横浜で40代が正社員の事務職に転職するためのポイント

横浜で40代が正社員の事務職に転職するためのポイント

21view

2018.11.26

 
 
 
 

 
 
 
 

横浜市は東京23区や大阪市に次ぐ人口を抱え、経済的にも発展している都市です。労働力率は60%を超え、失業率が低い都市でもあり、大企業の多くが本社を構えています。そんな横浜市では、40代で正社員として活躍している人が少なくありません。そこでここでは、横浜市で40代の人が事務職の正社員として転職するために重視したいポイントについて紹介します。

 
 

横浜市で多い企業の種類

 
 

横浜市には、大中小幅広い規模の企業が存在しています。横浜市内に本社を置く上場企業も多く、金融機関やメディアも充実しているのが特徴です。産業の割合では、圧倒的多数を占めているのが第三次産業。中でも、小売業やサービス業の常用雇用者数の割合が高くなっています。事務職は、様々な業界で必要とされる職種です。基本的に必要とされる技能も、多くが共通しています。そうはいっても、勤務している職場の業種を無視するわけにはいきません。興味を持てる業種の企業に転職できれば、より充実した仕事ができるでしょう。
 
 

業種によっても、従業員の年齢割合は異なります。40代の事務職正社員を積極採用しているか、40代で転職して働きやすい職場かも、業種によって違ってきます。まずは、40代の事務職正社員を募集している企業の転職情報を業種で絞り込んでみましょう。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

40代の事務職正社員に求められること

 
 

横浜市に限らず、事務職正社員を40代に特化して募集している企業は、転職者のキャリアを重視しています。場合によっては、事務職のチームリーダーとなるような40代を求めている可能性もあります。ただ、転職希望者としては、40代でも事務職未経験者かもしれませんし、こなせる実務が限られているかもしれません。40代事務職の正社員転職情報を見つけたら、何を求められているのかをチェックすべきです。企業が求めているものと自分の希望が一致すれば、スムーズに転職できます。
 
 

40代の事務職正社員を募集している転職情報では、年齢を特化せずに20~40代と幅を持たせている案件が少なくありません。このような募集では、20代でも30代でも40代でも正社員として採用できるというわけです。一方で、20代と40代の転職希望者が1人の採用枠を争う可能性も出てきます。40代に与えられたチャンスを活かすためには、企業のニーズを深読みしてアピールすることが大切です。

 
 

企業の規模にも注目

 
 

40代の事務職正社員を募集している企業は、横浜市内でも大中小を問わず存在しています。自ら年齢で遠慮せず、自分の希望を優先して企業の規模を選んでみてください。最終的に採用を決めるのは企業側ですから、自分で年齢制限をする必要はありません。企業の規模にこだわる人もいれば、どんな規模の企業でも構わないという人もいます。規模にこだわりがある場合は、まず条件を優先して転職活動してみましょう。可能性が狭まってきた段階で、こだわりと妥協すれば大丈夫です。
 
 

企業の規模によって、自分のスタンスやポジションに影響が出てきます。規模の大きな企業で従業員の人数も多ければ、より多くの人とのチームワークが重要です。逆に、規模が小さく従業員の人数が少ない企業では、自分1人が事務担当ということもあります。自分がいなければ成立しない業務を担当することもあるかもしれません。どのような状況で働きやすいかには、向き不向きがあります。自分に向いた環境かどうか、企業の規模に注目するとイメージしやすいです。

 
 

複数の転職サイトを活用するのがキーポイント

 
 

横浜市で40代の人が事務職正社員として転職するには、なるべく数多くの転職情報を得ることが先決です。複数の転職サイトにあたってみることで、希望に沿った転職情報を見つけやすくなります。応募できる転職情報が多いほど、チャンスが増えるのです。複数の転職サイトを利用する中から、相性の合う転職サイトを見つけて集中的に転職情報を探してみることもおすすめします。

 
 
 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る