こんなはずじゃなかった!!転職して後悔したことまとめ

こんなはずじゃなかった!!転職して後悔したことまとめ

333view

2018.08.13

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

前の会社が嫌で転職をしたのに、その会社の環境を恋しく思ってしまう人は意外と多いです。以前より良い企業を求めて転職をしたはずなのに、どうして人はその転職を後悔してしまうのでしょうか。
ここでは一度以上の転職を経験し、後悔したことがある人の意見をまとめ、そう思ってしまうことに対する解決策を紹介しています。

 
 

 
 

前の会社との違い

 
 

転職とは、今まで慣れ親しんできた場所を離れて、自分のまったく知らない会社へ移ることです。新しい会社に移れば、そこには新しい環境があります。その企業の社風があり、業種によって業務も違い、一緒に仕事をする人もすべてが変わります。しかし、このような変化のすべてが以前と比べて良いものかというと、そんなことはないでしょう。

 
 

前の会社の雰囲気が嫌で、転職をしたという例は多いです。しかしそうして入った会社の雰囲気が、自分にぴったりと馴染むかどうかはわからないものです。嫌々ながらも前の会社で仕事をこなしていた人ならば、次の会社に違和感を持つこともあり得ます。たとえば厳しすぎる仕事やパワハラに近い上司の態度に疲れて転職をしてみたら、その会社が正反対のアットホームなところで、拍子抜けをするどころかやる気すら起こらない、といった話があります。また逆に、やりがいを求めて会社を移ったら、やってもやってもノルマを達成できない仕事先だった、といった例もありました。

 
 

業務の違いによる戸惑いも意見としては多いです。今まで知らなかった仕事を知ろうとするなら、人に教わるところから始めなければなりません。即戦力にはとてもなれないため、自分の可能性を信じて転職をした人ほど、挫折してしまいやすくなります。こうなるくらいなら、前の会社で専門性を磨いた方が良かった、と思った方もたくさんいるでしょう。

 
 

人間関係も問題があります。特に人と人との関係などは、実際にその人と会ってみないことには何もわからないため、予想外の事態は起きやすいのです。全体としての社風は良いが、一緒に仕事をしなければならない同僚は気に入らない、ということもあるでしょう。同じ環境に身を置いていた人とは仲間意識が芽生えやすいので、いきなり一人で転職をしてきた人間を受け入れることは、その会社の人にとってはなかなか難しいことなのかもしれません。

 
 

話が違う・説明と違う

 
 

転職活動をする中で、また実際に面接などで企業の説明を聞く時に、転職先の事前情報を仕入れることは可能です。企業も新たな人材を求めているため、入社してくれた時のメリットや、会社の長所を詳しく紹介してくれるはずです。
しかしこの紹介が誇張表現だったり、事実とはだいぶ違っていることもあるのです。

 
 

こちらでも、業務内容というのはポイントになります。このような仕事をしていると説明され、ならばと納得して転職をしても、実際はだいぶ違う仕事をすることになった、という例があります。これは全体としての業種や仕事内容がそのような傾向にあるというだけで、細かいところまでは言及していなかった可能性があります。企業にはさまざまな部署があり、それぞれで仕事内容が違いますが、入ってきた社員が必ず希望していた部署に配属されるかはわからない、という問題もあるでしょう。
 
 

また、キャリアアップを求めて転職をしたのに、入ってみると給料も役職も下がってしまった、という話もあります。これは企業側は将来性の話をしていたのに、話を聞いた転職者が勘違いをしてしまった可能性があります。話を聞いた時と入社した時とでは事情が変わってしまった、ということも考えられます。けれどこの食い違いの理由が掴めないと、会社に嘘をつかれた、うまく利用されたと感じてしまっても仕方ないかもしれません。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

後悔するよりも、今を見つめること

 
 

新しい環境に満足できず、転職したことを後悔するような場面は、前述してきたようにたくさんあります。しかしこのように思ったからといって、以前の環境に戻ることは難しいでしょう。この場合、いったいどうしていけばいいのでしょうか?
おそらく多くの人が考えるのは、再度の転職を試みることです。確かに、たまたま転職先が思ったものではなかっただけで、また探せば希望していたところが見つかるかもしれません。けれどおそらく、また転職をしてみたところで、不満が消えることはないでしょう。

 
 

企業とは良い側面も悪い側面もあるものなので、すべてにおいてメリットしかない都合のいい場所など、基本的には存在しないのです。
それよりも、まずは今の会社に馴染む努力をする方が現実的です。気に入らない部分があることも確かですが、もともとその会社は望みに合致した部分もあったからこそ、その人は転職先として選んだはずなのです。その感性を今一度信じてみても悪いことはないでしょう。そのようなメリットと感じているデメリットを照らし合わせてみてからでも、後悔や転職を考えるのは遅くないはずです。

 
 

先入観をなくせば、良いところも見えてくる

 
 

企業の最大の目的は、全体の利益を求めることにあります。社員の望み通りに働いてもらうことも重要なことですが、それも利益があってこそです。環境づくりが第一目標ではない以上、社員が不満を持つ部分も出てくるでしょう。
そう考えると、実は企業に不満を持つのは当たり前のことなのです。そう思って会社を客観的に見られれば、以前の会社を恋しく思うのと同様に、その会社の長所も見ることができるかもしれません。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る