仕事したくないと思った時に考えてみたい事

仕事したくないと思った時に考えてみたい事

263view

2018.08.14

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

仕事は生活のためにもしなければならないことですが、どうしてもやりたくないという気持ちが生じてきてしまう事もあります。そのようなときにどのように乗り越えるか、考え方をどう変えていくかという事をチェックしてみましょう。前向きに仕事に取り組むことが出来るようになれば生活にもプラスに働いていくことになります。

 
 

なぜ仕事をしたくないのかを考えてみる

 
 

なんとなく仕事したくないと感じているという方は、その理由について一度立ち止まってしっかり考えておきましょう。理由によってやるべきことは変わってきますから、理由を考えずに対処法を検討しても意味がないということになってしまうのです。
大きく分ければ職場や仕事に問題がある場合と自分自身の考え方に原因がある場合があります。それぞれさらに細かく考えていくと、どうしていけばいいか具体的な対策も立てやすくなっていくのです。

 
 

職場や仕事が合わないという事であれば転職なども視野に入れていく必要がありますし、自分自身の考え方が原因なら、それを改めていくことや考えに合った仕事を探すという事もできます。
仕事はやらないわけにはいかないことですが、できるだけ前向きに毎日取り組んでいけるように、まずは現状にどういった問題や思いがあるのかという事を振り返ってみましょう。頭の中で考えているとまとまらないという方は、思いついたことをどんどんメモしていくとまとめやすくなります。

 
 

やりたい仕事が他にあるという場合

 
 

仕事したくないと思ってしまう原因の一つとして、他にやりたい仕事があって現在の仕事に身が入らないという事が挙げられます。そのような場合は、そのやりたい仕事に向けて一歩踏み出してみるということがおすすめです。まずはやりたい仕事についての情報収集を行ってみましょう。必要な資格取得や開業準備を具体的に考えていると、お金がある程度必要になってくるという事がわかります。そのために現在の仕事があるということが見えてくると、興味のない現在の仕事でも前向きに取り組みやすくなるのではないでしょうか。

 
 

特に資格取得などの学習時間を確保するために、今の仕事を効率的にこなそうとしていくことでつまらない仕事が楽しくなるという事もあります。
また、現在の仕事でも、やりたい仕事につながる作業や人脈の構築など、将来に役立てることが出来るということになると、前向きに取り組んでいくきっかけにもつながっていくのです。
ただ漠然と「他の仕事がしたい」と思っているだけではなく、具体的に動いてみることで現在の仕事への意識も大きく変わっていくものです。もちろんその結果、自分の望む仕事に早く就くことが出来れば、仕事へのモチベーションも大きくアップすることになります。

 
 

今の職場が自分に合わないと感じている場合

 
 

職場では多くの人と接することになります。特に同じ仕事をして協力し合っていく同僚は重要なものと言えます。そのため、その中での人間関係がうまくいかないと仕事自体に嫌悪感を抱いてしまうという事にもなりがちです。もちろん人間関係は重要なものではありますが、誰に対しても好意を抱いてもらえるということはめったにありません。

 
 
特に利害がかかわる職場ではなおさらです。その中で人間関係について配慮をし続けて疲弊してしまうより、ある程度割り切ってしまうというのも一つの手段と言えます。
職場は友達を作る場ではないと考え、必要最低限の配慮をして後は気にしないようにするという事もよいでしょう。仕事に支障が出るほど人間関係のトラブルを抱えているのであれば、配置転換を願い出たり、別の会社への転職活動を始めてみたりという事もできます。単に我慢をするというだけではなく、このような方法もあるのだという事を頭に入れておいて、自分を追い詰めないようにすることが大切なのです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

仕事がうまく進められないという場合

 
 

一生懸命仕事をしているけれどうまく仕事が進まないという方も多いのではないでしょうか。決まった仕事をこなす時にはうまくいっていても、自分でいろいろなことを考えて動いていくということが苦手という場合、前もってきちんとスケジュールを立てていくようにするのがおすすめです。
 
 

まずはやるべきことをすべて紙に書き出してみましょう。当たり前と思っていることでもすべてリストアップしてみるのがポイントです。それを一日のうちどこでやるのかという事を考え、配置していきます。大きな作業だけではなく、お茶の用意やメールチェックなど細かい作業まで目に見える形にすることでやり残しも防げますし、スケジュールがずれ込んでいくという事も少なくなります。急な電話対応などでずれ込むこともあるので、少し余裕を持ってスケジュールを組んでいきましょう。もし結果的に空いた時間があれば、優先順位の低い仕事を入れることもできますから、空いた時間にやることも書きだしておきましょう。
 
 
一つ一つの仕事が終わったら、その項目を横線で消していくのもおすすめです。自分がやったことが明確になりますから充実感が得られますし、やり残していることもはっきりします。こうした工夫をして毎日の仕事をスムーズに進めていきましょう。

 
 

自分なりのご褒美を用意してみる

 
 

仕事はやらなければならないものという意識で取り組んでいると、精神的に辛い状態に陥ってしまう事も多いものです。良い評価を得られるということがあれば達成感も得やすいですが、そういった評価をされる機会がない仕事の場合や、成果として目に見えるものがないという場合にはモチベーションが落ちてしまい仕事したくないという気持ちにつながってしまうものです。自分からやりたいと思えると、仕事したくないという気持ちも少なくなってくるのではないでしょうか。そこで取り入れてみたいのが、目標を達成したら自分にご褒美をあげるということです。
 
 

ご褒美と言っても特別なものでなくても構いません。その日やるべきこととして決めたことが終わったら欲しかったものを購入してみる、帰りにコンビニスイーツを買って帰るなど、自分がうれしいと思う事を設定してみましょう。目標を高くしすぎないこともポイントです。
こういった形で一日一日、仕事を達成してそれが報われるという経験をしていくことで、再びモチベーションを取り戻すことにつながっていきます。ぜひ今日から自分なりのご褒美を用意してみましょう。

 
 

まとめ

 
 

仕事したくないという思いを持ってしまっている場合、心身に何らかの異常が出ていることもあります。体がついていかないから仕事がうまく進まない、疲れやすくなったという事もありますし、仕事が長時間に渡ったり精神的にダメージを受けていたりという事で、うつ病などにつながることもあります。そうなると自分でどれだけ前向きに仕事をしていこうとしても対応しづらいものとなっていくのです。
だからこそ、普段から心身の健康を維持できるように心がけていきましょう。

 
 

定期的に健康診断を受けること、食事や運動に気を付けることといった当たり前のことが実は重要なことでもあります。また、きちんと睡眠をとることや、気分転換の機会を設けるという事も心の不調につなげないようにするための重要な要素となります。もし調子が悪いと感じたら早めに受診をしていくという事も大切です。体の病気も心の病気も、早めに対処をすることで元に戻しやすくなるため、早めに病院へ足を運んでみましょう。
万全の状態で仕事に取り組んでいけると充実感も増します。仕事したくないという気持ちが出てきたら、少し立ち止まって自分の体調や生活習慣を見直してみるようにしたいものです。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る