転職活動がうまくいかないのは、相手意識の不足が原因かもしれません

転職活動がうまくいかないのは、相手意識の不足が原因かもしれません

54view

2018.10.16

 
 
 
 

 
 
 
 

日本の企業は激しい国際競争にさらされ、各々の業界を取り巻く環境は変化し、会社の内部環境や雇用形態も影響を受けています。傾向としては、早い時期から組織の中核となる人材を育成し、若くても優秀な社員であれば抜擢するという、積極的な若手の登用を行う企業が増加しています。そんななか、転職活動で失敗しないためには、どんなことを心がければ良いのでしょうか。

 
 

転職活動をスムーズに進めるには

 
 

転職活動がうまくいかない人の特徴としては、相手意識が足りないことが挙げられます。希望の会社にエントリーしたら、その会社からいつメールや電話が入るかわかりません。企業セミナーを予約するにも定員や回数に限度がありますし、応募方法や応募書類の提出にも制約があります。転職で失敗しないためには、会社から連絡が来てから行動するのではなく、いつでも自発的にアクションを起こせるように準備しておくことが大切です。

 
 

採用後の仕事で、自分が担当した取引先の会社や業界、担当者に関する知識や情報を得るのが当然のことであるように、入社前の転職活動でも時間の許す限り業界研究や会社研究を行い、応募書類を準備し面接対策をしておくのは当然のことなのです。入社を熱望する会社があるのであれば、その会社で通用するようなスキルを身につける努力をしなければなりません。

 
 

それがいま向き合っている会社に対する熱意の表れであり、相手意識を持って転職活動をしているということなのです。具体的には、電話で会社セミナーの予約をするのであれば「元気に感じよく」、応募書類を作成するのであれば「読みやすく、わかりやすく」、会社セミナーに参加するのであれば「参加させていただいたことを感謝する気持ち」など意識しましょう。

 
 

普段の習慣に目を向けよう

 
 

相手意識を持って行動できるかどうかは、普段の習慣が物を言います。習慣は同じ行動や経験を繰り返しているうちに、知らず知らずのうちに身につくものです。基本的に日常生活であれば、他人に迷惑をかけなければ問題ありませんが、行動面で判断される転職活動では、自身の評価に影響を及ぼします。

 
 

たとえば、学生の頃の授業で後ろの席に座ることが習慣になっている人は、会社セミナーでも前の席が空いているのに後ろの席に座ってしまい、熱意があまりないと思われるかもしれません。また、自発的に挨拶をする習慣がなければ、会社を訪問した際に気後れした挨拶しかできずに、失礼な人だと誤解されてしまうかもしれません。席を立つときにずらした椅子を戻すか、消しゴムのカスをちゃんと片付けるか、人の話を聞くときはメモを取るか、などはすべて長い時間で身についた習慣なのです。

 
 

日ごろから考えていることは、行動に表れます。相手に不快な思いをさせるような行動は、すべて相手意識がないと受け止められてしまいます。転職活動のときはちゃんとできるだろうと思っている人も多いですが、長年にわたって身についた行動はなかなか変えることができないものです。仲のいい友達といるときも、相手に迷惑をかけないようにしよう、不快な思いをさせないようにしよう、と意識していれば、少しずつ習慣が変わり相手意識が身につきます。

 
 

普段の習慣に目を向けよう

 
 

相手意識を持って行動できるかどうかは、普段の習慣が物を言います。習慣は同じ行動や経験を繰り返しているうちに、知らず知らずのうちに身につくものです。基本的に日常生活であれば、他人に迷惑をかけなければ問題ありませんが、行動面で判断される転職活動では、自身の評価に影響を及ぼします。たとえば、学生の頃の授業で後ろの席に座ることが習慣になっている人は、会社セミナーでも前の席が空いているのに後ろの席に座ってしまい、熱意があまりないと思われるかもしれません。

 
 

また、自発的に挨拶をする習慣がなければ、会社を訪問した際に気後れした挨拶しかできずに、失礼な人だと誤解されてしまうかもしれません。席を立つときにずらした椅子を戻すか、消しゴムのカスをちゃんと片付けるか、人の話を聞くときはメモを取るか、などはすべて長い時間で身についた習慣なのです。日ごろから考えていることは、行動に表れます。

 
 

相手に不快な思いをさせるような行動は、すべて相手意識がないと受け止められてしまいます。転職活動のときはちゃんとできるだろうと思っている人も多いですが、長年にわたって身についた行動はなかなか変えることができないものです。仲のいい友達といるときも、相手に迷惑をかけないようにしよう、不快な思いをさせないようにしよう、と意識していれば、少しずつ習慣が変わり相手意識が身につきます。

 
 

柔軟性がポイント

 
 

会社での勤務経験がある人はわかると思いますが、仕事にはとにかく変更が付きまといます。業務計画を立てても、なかなか予定通りにはいかないものです。しかし、変更やハプニングが予想外に良い成果を生むこともあります。したがって、仕事をしていくうえでは、それを含めて楽しむ余裕を持ち、どのようなハプニングやアクシデントにも、状況に応じて対応できる柔軟性が必要なのです。

 
 

転職活動中にも変更やハプニングは起こります。たとえば、一生懸命考えたエントリーシートをあと1行書けば完成というところで、書き間違えるかもしれません。また、面接時間に充分間に合うように家を出たのに、交通機関の影響で面接に遅刻することもあるかもしれません。しかし、これらのハプニングは予想されることです。転職活動でのハプニングやアクシデントは、だいたい予想できることのほうが多いものです。

 
 

ですから、あらかじめ準備したり、「念のため」の行動ができてさえいればいいのです。履歴書の予備を充分に用意しておく、交通機関は事前に複数の手段を確認しておくなど、事前にできることはたくさんあります。セミナーや面接日などの変更もよくあることです。直前まで何が起こるかわかりませんから、どのような変更にも応じられるように時間にも精神的にも余裕を持って行動することを心がけましょう。仕事と違って転職活動での変更は、自分にとって不利になることなどほとんどないのですから。

 
 

 
 

 
 

周囲の目から自分自身を分析しよう

 
 

相手意識を身につけるためには、周囲から指摘されることに耳を傾け、自分自身に問いかけてみることも大切です。自分で自分に気付くことも大事ですが、転職活動で失敗しないためには、周囲の人から自分がどのように見られているかを客観的に知って、自分では気付かなかった新しい自分を発見することで、強みを自覚していくことも大事だといえます。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る