知っておきたい中高年の転職事情と再就職対策方法とは

知っておきたい中高年の転職事情と再就職対策方法とは

20view

2018.10.20

 
 
 
 

 
 
 
 

中高年になってから転職しようと考えたときには、どのような方針で転職したいのかをまず考えましょう。中高年の転職事情を考慮して、うまく自分を生かせる可能性を見出せれば転職に成功できる可能性があります。転職エージェントの活用が重要になることも多いので、自分なりに立てた方針に合わせて利用も検討してみましょう。

 
 

中高年の転職事情を理解しよう

 
 

中高年の人は転職するのが難しいと昔から言われています。企業の立場から考えると年齢的にもう長期間は働けない人材なので、内部で育てて長期的に役立つ人材として会社を支えていってもらおうという考えで採用することはできないからです。ほとんど中高年の採用をしていない企業も多いというのが中高年の転職事情で、転職する上では選択肢が狭まってしまうことは否めません。ただ、今までキャリアを積んできていて、即戦力として役立つ人材なら積極的に採用したいと考えている企業もあります。

 
 

また、人材確保が大きな課題となっていて中高年であっても採用しようという方針を立てている企業もないわけではありません。このような現況を考慮すると中高年が転職成功するには、大まかには二通りの方針を立てることができます。一つは今まで培ってきたキャリアを生かして採用してもらう方針です。キャリアが充実している人ほど可能性が高い方法で、同じ職種や業種で働いていきたいと考えている人に向いています。

 
 

もう一つは人材不足の業界を狙って未経験でも採用してくれることを期待して転職する方針です。飲食店産業や販売業などのように特に秀でたスキルはいらないけれど人の数が必要という業界もあります。また、成長業界のようにある程度の能力があって意欲的に働ける人なら猫の手も借りたいと考えているケースもあるでしょう。資格が関わってくる業界の場合には有資格者なら年齢を問わずに募集するという傾向もあります。このような視点で転職の方針を定めると、成功するための転職先の候補が見えてくるでしょう。

 
 

キャリアを生かして働くには

 
 

中高年の充実したキャリアを生かして働きたいという方針を立てた場合には、その中でもさらに細かく方向性を定めるのが大切です。年齢的には企業としては管理職として働いて欲しいと考えるケースが多いため、今まで管理職として働いてきた経験がある人は管理職としての採用を目指すのが賢明でしょう。一方、技術職として働いてきた人の場合には職人芸のようなスキルがあると技術職員として採用してもらうという方針も立てられます。

 
 

事務職などの一般職では難しい方向性ですが、エンジニアや医師などの場合には考えてみた方が良いでしょう。自分がどのような働き方でこれから生きていきたいかに合わせて方針を立てるのが肝心です。それが決まったらその方向性に合った転職エージェントに登録するのが合理的と言えます。転職エージェントは総合的なサイトも多いですが、業界や職種などに特化しているサイトも増えてきました。

 
 

管理職候補に特化している転職エージェントを利用すると、企業側も管理職を求めて求人を出しているのでマッチング率が高まります。今までのキャリアから考えてどの程度のランクの管理職が適切かも考えてくれるため、働きやすくて待遇も良い求人が見つかりやすいでしょう。一方、専門職についても細分化が行われていて、多くの職種で特化型の転職エージェントがあります。企業側もその専門的スキルを持っている人材を求めているので、キャリアや経験に応じたマッチングをしてもらえる可能性が高いのが魅力です。専門性が高い職種ほど、大枠は同じ職種でも持っているスキルには大差があります。自分の持っているスキルを高く評価してくれる職場を見つけられる可能性が高いため、想定している以上に高い待遇で受け入れてもらえると期待できるのも魅力です。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

未経験の仕事をするには

 
 

未経験の仕事をしたいという方針を立てたらまずは中高年でも募集している業界や職種を選ぶのが大切です。そして、もしそれに特化している転職エージェントがあれば登録して相談してみましょう。未経験の中高年でも受け入れている現場を見つけ出して紹介してもらえます。ITや医療などの大きな業界でない場合には該当する特化型の転職エージェントがない場合もあるでしょう。その場合には広く求人を探すことが大切です。

 
 

未経験者向けの求人は実は一般的な求人サイトやハローワークに多く掲載されています。企業としては転職エージェントを利用すると紹介料を払わなければならないため、優秀な人を探すのに使うことが多く、未経験者を探す場合には一般的な求人サイトで公開求人を出すことが多いのです。年齢制限なく応募できるものなら試してみる価値があるので、積極的に応募して転職先を勝ち取りましょう。

 
 

中高年の転職事情から考える成功のための戦略

 
 

企業が中高年を採用するときには管理職か技術職としての能力を求められるのが一般的です。その場合には特化型の転職エージェントに相談すると理想的な求人を見つけられる可能性が高いでしょう。未経験の場合を含め、それ以外のケースでは一般的な求人サイトやハローワークを使った方が候補が多く、年齢制限のないものに応募すれば採用される可能性は十分にあります。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る