転職を成功させるために押さえておきたい面接対策とは

転職を成功させるために押さえておきたい面接対策とは

241view

2018.08.15

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

転職では面接対策が大きな課題となりますが、具体的にどのような準備をして面接に挑んだら良いのでしょうか。基本的な心構えを理解すると共に、よくある質問に対してどのようにして答えたら良いかを把握しておきましょう。面接での印象は合否を大きく分けるポイントなので、十分な準備をした上で挑むことが必要になります。

 
 

ポジティブな姿勢を貫くのが肝心

 
 

面接対策として最も重要な基本姿勢はポジティブな面を明確に示すことです。転職理由や退職理由を聞かれることはよくありますが、人間関係でトラブルがあった、やりたい仕事ができなかった、給料が低かった、残業が多くて辛かったといったネガティブな理由で答えてしまうと印象が悪くなります。本音としてはネガティブな理由を持っていたとしても、終始ポジティブな姿勢を貫くのが鉄則です。

 
 

どのような仕事をしてきたかという質問についても、淡々と仕事の内容を説明するのではあまり意味がありません。面接は自己アピールのための場所だと認識して、いかに自分の能力やキャリアが魅力的かとアピールできるように話をしましょう。自分が努力や工夫をしたことにより実績があったことを示せると実力がある人材としてアピールできます。営業成績や商品開発の成功、社内外の表彰などは客観的な指標なので効果的です。

 
 

長所や短所を問われることもよくありますが、長所はともかく短所は伝えにくいでしょう。短所すらもアピールポイントにしてポジティブに答えることが面接では必須です。話の段取りをよく考えて短所にも見える部分を長所に置き換えるか、長所の裏返しとしての短所を伝えるのが基本となります。独力で仕事ができるスキルがあるけれど、最後まで自分だけでやろうとし過ぎてしまって仕事を抱え込みすぎるというのが長所の裏返しとしての短所の伝え方です。

 
 

確かにマイナス面ではあるものの、あくまで長所のコントロールができていないだけだと判断してもらえます。お節介なのが短所ですが、細かなフォローをしてチームを支えていた点で上司から高い評価を得て昇進してきましたというのも短所を長所に置き換える伝え方です。
このような工夫をしてポジティブに自分の姿を伝えていくと魅力的な人材だと判断してもらえるようになります。予めどんな話の展開にするかをよく練っておくことが必須です。

 
 
 
 

企業情報を可能な限り集めて対策するのが必須

 
 

自分をアピールする上で気をつけておきたいのが、企業にとって必要な人材としてアピールすることです。いかに能力があったとしても企業側が求めている能力を持っていない人材であれば採用されることはありません。予め企業情報を可能な限り集めて、どんな能力を持っている人材を探しているのかを確認しておきましょう。

 
 

求人に記載されている内容はあくまで一部だけなので、必須条件や要望条件をただ満たしているだけでは採用されるとは限りません。事業方針や企業理念、近年の製品開発などの動向を確認し、長所を伸ばす、短所を補うといった視点で自分が活躍できる部分を見つけ出しましょう。そして、できるだけ客観的に自分が企業に対して貢献できる部分を割り出して説明するのが効果的です。

 
 
このような形で企業情報に基づいて対策を立てておくと自分の能力を詳しく説明し、正しく理解してもらえるようになります。そして、自分の能力を企業のために用いたいという気持ちが伝わりやすく、有用な人材として認めてもらえるようになるでしょう。決して独りよがりになって自己アピールをしてしまわないようにしましょう。企業の動向を冷静かつ客観的に分析して、適切に自分の能力を重ね合わせてアピールするのが大切です。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

第一印象を重視するのも大切

 
 

面接では最初に簡単に自己紹介をするように促されることがよくあります。自己紹介はただ名前や前職を伝える機会ではなく、自分の第一印象を決めるタイミングだと考えましょう。第一印象の影響は後々まで大きな影響を与えるポイントなので、スムーズに対応しつつ、朗らかな表情で答えられるようにしておくのが大切です。基本的には氏名と前職の職務についての概要説明を伝え、入社後の決意表明を行うという流れになります。

 
 

ここで職務経験の豊富さ、業務上で努力してきたこととその結果、業務を通じて身につけてきた知識や技術などをアピールすると効果的です。そして、その経験や技術などに基づいて志望先の企業にどのように貢献していくのかを具体的に伝えるとアピールとして内容がまとまります。自己紹介の時間はあまり長くなると印象が悪くなってしまうので、端的に話せるように内容をまとめておきましょう。志望先の企業によって内容は大幅に変更する必要があります。書類選考を通過できたら毎回丁寧に自己紹介を作り直すのが大切です。

 
 

好印象を与えるように努力しよう

 
 

転職するときの面接では自分の能力やキャリアについて正しく理解してもらうと同時に、人材として好印象を与えられるように努力することが肝心です。ポジティブな姿勢を維持し、十分に企業情報を集めて、企業が欲しがっている人材であることをアピールしましょう。典型的な質問には回答を用意しておくと心配せずに面接を受けられるようになります。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る