転職癖のある男の特徴とは

転職癖のある男の特徴とは

228view

2018.08.14

 
 

 
 

 
 
 
 

転職を繰り返す男とはどのような印象を持たれるでしょうか?一度や二度の転職ならば、キャリアアップを求める上昇志向のある人、などと見てもらえるかもしれませんが、それが四度、五度となってくると、少々厳しい目で見られることが多くなってきます。ここではどうしても転職を望んでしまう男性の特徴と、その改善策を紹介します。

 
 
 
 

転職癖は不満癖

 
 

人が転職を考える時、多くの場合は気持ちの裏に、会社や環境に対する不平不満が存在します。転職を繰り返してしまう人は、そのような感情を抱いてしまう傾向が身に付いてしまっているのかもしれません。ならば会社に不満を感じる場面とはどのような時でしょうか?

 
 

一つは、会社そのものに満足できないことです。たとえば残業が多かったり、仕事内容が過酷であったりすると、それだけで人は疲れていってしまいます。プライベートな時間を持つことができず、こんなはずではなかった、と嘆いてしまうこともあるでしょう。そんなに苦労をして仕事をしても、対価として支払われる給料が少なかったらどう思うでしょう。この職場は自分のことをよく見てくれていない、自分は公平に扱えてもらえていないと、会社に対する不信感を感じてもおかしくはありません。
 
 

会社を長く続けられないもう一つの理由として、人間関係が挙げられます。職場内に話しやすい同僚がいたり、よく気にかけてくれる上司がいると、職場の居心地は良いものになります。しかしそういう人がおらず、休憩時間に孤立することになったり、上司に叱られ続けたりしていると、仕事はつまらないものになるでしょう。この時、この職場の環境が自分の身に合わないと感じるならば、転職という選択肢はとても身近なものとなります。
 
 

このような不平不満は、実は誰でも感じるありふれた感情です。けれど会社には欠点と同時にそこだけの長所もあり、人はそのどちらをも見ているため、転職を繰り返さなくても一つの会社に妥協することができるのです。
何度も転職を続けてしまう男の人は、会社の短所ばかりを見て我慢が効かなくなってしまった人ということができるでしょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

転職癖はデメリットが多い

 
 

何度も何度も転職をしてしまうことを、基本的に他人は良く見てくれません。転職癖を治せないと、人はどうなっていってしまうのでしょうか?
まず転職男のそばから、身近な人が離れていってしまいます。前述したように転職を繰り返す人はネガティブな気持ちを抱えやすくなっていますが、そのような人はポジティブな面が少ないため、雰囲気の暗い人間になっていきます。気持ちを外に出すことが苦手な人だと、鬱になってしまってもおかしくはないでしょう。そのような人には支えてくれる人が必要なのですが、人は基本的に暗い人には近づきたがらないものです。

 
 

そして不満を口に出すことができる人の周りからも、愚痴を聞いてくれる人はいなくなっていきます。人は日常に対する愚痴を誰かに言わずにはいられないものですが、愚痴を聞きたくて聞いている、という人はほとんどいません。だいたいの人は自分も感情を吐き出したいため、誰かの話を聞き、代わりに自分の話をする、という関係を維持しています。それなのに一方的に愚痴を言い続ける人がいれば、自分の話ができなくなってしまいます。嫌な感情を出すことができなければ、その原因を作る人のことが嫌になるというのは、自然なことだといえます。

 
 

また、転職を繰り返していれば、そのうち就職先がなくなってしまいます。企業は求人者の職歴を見てその人を判断するため、仕事をコロコロと変えているはすぐにばれます。そうなると企業は、この人を雇ってもすぐに辞められてしまうかもしれないと考えてしまうのです。また転職が多いということは、一つの企業で養うべき技能を持つことができていないということでもあります。そのような不安定な人材よりも、企業はほかの人を優先させることでしょう。
転職癖を治せなければ、最終的には職をなくし、周囲の親しい人もいなくなってしまいます。そうなると不満どころか生きることさえ困難になってしまうのです。転職者が将来に望む未来とは、そのようなものでしょうか?

 
 

気持ちを変えれば、メリットも見えてくる

 
 

ここまでは、転職が多くなってしまう転職男の良くない側面を示してきました。ならば転職男に良いところはないのでしょうか?少なくはなりますが、実はメリットは存在します。
転職男は多くの職場を見てきているため、浅くではありますが、広い知識を持ち合わせています。このような経験は一つの職場でずっと働く人は持ち合わせないものなので、思わぬところで効果を発揮します。専門的な分野での先入観に捉われにくいというのも一つの特徴です。

 
 

これらの知識を活かすためには、柔軟な発想力と応用力が必要となってきます。そのためには一つの感情に惑わされず、さまざまな側面からものを見る訓練をすることが効果的です。たとえば物事の短所ばかりを見てしまう癖を自覚し、その気持ちを一度脇に置いて、違う角度からその短所を眺めてみるというのは、良い練習になります。
そう、実は転職男の悪い癖を治すことは、今まで養ってきた長所を伸ばすことでもあるのです。
 
 

転職をしてきたからこそ、一つの会社に身を据えよう

 
 

会社の悪い面ばかりを見ていれば、良いことばかりの会社というのは必ずといっていいほど見つかりません。ないものねだりは他人から見れば滑稽ですし、将来的には願ったものとは真逆の結果になってしまいます。
しかし転職を繰り返した経験は、実社会において不要なものではありません。会社ではなく、自分に何ができるのかを考えて、これからの社会生活を送っていきましょう。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る