転職フェアの服装で差が生まれる!転職を成功に導く服装活用法

転職フェアの服装で差が生まれる!転職を成功に導く服装活用法

90view

2018.09.30

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

転職活動中は普段の仕事の時とは状況が異なり、注意事項が多く存在します。特に、服装です。面接時でも私服を推奨している企業もあれば、そうでない企業もあり、服装に悩んでしまう人は少なくありません。また、面接や説明会だけではなく、多くの人が足を運ぶ転職フェアではどのような服装がマナーなのかと戸惑ってしまう人もいるでしょう。今回は、転職フェアで成功する服装とは、どんな服装なのかをご紹介します。

 
 

転職フェアとは?

 
 

転職活動において、欠かすことが出来ないのが企業研究です。企業研究の一環として情報収集は何よりも重要視されています。しかし、求人サイトや求人誌などから得られる情報は、限りがあります。もっと企業の事を知りたいと思っている人は少なくありません。そんな時に活用したいのが、転職フェアです。毎月全国どこか会場で催される転職フェアは、人材ビジネス系企業が、転職、求職、就職に関するイベントを企画し、運営しているものです。

 
 

転職フェアでは、さまざまな企業が出展しているため、参加者は採用担当者と直接話せる機会を持てます。また、転職フェアによっては、転職コーディネーターとキャリアアップの相談ができるブースが設けられていたり、業種が絞られていることもあります。そのため、参加する前に参加を希望する転職フェアは、どのような内容になっているのかを確認しておきましょう。確認することで、収穫ゼロというようなミスマッチを防ぐことができるのです。

 
 

転職フェアで成功する服装

 
 

転職フェアでは、服装を指定しないものが少なくありません。企画側としては、気軽に参加してもらうための配慮なのですが、参加者はどんな服装が適しているのか迷ってしまうものです。特に服装が自由と書いてある場合、スーツを着ていくべきか、私服の方がその場の雰囲気になじめるのではないかと考えてしまうでしょう。
 
 
しかし、転職フェアで服装自由と書いてある場合でも、スーツを着用していくのが好ましいと言えます。来場者の傾向として、スーツの着用者が圧倒的に多いというのもありますが、転職フェアに参加する目的は企業を知るために行くことだからです。転職フェアでは、興味のある企業のブースへ赴き、採用担当者と直接話をする機会を作ることができます。

 
 
そのような機会に、スーツを着ている人と、着ていない人とでは、採用者が受ける印象は大きく変わります。採用担当者には、スーツを着ている人はやる気があり積極的に見える傾向があります。採用担当者は、会社から採用を任されているため、優秀な人材の獲得に必死です。参加者は、そんな採用担当者に認めてもらう必要があります。転職フェアと言えども、きちんとしていることをアピールするためにもスーツで参加しましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

転職フェアの服装のポイント

 
 

転職活動が初めての人は、「転職フェアで着ていくスーツは、リクルートスーツでもいいかな?」と、リクルートスーツを選んでしまう人も多いのですが、リクルートスーツでは新卒を連想させるため、採用担当者に頼りなさを感じさせてしまうことから、リクルートスーツは避けたほうが良いとされています。転職活動は、新卒とは違い、今までのキャリアやスキルをアピールする場です。自分の頑張りをアピールする場で、新卒を連想させる服を身にまとうことは実にもったいないことなのです。
 
 

しかし、職場でスーツを着ていない人はリクルートスーツ以外持っていないという人もいるでしょう。もし、購入できるのであれば、紺色のスーツか光沢のない落ち着いたグレーのスーツを選ぶとスタイリッシュなイメージを相手に与えることが出来るためおすすめです。ただし、紺色やグレーのスーツならなんでもいいわけではありません。高級ブランドのものやトレンドを取り入れた派手なスーツは、採用担当者にマイナスな印象を与えかねないため、どんなに好みのスーツであっても避けたほうが賢明です。
 
 

また、転職のために新しいスーツを新調できない人もいるでしょう。その際は、中に着る白いシャツを変えることがポイントとなります。女性であれば、シャツではなく、胸元が開きすぎないカットソーやインナーに変えるなど、新卒感が出ないように工夫すれば問題ありません。”

 
 

スーツを着る前の注意ポイント

 
 

転職フェアなどへ参加する際、気を付けたい注意事項はスーツの着用だけではありません。採用担当者は、スーツがシワシワではないか、汚れはないか、清潔感を感じられる服装かも見ています。服装がきちんとしていれば、ちゃんとした印象を与えることができます。採用担当者は、企業の認知度を上げるだけではなく、一緒に働く仲間として、欲しい人材の確保を目的としているため、細かいところまで目を光らせています。採用担当者にマイナスな印象を与えないよう、事前に、シワやシミ、ほつれなどがないかを確認しておきましょう。

 
 

転職フェアで差がつく服装術で成功を掴む

 
 

今よりもいい会社を目指すために行うために参加する転職フェアでは、情報を得るだけの場と捉えるのではなく、自分をアピールする場でもあると捉えましょう。転職フェアと言っても、他者と差をつけるためには、採用担当者に良い印象を持ってもらう必要があります。服装自由と書いてあるイベントでも、スーツを着用し、きちんとした格好で採用担当者から話を聞く姿勢を持つことが、転職活動を成功させる秘訣です。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る