欝々とした気分の応急処置とは

欝々とした気分の応急処置とは

240view

2018.08.17

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

やらなければならないことはあるのに、やる気が出ない。無性に虚しい気持ちになる…。このように落ち込んでしまうことは、誰しも生きていればありますよね。落ち込んでしまうことは人間として当然のことです。しかし素早く気分を切り替えることは生きていく上で重要です。そのための欝々とした気分の応急処置法をお伝えします。

 
 

いますぐ解決したい方に、すぐにできる応急処置

 
 

欝々とした気分の応急処置には、過去に明るい気持ちだった際に行なっていたことをするのも効果的です。なにか楽しい気持ちになれるイベントを起こすことで、脳もだんだんと前向きな気持ちになっていきます。しかし忙しくてどこかに出掛けたりする時間がとれないといった方も多いことでしょう。そこで便利な方法をご紹介します。例えば無理矢理にでも笑顔を作ること。

 
 

これは「アズイフの原理」といって、科学的にも効果が実証されていることです。また落ち込んだときはマイナス思考になっているため、暗い発言やネガティブな発言が増えてしまいがちです。しかしここであえてポジティブな言葉を口に出すことで、落ち着きを取り戻し、徐々に明るい気持ちになることができます。これらの方法はいつでもどこでも実践できるお手軽さが強みです。
 
 
それでも気持ちが晴れないときはだれかに気持ちを聞いてもらうことでスッキリできます。紙に思いを書き出すことも同様に効果的です。聞いてくれている人に気を使う必要がないので、気持ちをより正確に吐き出すことができますし、目に見える形で体から出してしまうことで視覚的にも達成感が感じられます。書いた後はマイナスな気持ちごとシュレッダーにかけるかゴミにでも出してしまいましょう。自分にはもう関係のないことだと思うことができます。

 
 

とにかく癒されてしまいましょう

 
 

自身で落ち込んだ気持ちを改善するような気持ちにさえなれないことも多々あります。こういう場合、自分の心の持ち方や考え方から改善するといった方法は取りづらいものです。そんなときはとりあえず外からの刺激で癒されることで気分は改善されます。本人からすれば原因がわからないままに落ち込んでいたとしても、それは現代社会における生活で知らず知らずのうちに溜まってしまったストレスが原因。ストレスを解消していきましょう。
 
 

例えば好きな食べ物を食べることは簡単に幸福感を感じさせてくれます。SNS映えを狙うもよし、SNSのことを忘れるもよし。本当に食べたいものを食べましょう。また動物が好きな方は、最近流行りの動物と触れ合えることを特徴としたカフェに行くことも心を癒してくれます。ちょっと遠出して普段は行かないような場所を訪れ美しい景色を眺めるといったことも、非日常的な感動をもたらし疲れた心を潤してくれます。

 
 
外で楽しく過ごしたあとは家に帰ってお風呂にゆっくりと浸かり、睡眠時間をいつもより多めにとりましょう。自宅で映画を観ることも良いですね。これらの方法は充実感のある1日を過ごすことで、日頃のストレスを解消し、生きている理由を再確認することが狙いです。これらの方法は気心の知れた友人や恋人と行うのも良いですが、より開放感を味わうといった面から一人で行うこともオススメです。
 
 

これらの外からの刺激を頼る方法は、自分のメンタルの強さとはまったく関係がなく、ただ受け取るだけなので気分的に楽に取りかかれます。疲れ切ってしまってなにかを成し遂げようという気持ちが薄れている際に適した処置方法であると言えます。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

精神面を鍛える

 
 

鬱々とした気持ちになるのは、自覚がなかったとしても心が疲れてしまっているのが原因です。精神を鍛えることで晴らすことができます。そこで瞑想。瞑想といえば宗教的なイメージを持っている方が多いかも知れません。しかし、瞑想をすることで鬱々とした気分の原因となる脳が鍛えられ、精神を安定させることができます。これはいま現在沈んでいる気持ちを落ち着けるだけでなく、今後の人生においても安定した心を得ることができます。少し難しいかもしれませんが、その分リターンが大きいので是非とも余裕があれば試していただきたい方法です。
瞑想の代表的な方法としては、

 
 

⑴ 姿勢を正してゆったりと座る。
 
 

⑵ 呼吸に集中する。
 
 

⑶ 雑念が湧いてきたらそのことを自覚し、また呼吸に意識を戻す。
 
 
 
 

上特に⑶が重要で、どうしてもあれやこれやと考えてしまうからといって焦らず、落ち着いて呼吸に意識を戻しましょう。
また、意外なようですが筋トレも効果的です。筋トレを行うと「ノルアドレナリン」「ドーパミン」「セロトニン」という三種類の脳内物質が分泌されるのですが、これらの物質は人間の神経作用に大きくプラスの影響を及ぼすことから「三大神経伝達物質」と呼ばれています。
 
 

特にセロトニンは精神の安らぎなどをもたらすことから「幸せホルモン」とも呼ばれるほどの効果を持つ物質です。筋トレによって体も心も鍛えることで、精神の安定を図ることができます。
 
 

一度でもやると心がスッキリするのを感じられますし、もし自分に向いてそうだと感じた方は毎日短期間でも実践すると効果が得られます。忙しい毎日ですが、5分でも継続して続けてみてはいかがでしょうか。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

本当に鬱になってしまう前に

 
 

一度完全に塞ぎ込んでしまうとなかなか立ち直るのは難しいものです。また自身の考え方、精神面を変えることは容易ではありません。しかし外部からの刺激を受け気分を変えることで、幸せな気持ちを感じることは比較的容易です。これまで述べた方法を実践し素早く気持ちを切り替え明日を強く生きることで、人生をより良いものにしましょう。

 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る