転職に必要な決断力・心構えとは

転職に必要な決断力・心構えとは

282view

2018.08.13

 
 
 
 

 
 
 
 
今の仕事に満足できず、転職を望んでいる人はたくさんいます。中には、実際に転職活動をして自分により合った仕事を見つけた人も多いでしょう。しかし転職を考えるだけで、行動を起こせない人がいることも、また事実です。
自ら転職活動をして、輝かしい未来を手に入れられる人とはどのような人でしょうか。また、そのような人になるためには、どんな心構えが必要なのでしょうか。

 
 

転職しなければならない理由を明確化する

 
 

人が転職を考えるのはどのような時でしょうか?多くの場合は、今働いている職場への不信、不満を強く感じた時でしょう。このようなネガティブな感情を抱える理由は人によってそれぞれですが、大きく大別すると二つになります。一つは仕事内容や待遇面、もう一つは人間関係です。
会社は業種によって業務内容が定まっていますが、細かい仕事内容は就職してからでないとわかりません。実際に働いてみると、思っていた仕事とは違っていたり、希望していた部署ではないところに配属されてしまうこともあります。このことを上司に掛け合ってみて、もし意見が通らなければ、その人は自分がまったく望んでいなかった仕事を延々とやらされることになってしまいます。
 
 

また、仕事で成果を上げているのにそれが給料に反映されないこともしばしばあります。悪い時には自分が達成した結果を誰かに横取りされてしまうこともあるでしょう。このようにして自分の努力が認められなかった場合も、徒労感と同時に、会社への不平不満を抱くことになります。

 
 
人間関係についてはどうでしょうか。会社とは組織なので、その中には小さなコミュニティが存在します。会社員一人一人もコミュニティに属しているのですが、中にはこの関係性からはじき出されてしまう人がいます。たとえば仕事でなかなか成果を上げられない人や、人とのコミュニケーションが苦手な人が疎外されてしまうことが多いですが、中にはなんとなくむかつく、というような理由にならない理由で一人になってしまう人もいます。

 
 

この一人になってしまった理由に納得ができなければ、やはり会社への不満に繋がってくるでしょう。しかしもし納得ができたとしても、コミュニティの中で一人になることはとても辛いことです。この場合も一人で抱えるのではなく人に相談し、場所を変えた方がいいと判断するのであれば、転職を考えるべきでしょう。
どのような理由があったとしても不信感や不満感ならば、同じ職場内でも改善が見込めるかもしれません。もしその見込みがあるならば、転職ではなく環境改善に努めてもいいでしょう。しかしどうしても良い結果が得られないと思うのであれば、転職を第一目標とするべきです。
このように自分の境遇や気持ちを明確化し、それでも転職が必要であると決心するのであれば、その心は揺るがないものとなるはずです。

 
 
 
 

 
 
 
 

転職に有利な条件を持っているか

 
 

転職活動は若い人の方が有利だ、というのは多くの人が思っている意見です。実際にその通りで、20代の人材の方が育成がしやすく、将来性にも期待できるため、企業は若い人を優先的に採用します。なので転職をしようかどうか考えている方は、早めの決断と行動をした方が成功しやすいということを覚えておいてください。
では年齢の高い人は転職が見込めないのかというと、そんなことはありません。ただ無条件で企業に採用してもらえるとは考えない方がいいでしょう。今まで経験のなかった業種へ移ろうというのは、将来を見込める若者だけが持つ長所です。なので30代、40代の転職となれば、ほかの長所を企業に提示する必要があるのです。

 
 

若者が持たず、年齢を重ねた人だけが持つ長所とは何でしょう?それはこれまで培ってきた経験にほかなりません。
一つの企業で長いこと働いてきた人は、その業種毎に必要なスキルを高めることができているはずです。すでに高い能力を持っている人を採用できれば、企業にとってその人は即戦力として扱うことができます。一から育てる必要がないため、むしろ若者よりも採用しやすいのです。また、その人が管理職の経験があったり、何か責任ある仕事に携わったことがあるならば、チームリーダーとしての役割を期待することもできます。ただし自分の能力を売りにするならば、その能力が活かせる職場でないと評価してはもらえません。余計なスキルでも何かの役には立つだろうとは、企業側は見てくれないのです。

 
 

もしも自分は若くなく、必要な能力も持ち合わせてはいないと感じる方は、転職を一度思い留まって能力を磨くことに努めた方がいいかもしれません。自分に自信が持てなくても、その分野の資格を取ることができたならば、転職はずっと身近なものとなるはずです。

 
 

自分に強い自信を持ち、胸を張れる転職を

 
 

転職をしたいという気持ちは、多くはネガティブな環境から生まれてきます。しかしそこから抜け出たいというポジティブな気持ちが、転職活動をするうえで重要な決断力となります。
自分が転職をするために必要な能力を持っているという自信も、転職を後押しする要素です。絶対に転職できるという強い心構えを作ったうえで、転職活動に臨んでください。

 
  
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る