中間管理職の仕事を辞めたいと考える理由と転職対策

中間管理職の仕事を辞めたいと考える理由と転職対策

165view

2018.10.27

 
 
 
 

 
 
 
 

中間管理職として働いているとストレスを抱えて仕事を辞めたいと考えるようになる場合があります。管理職と言うと聞こえは良いですが、実際には現場で思うように働けずに苦労してしまうこともないわけではありません。どのような理由で辞めたいと考えている人が多いのかを知ると共に、転職するときに重要な対策を考えてみましょう。

 
 

中間管理職を辞めたいと考える典型的な理由

 
 

平社員から中間管理職になると給料も上がり、身分が上の立場として現場で決裁権を持って働けるようになります。自分が成し遂げたいと思っていることを達成できる可能性も高まるのは確かですが、あくまでトップではなくて中間管理職なのがデメリットを生み出すことも稀ではありません。中間管理職のデメリットとして最も典型的なのが、部下と上司の板挟みになってしまうことです。決裁権者になれるとはいえ、持っている権限は主任や係長クラスではほんのわずかで、課長クラスになってようやく現場を司ることができるレベルになる場合が多いでしょう。

 
 

重要なことは上司に決裁を求めなければならず、そこで承諾を得られなければ持ち帰って部下と相談しなければなりません。現場の最前線で働いていて実情をわかっている部下と直接やり取りするのは中間管理職の役目で、その愚痴や不満も聞かなければならないのが通例です。上司からは会社全体としての意向を重視した指示を下され、部下からは現場の状況を考えたときに生じる不満を訴えられるという状況に陥ります。上司と部下の両方の不満を聞かされ、どちらの顔も立てなければならずに嘆く中間管理職は多いのです。その板挟みの状況から抜け出すためには辞めるしかないという結論に達してしまう場合も多々あります。確かに現場によっては他に逃げ道はなく、転職に活路を見出すのが合理的でしょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

管理職スキルは転職に有利

 
 

転職して中間管理職から抜け出そうと考えたときに、それまでのキャリアは決して無駄になることはありません。仕事をしているときにつらい状況に陥りやすいのは中間管理職のデメリットですが、そのスキルは多くの企業で重宝されています。上司の意向を理解し、適切に解釈して現場の意向に合わせて指示を下せる人材はあまり多いわけではありません。そして、現場の声を汲み取って適切に整理し、上司に訴えかけて現場の改善を図りつつ、社員のモチベーションを上げていこうと考えられる人材もほとんどいないのが実情です。中間管理職としてのスキルがあると、即戦力として広い現場から期待を受けられます。管理職スキルがあるだけで転職はかなり容易になるので、前向きに管理職候補や管理職として転職することを検討してみましょう。

 
 

転職して再び中間管理職になろう

 
 

転職して中間管理職になるとまた上司と部下の板挟みになって辛い思いをするのではないかと考えてしまいがちです。しかし、中間管理職にかかる負担の大きさは現場の状況によって大きく異なります。上司が部下を理解しようとする意識が高く、部下も上司を敬おうという気持ちが強いと中間管理職は楽です。そのような現場環境が整っているところで中間管理職になれば、今まで培ってきたスキルを生かして現場から頼りになる人として一目置かれるようになるでしょう。重要なのは再び中間管理職になろうという気持ちを持つことと、適切な環境が整っている現場を選び出すことです。

 
 

失敗しないためにはプロに頼ろう

 
 

中間管理職として再び頑張ろうと思ったら、転職相談を利用してホワイト企業に転職することが大切です。中間管理職に全てのしわ寄せが来てしまうようなブラック企業もあり、中間管理職が辞めてしまうので募集も積極的になっているというケースはよく見受けられます。そこに転職してしまうとまた苦労の連続になって辞めたいと思うようになってしまうリスクが高いでしょう。現場の状況をよく理解しているプロと相談しながら転職先を決めると、自分が納得して中間管理職として働ける現場を探し出すことが可能です。

 
 

転職エージェントがそのプロとして適していますが、その中でも現場にしっかりと出入りしていて状況を理解している人に相談することが重要になります。ただ求人紹介をしているだけでなく、現場に行って求人を獲得しようとしたり、人材を積極的に紹介して求人を作り出そうとしたりしている転職エージェントに相談すると良いでしょう。中間管理職を求めていても、外から採用しようという考え方をあまり持っていない企業もまだたくさんあります。そのような企業にもオファーをかけてくれれば、自分を生かせる職場を手に入れられる可能性が上がります。中間管理職スキルはアピール力のあるものなので、転職のときにはエージェントにしっかりと自分のキャリアを伝えておきましょう。

 
 

デメリットの少ない現場で中間管理職をしよう

 
 

中間管理職には上司と部下の板挟みになって苦労してしまいやすいというデメリットがあり、その状況が辛いと辞めたいと思ってしまいがちです。しかし、中間管理職を尊重する現場環境があればやりがいを持って働くことができます。現場に出入りしている転職エージェントに相談し、自分の能力を高く評価してくれるホワイト企業を探して転職しましょう。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る