薬剤師なら知っておきたい転職サイトの選び方

薬剤師なら知っておきたい転職サイトの選び方

116view

2018.10.26

 
 
 
 

 
 
 
 

転職サイトを利用することで魅力的な転職先を見つけられることがだんだんと知られてきています。薬剤師は特に転職サイトを使うメリットが大きい職種なので、積極的に活用していきましょう。しかし、転職サイトには様々なものがあり、扱っている求人も培ってきた実績も異なっています。どのような選び方が適切なのかを理解してから利用を検討しましょう。

 
 

専門サイトを利用するのがまず基本

 
 

薬剤師は資格を持っているだけでも多くの現場から重宝される状況があります。全国的に薬剤師の人材不足が続いていて、調剤薬局だけでなく病院やドラッグストアからも常に人材が求められているのが現状です。そのため、転職エージェントの活動も活発で、一般的な職種を扱う転職サイトだけでなく、薬剤師に特化した専門サイトも多数登場してきました。薬剤師の転職サイトの選び方の基本としてまず覚えておきたいのが専門サイトを利用するに越したことはないという点です。転職サイトは企業が依頼して求人を載せてもらったり、人材紹介を依頼したりしています。

 
 

その際にできるだけ母集団が多く、専門的な能力を持っている人が多数登録しているサイトの方が魅力的に感じるでしょう。結果として専門サイトに求人広告を依頼したり、人材紹介を求めたりするケースが増えています。薬剤師の立場としては求人の選択肢が多くなるというメリットがあります。また、専門サイトの方が求人検索もしやすいのも魅力です。病院や調剤薬局、OTC販売などに職場が分類されていたり、経験年数などのキャリアによる検索ができたりするので、自分の都合や経歴に合っている求人を探し出しやすくなっています。また、エージェントも薬剤師の働く現場や業界についての知識を持っていることが多いのも特徴です。エージェントに相談して転職活動をしていきたいという人は、調剤業務の大変さや処方箋枚数と仕事の関係などを説明せずとも理解してくれるため、スムーズに希望の転職先を探し出せるでしょう。

 
 

実績と満足度から評価するのも無難

 
 

薬剤師専門の転職サイトが良いというだけではまだ候補は無数にあります。選び方として他にも重視した方が良い点は多数ありますが、まずは実績と顧客満足度を確認してみましょう。実績の評価観点は多数ありますが、登録者数が多いだけでなく、転職者数が十分に多いことが重要です。登録していても実際には利用せずに転職してしまっている薬剤師もいます。確かにそのサイトを経由して求人に応募し、転職に成功している事例が十分にあるなら信頼できる転職サイトです。

 
 

登録者数が多いというのも実績のうちと考えた方が良く、登録者数が多いほど企業にとっては求人を出す魅力があります。候補者が多いほどニーズに合っているキャリアを持っている薬剤師を獲得できる可能性が高いからです。実際には複数の転職サイトに求人を出している場合が多いですが、あまり多くのサイトに求人を出すと企業側も手間がかかります。そのため、登録者数が多いところからいくつかを選んで求人を出すということも稀ではないのです。また、満足度についても大抵の転職サイトではアンケートを取っています。アンケート結果として十分に満足度が高ければ転職のサポートをしてもらうのに魅力が大きい転職サイトだと考えられるでしょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

転職したい職場の種類やエリアも確認が大切

 
 

薬剤師が転職サイトを選ぶときに比較しておきたい点として、自分の希望する種類の求人が十分にあるかどうかということが挙げられます。どの観点から絞り込んで行くかはケースバイケースですが、職場の種類やエリアについてはまず確認しておいた方が良いでしょう。調剤薬局、病院、ドラッグストアといった典型的な職場の他にも一般企業や製薬企業などでも働くことが可能です。転職サイトによって得手不得手はあるので、調剤薬局の求人は豊富でも、ドラッグストアの求人はほとんどないということもあります。

 
 

そのため、転職したい職場の種類を限定して検索をかけ、どれだけ候補があるかを確認してから本格的に利用する転職サイトを決めるのは合理的なのです。同様のことが言えるのがエリアで、都心部にだけ強い転職サイトもあれば、地方も含めて全国的にカバーしているサイトもあります。薬剤師の場合にはあまり地域に特化しているサイトはありませんが、勢力圏の問題である地方に強いというサイトもないわけではありません。転職先の候補になる地域を限定して検索し、十分に候補があるかどうかも確認しておきましょう。もともと求人が少ない地域で仕事を探す場合にはたった数件しか求人が見つからないようなこともあるので、会員登録する前に予め調べておくことが大切です。

 
 

転職サイトは候補を増やすように選ぼう

 
 

薬剤師は専門サイトを利用して転職に活用するのが大切です。できるだけ多くの候補が見つかるように転職サイトを選ぶのが賢明でしょう。給与などの細かな条件よりもまずは職場の種類やエリアといった強いこだわりがある条件で絞り込み、十分な候補があることを確認してから会員登録すると魅力的な求人を見つけられる可能性が高まります。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

失敗しない!薬剤師転職サイトおすすめ3社をご紹介

 
 

薬剤師転職サイトはたくさんありますが、その違いがわからない方は少なくありません。適当に選んで登録してしまうとご自身に合わない転職サイトの場合、転職活動の負担になる可能性も考えられます。薬剤師の転職を成功へ導くためにはまず、ご自身に適切な転職サイトを選択することが重要です。こちらの記事では、薬剤師の転職活動をスムーズに進めるのに役立つおすすめの3社をご紹介します。

