UIJターンとはなにか、転職のポイントを見極める

UIJターンとはなにか、転職のポイントを見極める

34view

2018.09.06

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

UIJターンとは地方に移住したうえで転職する形です。ただ移住するパターンにそれぞれ違いがあるため、転職活動を行っていくためにはuターン転職、iターン転職、jターン転職のひとつひとつの特徴やメリット、注意点などを踏まえたうえで情報収集を行っていく必要があります。移住が伴うだけに職場環境だけでなく家族全員の生活環境にも配慮したうえで移住先と職場両方を探していくことになるでしょう。

 
 

uターンとは?

 
 
UIJターンのうちもっともよく知られているのがuターンです。これは地方から東京や大阪といった都会に出て就職した人が故郷に戻って転職するパターンです。故郷に錦を飾る形もあれば都会での生活に疲れて馴染み深い故郷に戻る形もあります。いずれにしろもともとなじみのある場所に戻る点が最大の特徴で、移住に伴う不安や課題が少ないのがメリットです。
 
 
メリットとしては実家の援助を受けやすい、人間関係を築きやすい、その地域の雰囲気を事前に把握しているので暮らしやすいかどうかを確認しやすい点が挙げられるでしょう。これはiターン転職に比べると非常に大きなメリットです。
 
 
ただ注意点も多く、故郷に対してよい印象ばかりを持って移住すると現実との間にギャップを抱えてしまうことも少なくありません。開発などで昔の雰囲気や環境が失われていることもあるでしょう。また、家庭持ちの場合、自分にとっては居心地の良いふるさとでも家族にとっては必ずしもそうではない可能性もあります。地方ならではの密接な人間関係にわずらわしさを感じてしまうこともありますし、子供が少ない、図書館や児童館など教育関連の施設が少ないといった子育て環境をめぐる問題も出てきます。uターン転職ではこうした家族全員の生活環境の変化も視野に入れて準備をしておく必要があるわけです。
 
 
転職の注意点は業種の選択肢の狭さと転職先の選択肢の少なさでしょう。都会で働いていた職場と同じ業種の仕事を見つけられるとは限りません。IT系やエンターテイメント産業など都会に集中しがちな業種となると地方では選択肢そのものがないケースも出てきます。これまで培ってきたキャリアとスキルを活かせることが転職の大前提ですから、それができずに事実上未経験の職場に転職しなければならない、これまでのキャリアが評価されず大幅な年収ダウンになってしまうといった問題も出てくるのです。

 
 
 
 

iターンとは?

 
 

iターンはuターンのように慣れ親しんだ地方に戻るのではなく、これまで暮らしたことがない地方に移住・転職するパターンを言います。このケースでは「都会で生まれ育った人が地方に移住する」と「地方から都会に就職した人が故郷とは別の地方に移住する」の2つのタイプが見られます。いずれのタイプにしろまったくの新天地で新生活を始める点に特徴があります。
 
 
そのためiターンでは慣れない環境で一から再スタートを切るイメージが強く、これまでの生活を改めて心機一転やりなおすといった前向きな気持ちで再スタートを切れるメリットがあります。uターン転職のように移住先を故郷に限定することがないので自分に向いている地域を選べる点も特徴でしょう。地方の疲弊が大きな問題となっている現代日本では移住を推進している自治体も多く、補助金などを受けながら転職・移住するチャンスもあります。スタートの段階でかなりよい環境に身を置くこともできるのです。また、uターン 転職とは違い、移住先に自分のキャリア・スキルが活かせる職場があるかどうかあらかじめ確認したうえで選択できる点もメリットでしょう。
 
 
ただ注意点としてはこれまで縁がなかった地方なので馴染むことができるか。不便な生活になるのは避けられませんし、都会にはないその地域独自のルールや人間関係に馴染むことができるかなどの課題が出てきますし、こうした点は事前になかなか情報を入手するのが難しいものです。また都会での職場に比べて昇給・昇進のチャンスが少ない職場も多いので5年後、10年後のキャリアも見据えた転職活動が求められるでしょう。
 
 

jターンとは?

 
 

jターンとはuターンと共通する部分が多く、都会に就職した地方出身者が地方に移住する点では同じですが、生まれ故郷そのものに戻るのではなく、生まれ故郷近くの地方都市に移住・転職するパターンです。このjターンの特徴は都会での生活環境をある程度残しつつ、地方の環境やよさを味わうことができる点にあります。
 
 
uターン転職、iターン転職の場合、地方で暮らす魅力を味わえる一方、よい転職先を見つけることができるかという問題がつきまといます。都会に比べてどうしても転職先の選択肢が狭くなってしまうため、これまで働いてきた業種の職場を見つけるのが難しい面も出てきます。しかし地方の都市圏に移住するjターンならより幅広い選択肢から職探しを行うことができます。
 
 
また、都会から地方に移住すると生活環境の変化、不便さや人間関係、地域のルールなどに戸惑ってしまうことが多いものですが、地方都市なら適度な利便性や人間関係のなかで暮らしやすく、家族も含めて新生活になじみやすい面があります。都会にアクセスしやすく、しかも故郷にも気軽に戻れる。uターンと都市での生活のよいところをミックスしたような形なのです。
 
 
jターン転職の注意点としては転勤の可能性も考慮したうえで職探しを行っていくのがまずひとつ。地方都市の場合、大企業の営業所、支社からの求人も多く、条件が良いからと安易に転職してしまうと数年後に転勤させられるといったケースも出てきます。また、地方都市では大規模ショッピングモールに代表されるように大資本が進出し地元の中小企業の経営を圧迫するケースも見られます。転職先を探す際には5年後、10年後でも働き続けられるか、順調な経営が行われているかをよくチェックしなければならないでしょう。
 
 
このようにuターン、iターン、jターンそれぞれの特徴があり、転職活動の注意点はもちろん、移住後の生活環境にもかなりの違いが見られます。地方への移住を検討している場合にはUIJターンとはどういったものなのか、基本的な知識からよく調べ、移住することで生活環境がどう変化するのかを慎重に見極めていくことが大きな意味を持ってくるのです。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

UIJターンそれぞれのメリット・デメリット(注意点)を知っておこう

 
 
このようにUIJターンとは地方に移住し、環境を変えて心機一転再スタートを切るのに適した方法です。ただそれぞれ移住・転職する先や移住後の環境に違いがあるため、どの方法が自分にもっとも適しているのかよく見極めて判断しなければなりません。地方への憧れ、よいイメージだけではなく、現実の事情も見据えたうえで情報収集に努めましょう。

 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る