転職サイトのプロフィールをしっかり書くことは成功に繋がる

転職サイトのプロフィールをしっかり書くことは成功に繋がる

109view

2018.06.19

転職サイトのプロフィールの重要性とは

面接の履歴書さながらに

転職サイトではプロフィールを記載するページがあり、登録時に自身の詳細を記入することが通例です。何気ないもののように思えますが、このプロフィールは匿名で企業の採用担当者の方の目に入ることになり、それをもとにオファーやスカウトといった誘いをかけてくれる可能性があります。

そのため、転職サイトに記載するプロフィールは実際に面接に持参する履歴書のようにしっかりと記載する必要があるのです。ここからは、転職サイトのプロフィール記載について気を付けるべきポイントを説明していきますので、参考にしていただければと思います。

職務経歴は分かりやすく書くことを徹底

転職の際の面接では職務経歴書を記載することになりますが、転職サイトに関しても同様です。
これまでの経歴はとても重要な情報になりますので、まずはその書き方について覚えておきましょう。

要約する場合は、簡潔に書くこと

要約して職務経歴を記載する場合は、「どの企業にいつ入社したのか」、「企業において残した大きな実績」というものを簡潔に記載してまとめる必要があります。企業側もたくさんのプロフィールを確認することになりますから、すぐに経歴を知りたいと考えて要約部分をチェックする方針の場合も当然多いです。

あまりにも長く記載してしまうと見逃されてしまう点も出てきてしまうので、簡潔を心掛ける必要があります。

詳細部分は逆に掘り下げて書く

一方で、職務の詳細部分に関してはしっかりと掘り下げて仕事部分を記載しなければなりません。
「どのような段階を踏んでどんな実績をあげることができたのか」、「仕事の内容を個別に記載して、社内でどれくらいの成績を残すことができたのか」といったことを詳細に書いていきましょう。

もちろん、詳細に記載するということはぐだぐだと間延びするような文章を書くところではありませんので、分かりやすく記載することについては要約部分と変わりません。

自己PRでしっかりと「自分自身」をアピールしよう
自己PRの欄は、簡単にいえば「自分自身を企業に対して売り込む」欄です。そのため、自分が望んでいる業種の企業に「採用したい」と思ってもらえるような能力を持っているとアピールする文章を書かなければなりません。

これまでの仕事で培った力や、人生経験を通して獲得した仕事に役立つ要素などをしっかりと紹介して、企業にとって有益な人材であることを強く印象付けるようにしてください。

よく、自己PR欄に自身の趣味等の好みを記載する人もいますが、直接仕事に関係のないようなことを書いてしまうと普通の自己紹介になってしまうので、意味のあるPRを心掛けてください。

その他に気を付けたいこと

他に注意すべきこととしては学校や会社名をしっかりと記入することです。
丁寧に記載することは履歴書と変わりませんので、その点は誤字脱字とともに最後にチェックしておきましょう。

転職活動は登録から始まっている

転職活動を開始する際に、「何となく転職サイトに登録してから考えよう」という軽い気持ちを持っている人もいるのではないでしょうか。しかし、本稿で説明した通り転職サイトに登録した際に記載するプロフィールは極めて重要なプロセスとなりますので、登録した途端に本格的な転職活動がスタートしているといえるのです。

企業からスカウトやオファーを事前に受けることができれば面接までに若干優遇される点がありますので、面接を行う前の段階から企業側に対して自分が優れた人材であることを示せる転職サイトは、とても有益な存在になります。

基本的に企業の求人は期間限定であることが多いので、乗り遅れないように転職サイトに登録したタイミングから丁寧かつ詳細に自身のプロフィールを完成させるようにしましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る