こんなに違う。転職サイトと転職エージェントの違いについて

こんなに違う。転職サイトと転職エージェントの違いについて

140view

2018.06.19

転職サイトとは何か

転職サイトはネットで完結する

転職サイトのポイントは応募から面接までの全てのアクションがネットで完結していることです。転職サイトでは登録の際に履歴書のようなものを登録する必要があります。その履歴書を利用して、スカウトメールなどが届き、応募ができるところも多いです。わざわざ紙で履歴書などの書類を出す必要がないのが便利です。

未経験の職業にも挑戦できる

転職サイトには未経験でも応募できる求人情報が載っています。新入社員として入社したが、ずっと営業でそろそろ違う職種に挑戦してみたいという方などにはおすすめです。無料で閲覧でき、サイトに載っている求人情報がすべて見られるので自分でも気づいていなかった新たな興味に気付くかもしれません。

就活の際に調べたといっても、実際に社会に出てみて自分の興味分野が固定されてきたという方は、求職サイトをまず見てみるといいでしょう。

マイペースな転職活動ができる

求職サイトではコンサルタントがつかないため、アドバイスを受けることができません。しかし、転職エージェントは求職者を転職させることでお金を得ているので、転職相談をすると希望にあった企業などをプッシュしてきます。その一方で、コンサルタント等に急かされないマイペースな転職活動ができます。

時間がかからないことも

転職サイトを利用するとエージェントを通さない分、コミュニケーションにかかる時間が少なくなります。書類審査で落ちる可能性はありますが、書類審査で落ちなければ企業と直接連絡が取れるのでかかる時間が少なくなります。また、エージェントは営業時間しか相談することができませんが、転職サイトなら24時間見られます。忙しい仕事の間に転職情報をチェックするにはぴったりです。

転職エージェントの転職サイトと違う点

コンサルタントがつく

転職エージェントはコンサルタントがつくのが特徴です。コンサルタントとの面談などで転職に関する希望を伝えることで、それに合った企業をコンサルタントが厳選してくれます。自分で情報を探す手間が省けるほか、自分では見つけられないような情報を見つけてくれるなどのメリットがあります。

また、コンサルタントには転職者数のノルマがあることが多いので、ある程度のスピード感を持った転職ができます。エージェントを通した一般的な転職期間は1~2カ月となります。企業との面接などでも予定のすり合わせを代行してもらえるのは便利です。

書類審査に通りやすくなる

例えば、同じくらい企業の業務内容にマッチした方が2人いるとします。1人は求職サイトを経由して応募してきた人で、もう1人は転職エージェントを通して応募してきた方です。この場合、企業がどちらを取るかというと転職エージェントを経由してきた方になります。

転職エージェントは転職させた人が転職先をすぐに辞めてしまうと信用問題に関わってきます。そのため、人をよく見て応募します。

企業側としても入ってきてすぐに辞められてしまうと引継ぎなどのためにコストがかかってしまいますので、辞職する可能性の低い転職エージェントの方を採用します。また、転職エージェントによっては書類審査なしで直接面接ができるところもあります。

企業の詳細情報も分かる

転職エージェントでは、求人広告に載っていないような配属先などの情報を提供してくれることがあります。もちろん、転職エージェントも企業側からお金をもらっていることもあるので、全ての情報を鵜呑みにはしない方がいいですが、1つの情報源として活用してみるのもいいでしょう。

自分の市場価値が分かる

転職といっても自分に転職できるだけの価値があるのか分からないという方もいるかと思います。転職エージェントを通すことで、第三者の視点から自分の価値がどのくらいなのかを知ることが可能です。また、転職エージェントが提供しているアプリの中には、経歴を入力すると企業からのスカウトメールが届くという仕組みを利用して、自分の市場価値が分かるものもあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る