転職を後悔する人と後悔しない人の違いとは

転職を後悔する人と後悔しない人の違いとは

64view

2018.09.29

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

以前の会社に何らかの不満があり、ずっと転職したいと考えていた人が、いざ転職したときに後悔するケースがあります。長い間いろいろ考えたうえでの転職であっても、転職したのは失敗だったという人は意外と多いのです。ここでは、転職後に後悔することのないよう、どのような点に気を付けて転職をすればいいのかを考えていきます。

 
 

転職を後悔する人の特徴

 
 

長い間、転職するかしないか考えたうえで転職したとしても、転職を後悔するケースはあります。この場合、転職する前に何を考えていたのかが重要なポイントです。
転職したいという人には大きく分けて、今の職場から抜け出したいということを重視する人と、新しい職場で活躍したいと考える人の2つのパターンがあります。

 
 

前者の場合、今の職場を辞めることを重視しているわけですから、新たな転職先が見つかればそれで良し、という考え方になっているケースが非常に多いのです。ところが、新たな会社で働き始めてしばらくすると、以前の職場より給料が下がってしまったり、休みが減ってしまったり、そもそもやりたい職種ではなかったりということに気づくのです。そこで転職を後悔するというようなことが起きてしまうのです。そもそも転職活動をする際に、新しい会社について何を求めるのか、どのような仕事をしたいのかといったことを考えずに行動しており、転職後に初めて考えても遅いのです。

 
 

一方、転職前から新しい職場ではどうなりたいとか、具体的にいくらぐらいの給料が欲しいと考えている人の場合、そこに合わせて自分自身を成長させようとしています。そして、自分で「いける」と判断した時に転職先を探して、新しい職場を見つけているのです。転職先の会社についてのイメージや具体的な給料や休日・終業時間などの条件を最初から持っているわけではないと思いますが、自分自身で今後の人生設計とも照らし合わせたうえで、しだいにそのような条件が自分の中で作られ、その条件に合わなければ転職はしないという判断をすることができるのです。

 
 
 
 

転職で失敗しないようにするには

 
 

それでは転職で失敗しないようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。
転職を考えている人の多くは、現在の職場に対して何らかの不満を持っているはずです。まずは、その不満の原因は何かを自分自身で分析してみましょう。給料が少ない、労働時間が長い、通勤が大変、人間関係など様々な不満が考えられます。今携わっている職種が自分のやりたいことではないという人もいることでしょう。それらの不満を自分自身で理解することがまず必要です。

 
 

そのうえで、その不満を解消するためには何が必要か、どのようなことをすべきかを考えてみましょう。例えば、給料が少なくて不満だという人は、どのようにしたら給料を上げることができるかを考えてみるのです。すると、転職したら絶対に給料が上がるとは限らないことが分かると思います。また転職しなくても、今の職場で今以上に仕事の成果を出せば給料が上がるのではないかと考えることもできるかと思います。

 
 

また人間関係については、転職しても解決になるかどうかは全く分からないということにも気づくことができます。いろいろ考えたうえで、不満の解消に転職が唯一の手段ではないけれど、転職した方がより自分の理想に近づくことができるはずと感じた人は、その前提のもと次のステップに進む必要があります。

 
 

次に、現在抱えている不満の解消のために転職を選択すると、その反面デメリットとなる可能性も考えておきましょう。給料が上がった分、休日が減るかもしれません。未経験ではあるが希望の職種に転職したとしても、給料は減るかもしれません。すべてを満たすことのできる転職先はまずないはずです。その場合、自分として何を優先するのか、自分自身で考えておくといいでしょう。

 
 

そのうえで、転職先を探してみてください。年齢、勤務先、実務経験の有無など様々な条件が設けられているため、思っているような転職先が見つからないことも十分考えられます。ただ、自分自身のスキルを磨くことで今すぐには無理でも、近い将来可能性が出てくるということもあるでしょう。その場合は、まずは自分磨きと思って慎重に行動すべきです。

 
 

逆に、自分が優先するポイントが明確であり、多少他を犠牲にしてもいいと考えている人の場合は、積極的に行動すべきです。転職情報のサイトや雑誌に掲載がなくても、企業のサイトに求人情報が掲載されている場合もあります。自分自身の転職に対するイメージや条件がしっかりできていれば、このような探し方もできるのです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

転職を成功に導くのは自分自身

 
 

転職を後悔する人の傾向や、転職を成功させるための考え方について説明してきました。結局、転職を成功させるかどうかを決めるのは、転職先の会社やそこにいる人ではなく自分自身なのです。自分自身で納得のいく転職ができれば、それは成功です。理想だけを追い求めるのではなく、自分自身の状況と、新たな会社に求めるものをきちんと把握して転職活動、そしてその先の仕事に臨んでいきましょう。

 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る