れたら晩酌できるといった形で自分にご褒美を与えるのも良い対策になります。ご褒美として魅力的なものを思いつくことができれば、早く帰れるように仕事をしようという気持ちも飛躍的に高まるでしょう。このような工夫をして早く帰りたいという気持ちを仕事に活用すると活躍できるようになっていきます。
 
 

仕事の内容を見直してみるのも肝心

 
 

やはり仕事を好きではないから頑張れない、ストレス耐性がなくてやる気が出ないという人は仕事の内容を見直してみるのが肝心です。転職してできるだけ自分がやる気を持って取り組める仕事に従事できるようにしましょう。生計を立てるためのものではなく、楽しむものという意識で仕事や職場を選ぶようにするのが重要です。

 
 

もしそんなに楽しいと思えるような仕事がないというのなら割り切って楽な仕事を探すのも良い方法です。単調な仕事ならできるというのなら工場での作業職やマンションの管理人、駐車場の警備員といった基本的に同じ仕事を繰り返すだけか、そもそもやることが少ないような仕事を探してみると適職になるでしょう。

 
 

一方、逆に忙しければ時間が早く過ぎていくから良いという考え方もあります。忙しい現場の事務職は作業自他は簡単でも業務量は多くて適している仕事です。また、自宅にいるのが良いという人や、人とあまりやり取りするのは好まないという人の場合には在宅ワークを選んでみるのも良いでしょう。考え方によって適職は異なるので、自分なりに楽な仕事を探し絵みるのが大切です。

 
 

まとめ

 
 

帰りたいという気持ちを下手に周囲にわかるように示してしまうと士気を下げてしまい、自分の居場所も失ってしまいがちです。それを仕事へのモチベーションに切り替え、周囲にも良い影響を与えられるように心がけましょう。それが難しい場合には自分にとって楽にできる仕事は何かと考えて、あまりストレスなくできる仕事に従事できるように転職するのが良い対策です。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る