 
 

ファルマスタッフ

 
 

ファルマスタッフは求職者である薬剤師のキャリアプランや希望条件、これまでのスキルや適正などをヒアリングして豊富な求人情報と地域のネットワークを活用し希望に合った転職先を紹介します。北海道から九州まで全国各地15拠点の情報網から得た幅広い求人を、豊富に提供する転職サイトです。ファルマスタッフは医療業界人材に特化した転職サポートのプロフェッショナルで、運営元の株式会社メディカルリソースは厚生労働省認可の職業紹介優良事業者認定、優良派遣事業者認定を取得しています。大切な個人情報を預かる企業としてプライバシーマークも取得していますから、安心して利用可能です。

 
 

コンサルタントはエリア状況を詳しく把握し、紹介する就業先にはできるだけ足を運んで事前確認を行なっています。そのため、職場の忙しさや雰囲気など求人情報だけではわからない情報も詳細に知ることができます。ファルマスタッフでは一人一人と直接会って向き合う個別相談を大切にしていますから、悩みや希望についての解決策をプロのコンサルタントが一緒に考えてくれるでしょう。また、グループ企業である大手薬局チェーン、日本調剤株式会社の教育ノウハウを駆使して、薬剤師のキャリアアップやスキルアップを応援します。登録者向け、派遣就業者向け、一般薬剤師向けにさまざまな教育サービスを提供します。

 
 

 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 

薬剤師WORKER

 
 

薬剤師WORKERでは専任のアドバイザーが転職サポートにあたり、薬剤師との面談から病院・薬局との交渉まですべてを行い、求人先で働いている人の人柄や実際の勤務時間なども求職者に知らせます。薬剤師WORKERなら転職先の紹介、面接対策、条件交渉までフルサポートが可能です。求人は常時2万件以上保有し大手薬局、総合病院、ドラッグストアだけでなく、製薬会社や町の薬局など希少な求人や、残業なしの院内勤務や新規オープンのドラッグストアなど人気の薬剤師求人も多数取り扱っており、登録者には優先的に紹介してくれます。

 
 

転職後のサポートも万全で、万一事前の条件と異なった場合は担当のアドバイザーが勤務先に連絡して問題を解決します。利用者が言葉にできないニーズも理解し、薬剤師転職という一大イベントに求職者と共に挑む転職サイトです。求職者、紹介者先の法人ともに、アドバイザーが専任で担当する一元管理体制のため求職者にはリアルな声を届け、法人へは細かな要望などをもれなく伝えミスマッチのない転職を実現します。薬剤師WORKERには未経験者歓迎の求人も多数あり、未経験の方には教育制度の整った職場を紹介します。調剤未経験だけど調剤薬剤師として働きたい、治験に挑戦してみたいという方も利用可能です。

 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

薬剤師ドットコム

 
 

薬剤師転職ドットコムは、東証一部上場グループであるメディウェルが運営する薬剤師の方を対象とした転職サイトです。運営会社のメディウェルは医師転職支援事業も手がけており、医療機関や薬局に太いパイプを持っています。このパイプがあるからこそ、求人票だけではわからない実際の現場の雰囲気や募集の背景、人間関係、休暇取得状況、忙しさなど登録者が本当に知りたい情報を伝えることができます。職場状況を詳しく伝えないままに話を進めたり、仕事内容を理解しないまま求人を紹介することは決してありません。

 
 

キャリアカウンセリング、応募書類の書き方、面接前の準備、面接同行、言いにくい条件交渉など薬剤師転職ドットコムならではの徹底したきめ細かなサポートが用意されています。薬剤師転職ドットコムではただ求人を紹介し入職が決まればいいわけではなく、一人一人の納得を重要な判断基準としています。十分に希望をヒアリングして、入職後求職者が本当に活躍できる環境かどうか、ミスマッチはないか、納得して働けるかどうかを大切に考えながらサポートする転職サイトです。条件だけ見れば希望にぴったりの求人だったとしても、実際の現場状況から利用者にとって良くない環境であれば転職しない選択肢を勧めることもあります。

 
 

専任のコンサルタントが求職者の経験やスキルをカウンセリングで深掘りし、その内容を採用担当者にしっかり伝えられるよう履歴書に書き込みます。面接日時の調整も代行可能です。面接については、専任のコンサルタントが事前に確認しておくポイントを一人一人に合わせて伝えています。面接時に聞かれるポイントについても前もって伝えて、できるだけ不安を排除して本番に挑めるよう準備を怠りません。面接当日はコンサルタントが同席し求職者の強みや魅力がきちんと伝わるようサポートし、緊張して受け答えが出来ない時には助け舟も出します。

 
 

 
 

 
 
 
 
 
 

使い勝手の良いご自身に合うものを

 
 

ファルマスタッフ、薬剤師WORKER、薬剤師転職ドットコムについて説明してきました。ご自身の希望の条件と、それぞれの転職サイトの特徴を照らし合わせ使い勝手の良さそうなものを選択しましょう。登録する際、1つだけではなくいくつかの転職サイトを登録して使い分けても役立ちます。薬剤師の転職活動の第一歩である、転職サイト選びを正しく行い転職を成功させましょう。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る