タイプ別!転職サイトの特徴やおすすめポイントを紹介

タイプ別!転職サイトの特徴やおすすめポイントを紹介

120view

2018.06.19

 

転職サービスの種類・タイプにはどんなものがある?

 
 

転職エージェント

企業と求職者の条件をエージェント側で調整してマッチングさせる転職サービスです。求職者にとっては効率よく転職活動を行うことができ、企業としても求めている人物とのミスマッチを防ぐことができる点が特徴です。

キャリアアドバイザー(担当者)が付くので、アドバイスや書類添削、面接対策が講じられるという点も大きく、1人で転職活動を行うことに不安がある方は積極的に利用してみましょう。

転職サイト(求人サイト)

転職サイトの仕組みは至ってシンプルで、転職希望者が求人情報へ応募し、書類選考、面接、内定へと進む形を取っています。転職サイトはエージェントと違い、担当者(キャリアアドバイザー)が付かないため、自分自身で転職活動を行う必要があります。転職活動の方向性や、業界動向、情報収集に自信のある人向けのサービスです。

ハローワーク

全国に展開する公共の職業安定所です。公共のサービスとして職業訓練などが無料で受講できる点が魅力ではあります。形としては転職エージェントと似ていますが、公共のサービスのため、企業側がハローワークに無料で求人を出すことができます。そのため、いわゆるブラックといわれる求人があるのも特徴ですが、基本的には地域密着型の求人を得意とします。

検索エンジン型やヘッドハンティングなども

その他にもネット上の大量の求人情報を網羅的に表示させることのできる「検索エンジン型」の求人サイトや、ハイキャリア層の転職に特化したヘッドハンティング型のサイトもあります。ヘッドハンティング型のサイトは転職エージェントに含まれる場合もありますが、一部の優れたキャリア・経歴を持つ人しか登録できないという特徴があります。

転職の中心は転職サイト・エージェント

現在では転職エージェントなどを中心に転職活動が行われています。転職サイトは無料で様々なサービスを利用することができ、企業からの報酬により運営されているため、質の高いサービスが受けられます。

また、複数の転職サイト・エージェントに登録することにより情報の比較ができ、より効率の良い転職活動を行うことができます。ハローワークを利用する場合は、民間の転職サイトでなかなか転職が決まらない場合に利用するのがいいでしょう。

自分に合ったタイプの転職サイトを活用してみよう!

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開案件の総数・転職決定数共に業界で最大の規模を誇る転職エージェントです。転職活動を始めるにあたって、ぜひ登録しておきたいサイトです。担当者による対面での転職サポートやアドバイスが受けられ、効率的に短期間で転職を決めたい人におすすめのサービスです。

DODA

DODA(デューダ)は、エージェント型のサービスに登録すると、求人サイト型のサービスにも同時に登録でき、企業からのオファーやスカウトメールが受けられます。非公開求人も約10万件と豊富に取り揃えており、業界最大級といわれています。

マイナビエージェント

20~30代の転職サポートに特に力を入れているエージェントです。様々なジャンルの求人を扱っており、キャリアアドバイザーによる豊富な転職支援が受けられます。登録後のヒアリングから、面接対策・業界動向の共有、入社後のアフターフォローまで一貫した親身なサービスが特徴です。

type転職エージェント

東京・神奈川・千葉・埼玉などの求人数が圧倒的に多く、関東圏での転職に特に強みを持つエージェントです。なかなか面接に通らない場合の改善点や転職活動に伴う様々な悩みに対して、専門分野を持つキャリアアドバイザーの手厚いサポートを受けることができます。

MIIDAS(ミーダス)

MIIDAS(ミーダス)は、膨大な転職データから自分自身の市場価値を割り出すことができます。想定年収の算出もできるので、転職活動を行う上での目安になりやすいといえます。登録情報から企業とマッチングし、「面接確約オファー」が届くため、効率的な転職活動を進めることができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る